学び

思考力を鍛えるとあなたの仕事が楽になる!その身につけ方と鍛え方8選

こんな悩みありませんか?

■思考力を鍛えるメリットはなにか?
■具体的に思考力の鍛え方を知りたい
■思考力が低下する行動・習慣はあるのか?

どうも、ぼんどです。

日々の仕事で
「もっと考えろ!」
「説明に抜けがある!」
「論理的に話せ!」

と言われて悔しい思いを
してきたことがあると思います。

私ももちろんあり
「もっと思考力があれば…」
と悔しい思いをした経験が沢山あります。

そこで今回は私の経験から

①思考力を鍛える3つのメリット
②すぐにできる思考力の鍛え方8選
③思考力が低下する4つの習慣

この3つのポイントで
「あなたの仕事が楽になる!
そのためにやるべき思考力の鍛え方8選」

を紹介します。

ぼんど

思考力とは「武器」です!この記事を読めば思考力の鍛え方が身について仕事でとやかく言われる事も少なくなりますよ!

ぼんど

ぼんどです。
Twitterもやってますので是非フォローお願いします。

①思考力を鍛える3つのメリット

思考力を鍛えると得られる3つのこと

「思考力を鍛えるメリットはなにか?」

と言うあなたに
「思考力を鍛える3つのメリット」
を最初に説明します。

思考力を鍛える3つのメリット
1)説明・説得が上手になる
2)問題を効率的に解決できる
3)未来予測が出来る
ぼんど

メリットがわかれば、思考力を手に入れたい!というモチベーションも高まります!ぜひ詳細を読んで思考力への欲求を高めていきましょう!

1)説明・説得が上手になる

「説明・説得が上手になる」

これが思考力を鍛える最初のメリットです。

「自分の主張を正確に伝える力」
とも言いかえることができます。

思考力を鍛えていくと
自分の主張をする時も
・どこが結論・ゴールなのか?
・どの順序で説明すれば聞き手は理解するか?
・聞き手はどんな質問をしてくるのか?

ということをちゃんと材料を集め
組み立てて話すことができるようになります。

これが出来ると聞き手からは
信用を勝ち取れることが確実です。

2)問題を効率的に解決できる

次に
「問題を効率的に解決できる」
こともメリットです。

思考力がある人は自分が持ってる
「知識」を「知恵」として活用できます。


思考力がある人は問題が起きても
すぐ取り掛かることはしません。

問題の根本を考えて、
自分の知識を使っていかに効率的に
解決できるかを最初に考えるからです。

例えば、
「エクセルに手入力して見積もりの
数字の桁数を間違えてしまった」

という問題があるとします。

その場合、思考力のある人は
見積の修正で解決ではなく
「手入力するからミスをする」
という部分に着目します。

そしてエクセルのマクロを組んで
次から手入力をしないようにする
という解決策を考えるのです。

このように思考力を鍛えると
問題があってもそこから
プラスを生み出す力が身につきます。

3)未来予測ができる

3つ目は
「未来予測ができる」
ことです。

これは予知能力のような力ではありません。

思考力が高い人は
「道筋を立てて物事を考える力」
があるので今後おこることを
予測して行動ができるのです。

例えば
「老後2,000万円」の問題があった時も
「いきなりそんなこと言われても無理だ」
「2,000万円なんて用意できない」

と嘆いて終わる…なんてことはしません。

「2,000万円をどのように作ろうか」
「2,000万円で本当に足りるか」

と考え、自分の老後だけではなく
子供の将来のための資金づくりも
考えて資金作りをはじめます。

思考力を鍛えることで
未来に対してもしっかりとした
予想ができる力は大きなメリットです。

思考力は今後の必須スキルになる!

「そんなメリットは自分には必要ない」

と考える人もいると思います。

でも私は今後
「思考力は生き残るための必須スキル」
になると考えています。

よく将来AIに仕事が取られるというが
スーパーのセルフレジや受付に設置の
ロボットアシスタントなど
すでに人の仕事は取られています。


ますます今の仕事をAIが
行うようになった時に人が
唯一できるのは思考です。

だからあなたには
将来生き残るためにも
今のうちに思考力の
必要性を理解してください。

思考力を鍛えてメリットを存分に受け取ろう!

思考力を鍛える3つのメリット
1)説明・説得が上手になる
2)問題を効率的に解決できる
3)未来予測が出来る

上記の3つのメリットを
手に入れれば生活の
ストレスや不安が減り
楽に生きることができます!

次のポイントから
その思考力の鍛え方を
説明していくので引き続き
読んでもらえると幸いです。

②すぐにできる思考力の鍛え方8選

具体的な8つの思考力を鍛え方はコレだ!

