生活改善

あなたが捨てられる勇気を持てるようになる方法【ポイントは3つ】

どうも、ぼんどです。

あなたの部屋を
見返してみてほしい。

部屋の中は片付いているだろうか?
要らないもので溢れてないだろうか?

部屋をきれいに保つことは
心身を健やかにするにも
大切だ…が勿体ない精神が
あって物が捨てられない
人は多い。

「捨てたいけど勿体ないと思う」
「捨てるかどうか判断できない」
「使わない物が沢山ある」


こんな悩みがある人は
「捨てる勇気」を持つ必要がある。

そこで今回は
「あなたが捨てられる勇気を
持てるようになる方法」
を紹介していく。

ぼんど
ぼんど
ぼんどです。Twitterもやってますので是非フォローお願いします。

あなたが捨てられる勇気を持てるようになる方法【ポイントは3つ】

あなたが捨てられる勇気を
持てるようになる方法は
以下の3つのポイントを
常に意識することだ。

①「勿体ない」→「使わない」
 と言いかえる

②1年使わなければ捨てる
買う前から捨てる時の事を考える


では詳しく説明していく。

ぼんど
ぼんど
季節ごとに使ってないものを捨てる!それが捨てる勇気を持つ近道です!

①「勿体ない」→「使わない」と言いかえる

「勿体ない物」=「使わない物」

「捨てたいけど勿体ないと思う」

そう言ってあなたの家は
物が溢れかえっているのだろう。

はっきり断言したい。

「勿体ない物」は
「使わない物」と
同じ意味だ。


これから
「勿体ない物=使わない物」
と言いかえて不要物は
どんどん捨ててほしい。

活用イメージがすぐ出来ないなら「使わない物」

勿体ないというのは
「いつか使うかも」
と思ってしまう事だ。

では具体的に
いつ使うのだろうか?
どんな使い方をするのだろうか?

ぜひ今後は捨てる勇気を
持つ為にそこまで
イメージをしてみて欲しい。

それでもし具体的な
イメージが出来ない物があれば
すぐに捨ててしまおう。

【実例】また着るかも…は絶対着ない

私も勿体ない精神が
強かった時期がある。

そんな時に一番部屋を
占拠していたのは「服」だ。

数えるくらいしか
腕を通していない服、
去年は来ていたが今年は
全然来ていない服、
そんなものが沢山溢れていた。

そんな服を何故残していたかと言えば
「また着るかも知れない」
という勿体ないという思いが
あったからだ。

でも先ほど書いたとおり
「勿体ない」=「使わない」。

実際に勿体ないと思って
残しておいた服は着ることは
まず無かった。

捨てる勇気を持ってからは
必要な服だけを残して
クローゼットは常に綺麗だ。

今考えると
ただ着ることもせずに
服を残しておくのは
本当に不毛だったなと
つくづく感じている。

捨てられないなら「預ける」

「そんな簡単に捨てられない」

今まで勿体ない精神で
生きてきた人には確かに
いきなり何でも捨ててください
…というのは酷だと思う。

そんな人は
「預ける」
ということから
始めてみてほしい。

夏に冬のものは使わないだろう。
そんな物で家のスペースを
取られるのは勿体ない。

本当は捨てれる物は
捨ててしまってほしいが、
無理であれ倉庫に預けるのが
良いと思う。

「貸し倉庫」
「トランクルーム」
などで検索すれば
近くの倉庫が見つかると
思うので探して預けてみてほしい。

費用はピンきりだが
月10,000円程度あれば
十分な量は預けることが
出来ると思う。

その分
家の空いたスペースを
有効に使えると思えば
10,000円の費用効果は
十分まかなえると思う。

※参考リンク↓↓
LIFULトランクルーム

「勿体ない」=「使わない」マインドを叩きこもう

勿体ない=使わない
勿体ない=使わない

と条件反射で
考えれるくらい
頭の中に叩き込もう!

捨てる勇気を持つ一歩として
考え方を変えていくから
始めていくのが大事だ

②1年使わなければ捨てる

1年使わないものは今後も使わない

「捨てるかどうか判断できない」

という
あなたのために
ルールを一つ教えたいと思う。

それは
「1年使わなければ捨てる」
というルールだ。

これルールがあれば
定期的に捨てれるし、
不要な物の選別も楽になる。

春夏秋冬で使わなくなった物を捨てる

「1年使わなければ捨てる」
ルールの手順を紹介する。

1)毎年新しい季節の始まる前に行う
【例】
2月…春物の見直し
5月…夏物の見直し
8月…秋物の見直し
11月…冬物の見直し

2)去年の同じ時期に使った物を
今年も使うのか判断する。


3)今年はもう使わないと
 決めたものは捨てる。


このようなルールを
常に保てば季節ごとで
物が貯まることも無くなり
常に家の中も綺麗な状態を
キープすることが出来る。

【例】不要物の整理を家族イベントにする

私はこの
「1年使わなければ捨てる」
を3年ほど前から続けている。

ただ淡々とルールを
守るだけではなく
より楽しくするために
家族イベントとして
行うようにしている。

例えば
2月の週末に夏物の整理を
始める時は不要物を
家族の皆で整理して纏め
リサイクルショップへ
出しに言ったり、
分別してゴミを纏めたりする。

そして終わったら
皆でお風呂に行く!

