学び

【必見】あなたにオススメしたい思考力の鍛え方3選

どうも、ぼんどです。

あなたは
思考力を鍛えているだろうか?

思考力とは「考える力」のことだ。

思考力がないと判断が鈍り
あなたの生活を脅かすかもしれない。

「思考力を鍛えたい」
「思考力を鍛えるメリットを知りたい」
「何歳でも思考力は鍛えられるのか?」


そんな事を思っている
あなたに今回は
「あなたにオススメしたい
思考力の鍛え方3選」
を紹介したい。

ぼんど
ぼんど
ぼんどです。Twitterもやってますので是非フォローお願いします。

【必見】あなたにオススメしたい思考力の鍛え方3選

あなたにオススメしたい
思考力の鍛え方は以下の3つだ。

①本を読む
②美術館に行く
③ニュースの意図を考える


では詳しく説明していく。

ぼんど
ぼんど
思考力はあなたの武器です!持っていないと自分で攻めることも守ることも出来ませんよ!

①本を読む

本は必須ツール

「思考力を鍛えたい」

と思うなら
「本を読む」
これは絶対に必要な事だ。

本を読む→自分の生活に取り入れる

まずは本を読む習慣を
身につけることが大事だが
思考力を鍛えるには
もう一歩勧める必要がある。

それは本の内容を
「どうやって自分の生活に
取り入れるか?」

を考えることだ。

どんな本だって
自分の生活に取り入れれる
ポイントが必ず存在する。

そこをあなた自身でみつけ、
実際に生活に取り入れる。

そこまでの間に
考える力が働き
思考力が鍛えられていく。

【例】本から生活習慣を真似る

もしあなたが
「ダイエット本」を読んだら
そこに書かれているダイエット方法を
実践するだろう。

他の本もダイエット本と
同じでその本に書かれている
内容であなたが気になるポイントを
実践すればいい。

漫画の「ワンピース」は
ご存知だろうか?

「ワンピース」も
取り入れる事は沢山ある。

「人間関係」に関しては
ワンピースから学べる点が多い。

自分にとって近くにいるその人は
「仲間」なのか?
「同盟」のようなものなのか?
その辺りは上手くあなたの
生活に当てはめることも可能だと
私は思っている。

このようにどんな本でも
自分の生活に取り入れる事ができる。

重要なのはあなたが
「どのように取り入れるか?」
を一生懸命考えることだ。

まずは読む習慣からつけよう

「本を読まない」
という人については
まず本を読む習慣をつけることが
必要不可欠だ。

そのためにあなたに
アドバイスをしたい。

まずは
「どんなジャンルでもいいから
本を読んでみる」

ということだ。

先ほどの例でも書いたが
漫画でも思考力は鍛えることが出来る。

次にオススメしたいのは
「紙の本にこだわらない」
ということだ。

紙の本にこだわると
「本を開くのが面倒」
と理由で読まなくなる
という人もいる。

そうならないためには
電子書籍をオススメしたい。

スマホでもOKだし、
電子書籍用にKindleを買えば
デバイス一つで何冊もの
本を読むことができる。

本を楽に読める環境を作ることも
本を読む習慣をつけるには
重要な事だ。

※【参考】Kindleはコチラ↓↓

必ず本は読もう

本を読むことは必然と
考える機会が増える。

考える機会が増えると
その分思考力が鍛えられていく。

まずは本を読む習慣がない人は
本を読む習慣を身に付け、
そこから本の内容を自分の生活に
取り入れるにはどうすればいいか
「考える習慣」を見に付けていこう。

②美術館に行く

美術館に行こう!

思考力を鍛えるのに
「美術館に行く」
というのも有効だと思う。

美術館?

