生活改善

【重要】サラリーマンの不幸が続く「3つの原因」と「4つの解決策」を紹介

こんな悩みありませんか?

■最近不幸なことばかり続いている
■不幸を早く断ち切りたい!
■不幸が続かないようにしたい

どうも、ぼんどです。

自分は不幸な人間だ…
と感じて日々をネガティブに
過ごしていないだろうか?

あなたに不幸が続くのは原因があるし、
その原因を知ることができれば
不幸を断ち切ることもできる。

そこで今回は

①不幸が続く3つの原因
②不幸を断ち切る4つの方法
③不幸が続かないようにする方法

この3つのポイントから
「サラリーマンの不幸が続く
3つの原因4つの解決策を紹介」

していく。

ぼんど

この記事を読めばあなたが不幸が続いていると思う原因や解決策を理解して、不幸の連鎖を断ち切る考え方が身につくようになります!

ぼんど

ぼんどです。
Twitterもやってますので是非フォローお願いします。

①不幸が続く3つの原因

不幸が続く3つの原因を理解しよう!

「最近不幸なことばかり続いている」

と考えているあなたには
「不幸が続く3つの原因」
を最初に理解してほしい。

その3つの原因とは

1)悪い情報ばかり目に入る
2)悩みをそのまま放置する
3)他人を妬む

が主な原因だと私は考えている。

ぼんど

私の経験からも「不幸が続いてる」と感じてしまう時は3つの原因のどれかにあてはまっている時だと思います。
では早速詳細を説明していきます。

1)悪い情報ばかり目に入る

不幸が続くと
「悪い情報ばかり目に入る」
状態になりやすい。

これはカラーバス効果と呼ばれるもので
自分が意識するとそれに関連する
情報が目につきやすくなる現象のことだ。

カラーバス効果とは、ある一つのことを意識することで、それに関する情報が無意識に自分の手元にたくさん集まるようになる現象のこと。カラーバスは「color(色)」を「bath(浴びる)」、つまり色の認知に由来するが、色に限らず、言葉やイメージ、モノなど、意識するあらゆる事象に対して起きるとされる。

シマウマ用語集:カラーバス効果より引用

そのためあなたが
「不幸だ」と意識すればするほど
不幸な情報やちょっとしたマイナスな
ことでもいつも以上に敏感になり
「不幸が続いている」と思いやすくなる。

ぼんど

私も実際に仕事でミスをしてしまうと、他の人への指摘でも敏感に意識してしまったり、普段のニュースも悪いニュースばかり頭に入ってくるときがありました。

2)悩みをそのまま放置する

次に
「悩みをそのまま放置する」
ことも不幸が続く原因になる。

例えばサッカーで
「なぜドリブルで敵を抜けないのか?」
と悩んでいるのにそのまま放置すると
本来パスをするなどの解決策もあるのに
「パスが出来ない」
「自分にはサッカーのセンスがない」

とドリブルだけだった悩みが
サッカー全体の悩みになる可能性がある。

これは「負の連鎖」といい、
悩みを放置することでさらに
他の悩みが積み重なっていくような
現象をいう。

最後には
「自分には良い点がない」
「自分には不幸ばかり続く」

という考えにつながるので
悩みがあれば必ず解消する方法を
考える必要がある。

ぼんど

私も営業職をしていた時に取引先の大事な案件の注文を取れなかった時にその悩みを放置したら、他の取引先も次々に注文が取れないという状態になったことがあります。悩みは先送りにせずすぐに分析・解消が大事です!

3)他人を妬む

「他人を妬む」
ことも不幸が続く原因になる。

例えば社内に営業成績の良い
営業マンがいたとする。

その人を憧れとして目標に
するのは良いことだが
「自分にはそんなに売れない」
「あの人は仕事ができて羨ましい」

と妬みの対象となってしまうと
自己肯定感が下がり
「自分は不幸な人間だ」
と考えはじめてしまう要因になる。

人はそれぞれ才能は違う。

だから
「あなたはあなた、他人は他人」
と比較しないことが大事だ。

不幸を自分で招いている

「周りの人が私を不幸にしてる」
「不幸が続くのも人のせいだ」

と、いままで考えてきた人もいると思う。

でもあらためて不幸が続く原因である

1)悪い情報ばかり目に入る
2)悩みをそのまま放置する
3)他人を妬む

は全てあなたの行動が招いている
と私は考えている。

悪い情報はあなたが見なければ
目に入ることがない。

悩みもあなたが解決しようと
本気で思えば色々と調べているはずだ。

他人を妬むのも
「あなたはあなた、他人は他人」
と思っていれば起こらない。


これらを解決する方法は
次のポイントで説明するが
まずは他人が原因ではなく、
不幸だと感じてしまう原因は
自分で招いている
ということを
ここでは理解してほしいと思う。

不幸の原因を知って断ち切る準備をしよう!