こんな形でイベントと
して家族に捉えて貰うことで
楽しく季節ごとに不要物の
整理をしている。

ぜひ参考にしてみてほしい。

不要物の整理は判断力を養う

「季節毎の見直しが面倒」

という人は少し視点を
変えてみるようにしてほしい。

不要物を何故捨てるのか?

一つの考え方として
捨てる捨てないを決める事で
自分の判断力を養っている
と思ってみるのはどうだろうか?

判断力というのは
日頃から数をこなさないと
養われないし、いざと言う時に
判断が出来ない人は信頼を
失う可能性が高い。

そうならないために
不要物の整理を使って
判断力を養っている…

こじつけかもしれないが
不要物の整理に意味を持てないなら
無理やり意味を持たせてしまおう。

年4回の不要物の整理…難しくないはず

私の提案したルールでは
年に4回だけ不要物の整理をする
という事だけだ。

そんなに難しくない…
と思っている。

もし面倒という言う人は
夏冬の2回からでも良いので
「1年使わなければ捨てる」
というルールを採用してみてほしい。

③買う前から捨てる時の事を考える 

買う前によく考えよう

「使わない物が沢山ある」

という
あなたはもしかしたら
買った時点ですでに
「使わない物」
手に入れているのかもしれない。

最後は捨てる勇気の前に
「買う前から捨てる時の
事を考える」

ことをして無駄買いを
減らす必要性を考えてみてほしい。

捨てる事を考えて無駄買いを減らす

人間は欲求にかられると
判断力が低下する。

衝動買いもその一つで
「欲しい」と思ったら
後のことを考えないで
買っているパターンが多い。

そうして
「結局いらなかった」
「無駄な買い物だった」

となり、捨てるにも
勿体ないとなって
家のスペースを取る
邪魔な物となるのだ。

そうなる前に
「欲しい」と思った時に
かならず一呼吸しよう。

そして
「捨てる時」
のことを考えてみよう。

そうすると
無駄買いは抑えられるはずだ。

収納グッズもそもそも要らない

私は
極論かも知れないが
収納グッズも不要だと思っている。

最低限の棚や
ロッカーは必要だと思うが、
不要物を整理するための
収納グッズは要らない。


それであれば
不要な物をそもそも
買い込まなければいい話だ。

不要物を整理するために
「収納グッズを買おう」
考えている人は無駄買いに
なる可能性が高いので
一度考え直して欲しい。

そもそもの
不要な物を徹底的に整理して
収納グッズを買わなくて良いように
するのが本筋だと私は考えている。

「本当にそれは必要か?」と紙に書いて持ち歩く

「どうしても買ってしまう」

という人は紙に
「本当にそれは必要か?」
と書いて持ち歩いて欲しい。

そして買い物に出かける前と
買う直前に必ず見返そう。

そうすれば
衝動も少しずつ抑えられ
無駄買いが減っていく。

無駄買いは
不要な出費にもなるし、
片付ける時も労力を使う。

そんな無駄に無駄を
重ねるのは不毛だ。

もし衝動買いが
抑えられないなら
「本当にそれは必要か?」
この呪文の紙を常に
持ち歩くようにしてみよう。

買わなければ捨てなくて済む

捨てる勇気を持つために
「捨てる勇気を持つ物を
そもそも無くす」
というのも大事な事だ。

そのために無駄買いを
極力抑えて少しでも
捨てる物を減らしていこう。

最後に

私が公私ともに
順調に過ごしている人で
部屋が汚い人を見たことがない。

皆が整理整頓が行き届いていて
無駄なものがない。

あなたが少しでも人生を
より良いものにするためには
「捨てる勇気」は必要な
要素だと思う。

そこで今回紹介した
①「勿体ない」→「使わない」
と言いかえる

②1年使わなければ捨てる
③買う前から捨てる時の事を考える

この3つを意識して
生活してみてほしい。

今日から
あなたが捨てる勇気を持てば
気づいた時には想像も付かないくらい
楽しい毎日が待っているかもしれない。