「具体的に思考力を鍛え方を知りたい」

と言うあなたのために
「すぐにできる思考力の鍛え方8選」
を紹介します。

すぐにできる思考力の鍛え方8選
1)本を読む
2)美術館に行く
3)ボードゲーム・カードゲームで遊ぶ
4)ニュースで自問自答する
5)常にゴールを思いえがく

6)考えていることを紙に書き出す
7)人に話す
8)フェルミ推定をする
ぼんど

8つ鍛え方を実践すれば着実に思考力がついていきます!では詳細の説明をしていきますのでお付き合いくださいね!

1)本を読む

「本を読む」
ことは確実に思考力が鍛えられます。

本は読めば読むほど、
知識が増えていくからです。


もう1つポイントとして
「1冊の中で最低1つは
活用するポイントを見つける」

ようにしてください。

例えば
食事に関する本ならその中に
書いてある食材や食事法など活用する。

勉強法に関する本であれば
その本の勉強を1つは試すなど必ず活用する。

という感覚です。

そうすれば
「知識」が「知恵」に変わり
あなたの思考力が確実に鍛えられていきます。

ぼんど

本を読む手段に関しては私は「Kindle Unlimited」の活用をオススメしてます!月額¥980で対象の本は読み放題で読めるので、月に1冊でも本を読めばほぼ月額費用のもとは取れます。沢山の知識を手に入れて、どんどんあなたの知恵に変換していってください!

\初回30日間無料!/ Kindle Unlimitedの申込みはコチラをクリック!

何を読めばいいかわからない…と困っている人は下記の記事でオススメの本を紹介していますので、あわせて読んでみてください!

※記事はコチラ↓↓
【オススメ本の紹介あり!】他のみんなに差をつけろ!本を読む8つのメリットと続けるための5つのコツ

2)美術館に行く

「美術館に行く」
と思考力が鍛えられます。

美術品には
「作成者の意図」
「時代背景」

などがあり想像して
絵を見ることで思考力を
鍛えるのに役立つからです。

そのために定期的に
美術館に行ってみてください。

そして作品をみるときは
「なぜ作者はこの作品を作ったのか?」
「なぜここの場面を描いたのか?」
「時代背景と繋がりはあるか?」

こんな考えを巡らせて思考力を
鍛えていきましょう。

なお、
「美術館が近くにない」
「美術館にいく時間がない」
「美術館のために外出しづらい」

そんなあなたにオススメのものがあります。

それは
Google Arts & Culture」です。

これはWeb上で様々な美術品が
見れるサービスです。

本当は美術館に行ってほしいが
美術館に行けない場合は活用
してみてください。

ぼんど

私は美術品を見ることの必要性に関しては下記の「世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?」が参考になるので、ぜひ読んでみてください!

世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?

3)ボードゲーム・カードゲームで遊ぶ

「ボードゲーム・カードゲームで遊ぶ」
のも思考力を鍛える方法のにオススメです。

ボードゲームやカードゲームは
先々や相手の手を予測したりと
思考力を使う場面が多いからです。

そうやってゲームを通して
思考力を使う訓練をする
ことができます。


またもう1つ良い点として
「家族や友達と遊びながら
思考力を鍛えることができる」

というのも良いポイントです。

ぼんど

参考に私のオススメするカードゲームのリンクを貼るので、もしどのゲームを選ぼうか困った時はこの2つからはじめてみてくださいね!

ウミガメのスープ

4)ニュースで自問自答する

「ニュースで自問自答する」
のも思考力を鍛えるのに役立ちます。

普段みているニュースは流す側の
「伝えたい内容」
「伝えたいタイミング」

という意図が沢山ふくまれています。

それを鵜呑みにせずにニュース1つでも
「他の媒体での報道内容は?」
「ほかの国での報道内容は?」

と自問自答すると思考力が身についていきます。

ぼんど

オススメのニュースサイトのリンクを下記に貼っておくので普段ニュースを見る習慣がない人は参考にしてみてくださいね!

※国内ニュースはコチラ↓↓
Yahooニュース

※国内外バランスよく見るならコチラ↓↓
Googleニュース

※国外のニュースはコチラ↓↓
BBCニュース

5)常にゴールを思いえがく

「常にゴールを思いえがく」
ことも意識してください。

例えば
サッカーをする時も
「点を取って相手に勝つ」
ことをゴールにして日々練習を重ねます。

それと同じで仕事を任された時も
「この仕事を終えるとどんな人に
メリットがあるだろうか?」
「この仕事のゴールの先には
どんな人の喜ぶ姿があるだろうか?」

などを常に思いえがく習慣を身につけてください。

そうすれば
何事もゴールを考えるクセ、
ゴールまでの道筋を考えるクセ
が身につき思考力が鍛えられます!