ここでは
不幸が続く原因として、

1)悪い情報ばかり目に入る
2)悩みをそのまま放置する
3)他人を妬む

この3つを紹介した。

原因を知ることができれば
解決をすることができる!

ここまでであなたは
「不幸が続く原因」を理解し
不幸を断ち切る準備ができたと思う。


では次から不幸を断ち切る解決策を
紹介してくので引き続き読み進めていただきたい。

②不幸を断ち切る4つの方法

不幸をとめるためにこの4つを取り入れよう!

「不幸を早く断ち切りたい!」

と思うあなたにここからは
「不幸を断ち切る4つの方法」
を紹介する。

早速その4つの方法とは

1)スマホ・TVを見ない時間をつくる
2)SNSの情報をしぼる
3)本を読む

4)自分のやりたいことを書き出す

この4つだと考えている。

ぼんど

前のポイントで紹介した「不幸が続いてる」と感じてしまう時3つの原因に対する解決策はこの4つだと私は考えています!では早速詳細を説明していきます。

1)スマホ・TVを見ない時間をつくる

先ほど3つの原因のうち

1)悪い情報ばかり目に入る
2)悩みをそのまま放置する
3)他人を妬む

1つめの原因である
悪い情報を意図的に入って
来ないようにすることが
不幸を断ち切るために必要だ。

そのためには
「スマホ・TVを見ない時間をつくる」
ことが大切だと私は考えている。

スマホやTVは何となく見ていると
自分が見たくなくても自然に
色んな情報が入ってきてしまう。

無駄な情報を入れないためにも
スマホやTVを見ない時間をつくる
ようにしてほしい。

ぼんど

「どうしてもスマホやTVを見てしまう…」「意思が弱いから見ない時間をつくる自信がない…」という人はタイムロッキングコンテナがオススメ指定した時間まで開けることが出来ないで、スマホやTVのリモコンをコンテナにいれて物理的に使えなくしてスマホやTVを見ない時間を強制的につくることができます!

タイムロッキングコンテナ
created by Rinker

2)SNSの情報をしぼる

次に3つの原因のうち

1)悪い情報ばかり目に入る
2)悩みをそのまま放置する
3)他人を妬む

悪い情報と他人を妬む
ことを防ぐために
「SNSの情報をしぼる」
ようにしてほしいと思う。

まずSNSのアプリは
「1つに限定すること」
そして
「見る情報を限定する」
「通知設定を切る」

ことをオススメしたい。

SNSは使っている数が多いと
どうしても色んな情報が入りやすくなり、
他人の楽しそうな様子や
美味しそうな食事などは
妬みの対象になりがちだ。

しかも通知が来てしまうと
ついついスマホを開いてしまい、
他の情報を見てしまうなどの
悪循環を引き起こしてしまう。

だからSNSの情報をしぼる
ことであなたが不幸が続くと
思ってしまう原因を断ち切る
ことができる。

実際に私は
SNSはTwitterしか使ってないし、
有益だと思う情報を必要な時に
みることしかしていない。

画面にあっても見る原因なので
以下の画像の通り私は必要最低限の
アプリ以外は画面から削除している。

※実際の私のスマホの画面↓↓

ぼんど

スマホの画面をスッキリさせるとスマホを開く時間自体も減り無駄な情報はほとんど見ることがなくなります!また、画面は必要なアプリだけにしておくとアプリを探す手間が無くなるのもメリットです!

3)本を読む

1)悪い情報ばかり目に入る
2)悩みをそのまま放置する
3)他人を妬む

悩みを解決する方法として
私は「本を読む」ことを
強くオススメしたい。

あなたがいま悩んでいることは
「世界で一番にあなたが悩んでいること」
ではない。


必ずあなたと同じような悩みを抱え
その解決策を本にしてくれている人が
存在すると私は考えている。

悩み放置することなく
本の力を借りて解決策を早くみつけ出す
ことが負の連鎖をおこさない
一番よい方法だと私は考えている。

ぼんど

本を読むならアマゾンの定額読み放題のサービス「KindleUnlimited」が私のオススメです!月額¥980で沢山の本が読めるからあなたの悩みを解決する本も見つかるはずです!
初回の人は30日は無料体験ができるので「自分に合わないな…」と思う人は30日でサービスもやめることも出来るので、まずは気軽に試してみることをオススメします。
なお、再入会の人は30日の無料体験期間は無いので注意して下さい。

読書の大切はほかの記事でも説明しておりますので、あわせてべつの記事も参考にしてみてください。

【オススメ】本を読むメリットとすぐに起こすべき行動を3つ紹介


【読みやすさ重視】30代サラリーマンのあなたにおすすめの本

4)自分のやりたいことを書き出す

最後に紹介する解決策は
「自分のやりたいことを書き出す」
ことだ。

やってほしい理由は簡単で
やりたいことを書き出せば
それに向かって行動するから
不幸だと感じてる暇がなくなる

からだ。

人は自分のやりがいを
ちゃんと持っていれば
不幸が続くなんてネガティブな
気持ちもなくなる。

どうかあなたにはちゃんと
紙にやりたいことを書き出し
それを実行に移していってほしい。

もしやりたい事がみつからない時は「子供時代を思い出す」ことで見つけれる可能性があります。子供時代からやりがいを見つけ出す方法は、べつの記事で詳細をまとめているので参考にしてみてください。

あなたが今のやりがいを見つける方法【子供時代の思い出から探す】

順番に解決策を取り入れてみよう!

