学び

【重要】「稼ぎたい」より先にあなたが考えるべき事【稼ぐ理由は?】

どうも、ぼんどです。

あなたはもっと稼ぎたいか?

と聞かれればほとんどは
「Yes」と答えるだろう。

では
「何故稼ぐのか?」
と聞いたら明確に答えることが
できるだろうか?

「とにかく稼ぎたい」
「稼いで幸せになりたい」
「簡単な稼ぎ方を知りたい」


…と思ってるあなたに
今回は一呼吸おいてみて
ほしいと思う内容となっている。

今回は
「稼ぎたいより先に
あなたが考えるべき事」
という内容で書いていきたい。

ぼんど
ぼんど
ぼんどです。Twitterもやってますので是非フォローお願いします。

【重要】「稼ぎたい」より先にあなたが考えるべき事【稼ぐ理由は?】

稼ぎたいより先に
あなたが考えるべき事は
以下の3つだ。

①稼ぐ目的は明確か?
②ただ稼いでも幸せになれない
③簡単に稼ぐ方法はない【要注意】


では詳しく説明していく。

ぼんど
ぼんど
稼ぐより必要な事が必ずある!今回の記事は要注意です!

①稼ぐ目的は明確か?

あなたは何故稼ぐのか?

「とにかく稼ぎたい」

というあなたに問いたい。

「稼いだ先の自分の姿を
明確に描いているだろうか?」


明確に描かないと
失敗する可能性がたかい。

どうかあなたにはまず最初に
「稼ぐ目的を明確にする」
ことから始めてみてほしい。

闇雲に稼いでも意味はない

「凄い稼いでる」
「宝くじが当たった」


という人の話を
メディアなどを通して
見たことがあると思う。

まさにその人達は
稼ぎを手に入れた訳だが
順風満帆な生活を送っている
印象だろうか?

殆どが浪費したあとに
転落人生を歩んだ…
みたいな話になっている。

全員がそういう訳では
とは思うがその原因は
「稼ぐ目的が明確ではないから」
だと私は考えている。

闇雲に稼ぎが入っても
「使い方」がわからないと
無駄なものに使い止まらなくなる。


そして稼いだお金そのものに
価値を見出し執着を生む。


お金そのものには価値はないのだ。

お金の本質は
「あなたがお金をどんな価値のものに
交換(支払いを)するか?」

という点が重要だ。

だから闇雲に稼いだ人は
お金の使い道に迷い失敗する
ケースが多い。

あなたは稼いだお金を
「何に使いたいのか?」
をまず初めに明確にしてから
稼ぐことを考えて貰いたい。

【例】あなたが必要な資金はいくらか?

そもそもあなたに
「多くの稼ぎが必要なのか?」
というのもポイントになる。

まずは
「あなたが必要な資金はいくらか?」
を明確にしてみよう。

例えば月の必要資金が
20万円の人をイメージしてみよう。

家賃10万円
光熱費2万円
食費3万円
通信費1万円
雑費(交際費などその他)4万円
合計20万円

こんな形で
月々生活している人に
いきなり50万円もの資金が
手に入ったらどうなるだろうか?

差し引き30万円の余剰資金を
上手に使えるだろうか?

高いブランド品や
交遊に使ってしまうかも知れない。

もし50万じゃなく
稼ぎが突如100万、200万円
だったら…

もしいきなり多くの
資金が入ってきたら
人間の思考回路は
止まってしまう可能性が高い。

だからこそあなたには
「必要な資金はいくらか?」
そして
「資金より余剰の稼ぎがあったら
どのように使うか?」

までしっかりイメージして
欲しいと思っている。

そうすれば
突如の稼ぎが増加しても
思考に「余裕」ができる。

いきなり稼ぎは増えることは
ないからイメージしなくていい?

イメージするのはタダだ。笑

そんな人は
万が一というものあるので
念の為イメージしておこう。

稼げば楽になれる…は大間違い

「とにかく稼げば楽になる」

と思っている人もいるだろう。

でも
ここまでで書いた通り、
闇雲に稼いでも使い方が
明確ではない人は浪費に
使って返って苦しくなる
可能性がある。

稼いだ楽になる…ではない。

楽になるためにはいくら
稼ぎが必要か…が正しい。


そうやって計画的に
お金の使い方を考えれる
人間は稼ぎをコントロールして
自分のため、大切な人のために
お金を使える人になるだろう。

ぜひともあなたには
「稼げば楽になる」
という考え方は今後はしないでほしい。

あなたにとって必要な稼ぎをしよう!