と思うかも知れないが
思考力を鍛えたいなら
すぐにでもいくべきだと
私は思っている。

美術品に含まれてる意図を考える

美術品には必ず
「作成者の意図」
「時代背景」

などが含まれている。

美術館が思考力を
鍛えるのにオススメなのは
「美術品に含まえる意図」
を考える事が出来る点だ。

一つの作品だけでも
「なぜ作者はこの作品を作ったのか?」
「なぜここの場面を描いたのか?」
「時代背景と繋がりはあるか?」

こんな考えを巡らせる事ができる。

この作品に関して考える力が
思考力を鍛える事に繋がっている。

【例】絵画を見て考える

私は一つの絵画を見たときに
こんな事を考える。

「作者はどんな思いで描いたか?」
「絵の人物たちのこの後の行動は?」
「絵の人物たちの感情は?」
「絵と時代背景は繋がっているのか?」
「作者が訴えたい事は何か?」


まだ挙げれるが
一つの絵画だけでもこれだけある。

もちろん美術館には
多くの作品があるので
一つ一つに同じような考えを
巡らせる事が出来れば確実に
あなたの思考力は鍛えられる。

ただ一つだけ気をつけてほしい。

それは美術館に行くと
確実に長居してしまう
ということだ。笑

「Google Arts&Culture」を活用する

「美術館が近くにない」
「美術館にいく時間がない」

そんなあなたに
オススメのものがある。

それは
「Google Arts & Culture」
だ。

※リンク↓↓
Google Arts & Culture

「Google Arts & Culture」
はWeb上で様々な美術品が
見れるサービスだ。

本当は美術館で空気感を
含めて楽しんでほしいが、
もし美術館に行けないなら
「Google Arts & Culture」
でも充分作品をみて考える
ことはできる。

美術館で楽しく思考力を鍛える

美術館に行くことが
思考力を鍛える事に繋がる
ことは充分わかって貰えただろう。

美術館のもう一つの魅力は
作品を見るのが楽しいという点もある。

ぜひあたなも
美術館にいって楽しみながら
思考力を鍛えていってほしい。

③ニュースの意図を考える 

ニュースの意図を考えてみよう

最後のオススメしたい
思考力の鍛え方は
「ニュースの意図を考える」
ことだ。

普段から見ているニュースを
鵜呑みにしないで自分で
報道されている意図を考える。

これは非常に
思考力が鍛えられる方法だと
私は思っている。

なぜニュースが流れているか考える

普段から流れているニュースは
ただ流れているだけではない。

ニュースを流す側が
「伝えたい内容」
「伝えたいタイミング」
を考えて流している。

その中で時間等の
様々な都合によって
「伝えきれていない情報」
というのが必ず存在する。

あなたにはぜひとも
ニュースを流す側が
「伝えきれていない情報」
が何かを考えてみてほしい。

【例】外交ニュースを見てみよう

ニュースの意図を捉えるのに
わかりやすいのが「外交」の
ジャンルだ。

2カ国で何か協議がされた時は

1)自国の報道内容は?
2)相手国の報道内容は?
3)他国での報道内容は?


こんなポイント考えると
各国の意図がわかりやすい。

ぜひ参考にしてみてほしい。

ニュースはスマホでチェックしよう

「ニュースを読む時間がない」

そんなあなたは日頃から
ニュースをみる事がないのだろう。

でも5分でいいから
スマホでニュースを見る時間は
作れないだろうか❓

芸能人のニュースや
SNSを見ている時間を少し
削ってニュースを見てほしい。

「オススメのサイトがわからない」
という人は私のオススメのサイトの
リンクを下記につけるので
参考にしてほしい。

※国内ニュースはコチラ↓↓
Yahooニュース

※国内外バランスよく見るならコチラ↓↓
Googleニュース

※国外のニュースはコチラ↓↓
BBCニュース

それぞれのニュースを
参考にしながらそれぞれの
報道の意図を考えてみてほしい。

ニュースの意図を捉え自分で判断

色んなニュースを比較して
意図がわかってくれば
「自分はどう思うのか」
という判断が出来るようになる。

そこまで出来るようになれば
もうあなたの思考力は充分ある
と言えると思う。

最後に

思考力を鍛えると
判断力という自分の武器になる。

また今回した3つの
方法は何歳からでも
取り組むことが可能だ。

①本を読む
②美術館に行く
③ニュースの意図を考える

この3つは思考力を
鍛えるのに本当に
オススメの方法だ。

最初はどれか1つからでも
いいのでぜひあなたの生活に
取り入れて思考力を
鍛えていってほしい。