「解決策はどれからはじめればいいの?」

と思った人もいると思う。

結論は
あなたが取り組みやすい
ことからはじめて貰えばいい。


それでも迷うという方は
紹介した順番で解決策を
取り入れてみてほしい。

解決策に取り組む順番

1)スマホ・TVを見ない時間をつくる
  ↓   
2)SNSの情報をしぼる
  ↓
3)本を読む
  ↓
4)自分のやりたいことを書き出す

私のなかでは
比較的とりこみやすい
解決策から順番に紹介したと
思うのでぜひ参考にしてほしい。

不幸は自分で断ち切れる!

不幸が続く原因は
自分が招いていると書いたが、
逆に考えれば「不幸は自分で
断ち切ることができる」

ということになる。

1)スマホ・TVを見ない時間をつくる
2)SNSの情報をしぼる
3)本を読む

4)自分のやりたいことを書き出す

この4つの解決策で
他人の力を借りないと
できないことは1つも無いはずだ。

もし不幸が続くと悩んでいるなら
ぜひ4つの解決策をあなたには
取り入れてほしいと願っている。

③不幸が続かないようにする方法 

自分を不幸になる運命だと思っていないか?

不幸が続かないようにしたい

と思っている人に最後は
「不幸が続かないようにする方法」
を紹介する。

不幸が続いても「幸せになる途中」だと考える

私がオススメしたいのは
どんなに不幸が続いたときでも
「幸せになる途中」と考えることだ。

ここまでの2つのポイントで書いた通り
「不幸が続く」と考えるほど
不幸な情報を意識的に取り込んでしまう。

だからもし不幸が続くと思った時点で
「これは幸せになる途中だ」
「不幸はいつか幸せにつながる」

と意識を変えてしまうのが良い。

そうすれば不幸な情報も
目に入りにくくなって
本当に好転していくので
ぜひ試してみてほしい。

【例】過去の失敗をバネにする

実際に私もまだ30代とはいえ
それなり失敗もしてきたし
「自分って不幸だな」
「どうして自分は運がないのだろう」

と思うこともたくさんあった。

でもそんな時も
「失敗を知ってるから今がある」
「不幸だと思う経験があるから
幸せってどんなものかわかる」

という考え方に変わったことで
不幸が続くと思うことはなくなった。

過去の失敗ひとつでも
「後悔」としてくやみ続けるのか
「バネ」としてこれからに役立てるのか
その考え方の違いで心のもちようは
とても変わることを身を持って知った。

行動が変われば考え方も変わる

「いきなり考え方は変わらない」

と思う人はいると思うし
私もそう思う。

だからこそ最初に紹介した

1)悪い情報ばかり目に入る
2)悩みをそのまま放置する
3)他人を妬む

この3つの原因を理解し

1)スマホ・TVを見ない時間をつくる
2)SNSの情報をしぼる
3)本を読む

4)自分のやりたいことを書き出す

この4つの解決策を
具体的に行動におこしてほしいと
私は思っている。

なぜなら
「行動が変われば考え方も変わる」
からだ。

眠たくて動きたくない日も
重たい腰も上げてみたら
色んなところで出かけて
「充実した1日だった」
と思った経験があるだろう。

それと同じで行動にうつすことで
考え方は変わるは沢山あるので、
ぜひあなた自身でその感覚を
体験してほしいと思う。

考え方・動き方を変えていこう

不幸が続かないようにするには
あなたの「考え方」や「動き方」
変えること
が一番だと思う。

そのためにも
この記事が少しでもあなたの
「考え方」や「動き方」
変えるきっかけになってくれればと
心より願っている。

最後に

この記事のポイント

①不幸が続く3つの原因
②不幸を断ち切る4つの方法
③不幸が続かないようにする方法

今回の記事は
「不幸が続く」と思っている人に

「不幸が続くと思う原因は自分が招いていること」
「不幸を自分が招いていることがわかれば自分の力で解決できること」

このことにあなたが
気づくきっかけになってくれればと
思って書いた。

この記事を通して一人でも多くの人が
不幸が続くという考え方を断ち切って、
自分の生活を向上してもらえることが
できれば幸いだ。