6)考えていることを紙に書き出す

「考えていることを紙に書き出す」
ことで思考力が鍛えられます。

紙に書き出すことで
目に見えて考えが整理できるからです。

頭のなかだけで考えている人は
近くに白紙のA4用紙を用意し
いつでも考えを書き出せる環境を
用意しておいてください。

ぼんど

紙への書き出し方はぜひ下記リンクの「ゼロ秒思考」という本を参考にしてほしいです。紙に我流で書き出すより何倍も効果がでますよ!

7)人に話す

「人に話す」
ことは自分の考えをまとめ
伝わりやすくする必要があります。

人に話すと上手く伝わらない
上手く説明できない…

と感じる人も多いと思います。

ここは数をこなすしかないですが、
話そうとするほど考えるので
思考力が鍛えられていきます。

できるだけ人に話す
機会を作って思考力を鍛えるように
していってください。

8)フェルミ推定をする

最後に
「フェルミ推定をする」
ことをオススメします。

「全国で1年間に使用されるトイレットペーパーの量は?」「世界で今、睡眠中の人は何人?」――。就職活動では、外資系企業のインターンや本選考の面接などで、このような問題を出されることがあります。これは「フェルミ推定」と呼ばれ、まるで見当が付かない数値や量について推定するもの。

OfferBox:「慣れれば簡単!フェルミ推定攻略法【例題でパターンを解説】」より引用

引用の通り
すぐに検討がつかない数値を
論理的に算出することで
思考力を鍛えていく方法です。

例えば引用にある
全国の年間トイレットペーパー使用量は
フェルミ推定でこのような算出ができる。

【例題】
全国の年間トイレットペーパー使用量は?



【必要な数字】
・全国の人口=約1億2,000万人
・1日でトイレに行く回数=約3回※各食事ごとを考える
・1回で使うトイレットペーパー量=30cm(手の平を10cmと考え3回巻くと想定)

【算出方法】
3回×30cm×365日×1億2,000万人=3,492,000,000,000cm(34,920,000km)

このようにフェルミ推定をすると
何を数字として使うなど
考えるうちに思考力が鍛えられていきます。

ぼんど

慣れてくると色んなことにフェルミ推定を使いたくなるようになっていきますよ!

8つの鍛え方をコツコツ積み上げよう!

「8つも同時にできない!」

という人はまさにその通りです。

今回紹介した8つの鍛え方を
すべて実践するのは厳しいです。

正直わたしも出来ません。

だからあなたには
まずはどれか1つ自分ができると
思うものから取り組んでみてください。

なぜなら
8つの方法はコツコツやれば
「相乗的に思考力が鍛えられる」
からです。

たまに読書をして
ふとニュースが目に入ったら
自問自答をしてみる。

家族でカードゲームやボードゲームで
楽しく遊び、休日は美術館に行ってみる。

こんなかたちで
あなたには1つずつできる
タイミングをコツコツ地道に
思考力を鍛えていってください。

8つの方法で今日から思考力を鍛えよう!

すぐにできる思考力の鍛え方8選
1)本を読む
2)美術館に行く
3)ボードゲーム・カードゲームで遊ぶ
4)ニュースで自問自答する
5)常にゴールを思いえがく

6)考えていることを紙に書き出す
7)人に話す
8)フェルミ推定をする

この8つはすぐに行動に
うつせるものを厳選しました。

あとは実際にやるか否かはあなた次第です。

ただ、この記事を読んだからには
ぜひ1つは取り組んでみてくださいね!

③思考力が低下する4つの習慣

この4つは思考力が低下するから注意!

「思考力が低下する行動・習慣は
あるのか?」

と考える人もいると思うので最後に
「思考力が低下する4つの習慣」
を紹介します。

思考力が低下する4つの習慣
1)睡眠不足
2)運動不足
3)ストレスを溜め込む
4)スマホを見すぎる
ぼんど

思考力は脳のパフォーマンスがあるからこそできるものです。この4つの習慣は脳のパフォーマンスを下げるので絶対に避けてください!