あなたはお金を
コントロールできる立場だ。

もし逆にお金に
コントロールされる立場に
なったら苦しい生き方を
歩むだろう。

まずは
あなたにとって必要な稼ぎを考え、
それからその稼ぎに向かって
邁進してほしい。

②ただ稼いでも幸せになれない

稼ぎ=幸せではない

「稼いで幸せになりたい」

これも先ほどの
「稼ぐ目的は明確か?」
と似ているが
「ただ稼いでも幸せになれない」
という事を理解してほしい。

稼ぎの裏で失うものがある

稼ぐことばかりに
執着していると失うものがある。

それは「時間」だ。

楽しく稼いでいる人は問題ない。

ただ、
「自分が豊かになるため」
「家族を養うため」

などと考えて稼ぐことばかりに
執着している人は要注意だ。

その分
「自分が豊かに過ごす時間」
「家族と過ごす時間」

は失われている。

果たしてそれは
「幸せ」と言えるのだろうか?

自分や家族と過ごす時間は
何よりも大切だと思っている。

でもその時間を過ごすためには
稼ぎも必要となる。

あなたには
その時間と稼ぎの「バランス」
見極めてほしいと願っている。

【例】上司や先輩は幸せそうか?

あなたの職場を想像してほしい。

一生懸命遅くまで働き
鬼の形相で日々を過ごす
上司や先輩はいないだろうか?

果たしてあたなは
その人の生活が「幸せ」だと
思えるだろうか?

自分も上司や先輩と同じ
状態を目指したいだろうか?

そこに疑問を感じるなら
上司や先輩のようにならない為の
「時間」と「稼ぎ」のバランスを
よく考えてみてほしい。

あなたにとって今ベストな稼ぎをしよう!

「若いうちに稼いで後から楽したい」

という考え方もありかもしれない。

でも
その後に身体をこわして
稼ぎを使えなかったら
意味がないと思う。


後から楽できるように
若いうちは健康には
充分な配慮をしつつ
「あなたにとって今ベストな稼ぎ」
を考えてみてほしい。

しつこいようだが
「時間」と「稼ぎ」の
バランスを忘れないようにしてほしい。

稼ぎ=幸せという考えは捨てよう

「稼いだら幸せになれる」
と信じている人は
申し訳ないが今日から
その考えを捨ててほしい。

あなたがあなたらしい
生き方をしてこそ
「幸せ」がある。

どうかその事を
忘れないでほしい。

③簡単に稼ぐ方法はない【要注意】 

簡単に稼げるに騙されるな!

「簡単な稼ぎ方を知りたい」
と願っているあなたへ。

はっきり言わせてもらうが
「簡単に稼ぐ方法はない」
のだ。

あなたは
「簡単に稼げる」
に騙されないで欲しい。

「簡単に稼げる」を信じてはいけない

「簡単に稼げる」

人は本能的に何事も
「楽をしたい…」
と思うものだ。

そこにつけ込んで
言葉巧みにあなたを
狙っている輩は多い。

もし
「簡単に稼げる」
という言葉を言ってくる
人が近くに寄ってくれば
まずは疑うくらいの
姿勢でいてもらいたい。

【例】私も実は引っかかった経験あり…

なぜここまで私が言うのか?

それは私が
実際に引っかかった事が
あるからだ。

「まさか自分が…」
なんて最初は思っていたが
相手も話術のプロで
話を聞いていくうちに
「信じれるかも」
という気持ちになってくる。

多少の疑念はあったものの
「失敗しても勉強代だ」
と思ってコンサル料を
払ってしまった。

結果、
本当に勉強代なった。笑

私の場合は発想を展開して
「失敗というなの経験」
「経験に払ったら勉強代」
と思えているから問題ない。

ただ人によっては
騙された事を後悔して
前に進めなくなるなったり、
相手への恨みばかりが先行して
そのために時間を費やして
しまう人もいる。

それでは
いつまでたってもあなたの
人生はそこに囚われてしまう。

非常に勿体ないことだ。

そのようにならないには
「簡単に稼げる」という
言葉に最初から
引っかからないのが一番だ。

簡単の言葉には罠がある

「実際にそういう話があり
信じてもよさそうと思っている」

というあなたは要注意。

相手は本当にあなたの
心を信じさせるのが得意だ。

はっきり言っておきたい。

実際には信じた先には
簡単というものはなく
スパルタな状態か、
放置という状態が
待っているだろう。

それを覚悟できるなら
止めはしない。

だが
ぜひとも一度ひと呼吸
おいて考え直して貰えば
と思っている。

一人でも「簡単に稼ぐ」を疑ってほしい

甘い言葉というのは
あなたの周りに沢山ある。

あなたが気づいていないだけで
いつあなたに近づいてくるか
わからない。

そんな時に
この記事を思い出し一人でも
「簡単に稼ぐ」という言葉を
疑える人がいてくれれば御の字だ。

最後に

「稼ぎたい」
と考えるのは重要だ。

ただ、
「稼ぎたい」が
先走るとどうなるかは
この記事を読んで理解して
もらえたのではないかと思う。

今回紹介した
①稼ぐ目的は明確か?
②ただ稼いでも幸せになれない
③簡単に稼ぐ方法はない【要注意】

という事を心の片隅で
いいので留めておいてほしい。

そして
「稼ぎたい」という気持ちが
ある時に少しでも思いだして
くれれば幸いだ。