1)睡眠不足

拙著『一流の睡眠』でも触れていますが、睡眠不足は、ビジネスパーソンの基礎体力とも言える集中力、記憶力、思考力の低下を引き起こします。そういった状態で仕事をしていれば、周囲から能力がないと見なされ、成長も昇進も見込めません。睡眠不足は、私たちを、生物としてだけではなく、仕事人としても耐えられなくさせてしまう「悪癖」だと言えるのです。

DIAMOND online:「睡眠不足で仕事すると「アタマが悪い人」になる」より引用

引用の通り
「睡眠不足」
は思考力が確実に低下します。

眠いと脳のはたらきが
低下して考える力が鈍るからです。

ふだん考えれることも
寝不足では考えれなくなって
しまうということです。

思考力を発揮するには
十分な睡眠は必須です。

睡眠の質を上げる方法は下記の記事に詳細をまとめました。ぜひあわせて読んでみてください!

※記事はコチラ↓↓
サラリーマンが忙しくてもできる睡眠の質を上げる方法【3つの習慣、3つの環境、4つのグッズ】

2)運動不足

ウォーキングなどの有酸素運動を続ける事で、脳の記憶や学習を司る海馬の神経が増え、思考力や学習力などに関わる前頭葉や、記憶力などに関わる側頭葉のボリュームが増すことが、ブリティッシュ コロンビア大学の研究で確かめられた。

保健指導リソースガイド:「ウォーキングは脳も改善する 脳の記憶力と思考力を改善 認知症も予防」より引用

「運動不足」
は思考力が低下します。

詳しくは上記の引用の通りで
運動は脳にとってもいい刺激になっています。

運動不足だな…
と感じているそこのあなた!

すぐに運動をして
思考力の低下を食い止めてください。

どんな運動すればいいかわからない…という人は下記の記事で室内でもできる簡単でオススメの運動をまとめています。ぜひあわせて読んでみてください!

※記事はコチラ↓↓
【必見】在宅サラリーマンのあなたにオススメの「自宅で簡単に出来る」運動不足解消法を紹介

3)ストレスを溜め込む

「ストレスを溜め込む」
ことも思考力が低下します。

ストレスを溜め込むと
精神的な余裕がなくなり
頭や感情の整理ができなくなるからです。

ストレスをできるだけ
溜め込まないためにも
趣味を作ったり運動したりと
ストレス発散する手段を必ずもってください。

趣味がない…というあなたは、下記の記事で社会人にオススメの趣味をまとめました。ぜひあわせて読んでみてください!

※記事はコチラ↓↓
まだ遅くない!大人が趣味をもつ「4つのメリット・みつける時の5つの注意点・オススメの趣味7選」

4)スマホを見すぎる

「スマホを見すぎる」
と思考力が低下します。

スマホでは何も考えないで
ニュースやSNSを見れてしまい
思考停止してしまいがちです。

もう1つ良くないのがスマホは
「忘れたことをすぐ調べられること」
ことです。

なにか忘れた時も
「記憶から思い出そうとすること」
が思考力の維持には必要です。

思い出そうとしたけど
どうしても思い出せないから
スマホで調べたというのはOKですが、
忘れたことをすぐにスマホで調べる
というのはやめましょう。

ぼんど

どしてもスマホを触ってしまう人は「タイムロッキングコンテナ」を買いましょう。このアイテムは自分が指定した時間まで開けることができない箱で、スマホなどを入れてしまえば物理的に触れなくするようにできます!

タイムロッキングコンテナ

規則正しく生活することの大切さ

「そんな事で思考力が低下しないの?」

と思うかもしれないが
規則正しく身体や頭を
いたわることが一番大切なのです。

寝不足になれば判断力が落ち、
ストレスが溜まって忘れっぽくなり
スマホに頼るようになります。

このように不規則な生活は
負の連鎖を起こすので
思考力を大事にしたい人は
「規則正しい生活」
意識するようにしてください!

生活習慣を正しくして思考力の土台を作ろう!

思考力が低下する4つの習慣
1)睡眠不足
2)運動不足
3)ストレスを溜め込む
4)スマホを見すぎる

思考力を低下させないため
この4つを習慣にしないよう
絶対に気をつけてください。

他にも食生活なども
十分に気をつけていくことが
あなたの思考力のための
土台となるので大切にしていきましょう!

最後に

この記事のポイント

①思考力を鍛える3つのメリット
②すぐにできる思考力の鍛え方8選
③思考力が低下する4つの習慣

この記事では
「思考力を鍛えたい!」
というあなたへ

「これからの思考力がますます重要になり、鍛えないと絶対に後悔すること」
「思考力を鍛えることで普段の仕事が何倍にも楽になること」

を考えてもらうために書きました。

この記事が
あなたが思考力をいま以上に
磨きをかけていけるきっかけに
なってくれればと心より願っています。