生活改善

思考力の必要性や鍛え方について解説【思考力があなたを守ってくれる】

どうも、ぼんどです。

いきなりだが、
「あなたは思考力がありますか?」
この問いに素直に
Yesと言えるだろうか?

Yesと言える人は
この記事を読む必要はないが
Noと答えた人は
ぜひこの記事に目を通して欲しい。

思考力は今後さらに
必要となる力だ。

「思考力がない」
「思考力を鍛えたい」
「思考力を鍛えるメリットを知りたい」


そんなあなたの為に今回は
「思考力がこれから更に必要になる件」
というテーマで説明していく。

ぼんど
ぼんど
ぼんどです。Twitterもやってますので是非フォローお願いします。

思考力の必要性や鍛え方について解説【思考力があなたを守ってくれる】

思考力の必要性や鍛え方について
以下の3つのポイントで
解説していこうと思う。

①思考力は何歳からでも鍛えられる
②今から出来る思考力の鍛え方
③思考力を鍛えると悪いものから

 身を守れる

では詳しく説明していく。

ぼんど
ぼんど
思考力とは武器です!武器を持たないとこれから色んな悪い人が攻めてきますよ!!思考力を持って防衛しよう!

①思考力は何歳からでも鍛えられる

思考力は何歳からでも鍛えることが可能

「思考力がない」

という人は諦める必要はない。

「思考力は何歳からでも
鍛えることが可能」
だ。

今この瞬間から思考を鍛えていこう

現時点で思考力がないと
思っても諦める必要はない。

日本人は特に思考する力が
弱いと言われている。

その背景として日本教育は
思考力に関しての教育が
乏しかった事が原因だ。

点数重視の教育を
行って来たせいで我々の
思考力というのは
学校教育の中では
殆どが育まれていないのだ。

そこに気づいて個別に
思考力を鍛えている人はいるが
数は少ないと思う。

思考力を鍛えるのは
今からでも出来ると書いた通り
気づいた瞬間がスタートだ。

これからは協調性より
各個人の価値創出が大事になる
時代となってくる。

その時には
「自分で考えれる力=思考力」
が非常に大事になってくる。

【例】私も20代後半で気づいた

なぜここまで強く
思考力を鍛えること
を勧めるのか?

それは私も
20代後半で思考力の大切さに
気づいたからだ。

ただ淡々と与えられた
仕事を続けた人の行く末、
また退職した人が直面している
状況などをみていて
「このままでは同じ道を辿る…」
と危機感を感じたのだ。

そこからは
思考力に関する本などを読んだり
生活に取り入れることで、
少しは思考力は養われた思う。

そのお陰で、
様々な不安や怖れに対しても
冷静に思考力を巡らせながら
対処できるようになってきている。

諦める時間も勿体ない

「思考力があるのは一握りの人だけだ」
ここまで読んでこう諦めてる人も
いるかもしれない。

諦めるのは簡単だ。

でも確実に言えることがある。

それはどんな人でも
思考力は鍛えられるという事だ。


思考力の個人差はある事は認める。

それでもある程度の思考力を
身につけることは誰もが出来る。

実際に私でさえ少しずつ
身についているのだから
人間だれだって可能だ。

諦めようとしている
その時間さえも勿体ない。

危機感を感じているなら
今からすぐに思考力を
鍛え始めよう。

思考力はどこまでも鍛えられる

人間に与えられた脳は
どこまでも思考力を鍛える事が
出来るようで、それが人間に
与えられた特権なのかもしれない。

その思考力という特権は
今後ますます持つ人と
持たない人で格差が広がっていく。

あなたは思考力を
持つ人と持たない人、
どちらの生き方をしたいだろうか?

その選択も
自分の思考力でよく考えてみて欲しい。

②今から出来る思考力の鍛え方

今から出来る思考力の鍛え方

「思考力を鍛えたい」

というあなたの為に
ここからは具体的な
「思考力の鍛え方」
を紹介したい。

今回は身近で
確実に出来ることを
1つ紹介する。

日々の情報を疑う

身近で確実に出来る
思考力の鍛え方を紹介する。

それは
「入ってくる情報を疑う」
という方法だ。

日々流れてくるニュースや
新しい情報をあなたはただ
「そうなんだ…」
とそのまま頭に情報を
入れてはいないだろうか?

これからは頭に入る情報を
「なぜこの情報は発信されているのか?」
「発信されている意図は何か?」
「この情報は別の意図はないのか?」

など情報を疑うようにしてほしい。

結論、
流れているニュースが正しい
という事もあるかもしれないが、
ただ頭に情報が入っているのと
あなた自身が思考した上で入ってくる
それとは情報の質に大きな差がでる。

こうやって情報を疑うことを
繰り返すとある程度の思考力が
鍛えられると思うので
実践してみてほしい。

【例】この方法で痩せるという情報を疑う

情報を疑うもので
わかりやすい例として
「ダイエット法」
を挙げて説明する。

ダイエット法は
世の中に数え切れないほど
存在する。

実際に宣伝をみて
衝動でそのダイエット方法を
行ってみた人は沢山いるだろう。

でも衝動で行うだけでは
情報をただそのまま取り入れている
思考停止の状態だ。

ここで思考力を鍛えるために
情報を疑ってみよう。

ダイエット方法であれば
「科学的に効果は証明されているのか?」
「この方法は副作用はないのか?」
「効果があった人は合計何人いるのか?」

などあなたの頭で思いつく
限り疑ってみてほしい。

そうすると
そのダイエット方法が
あなたにとって必要なものか否か
ある程度の判断が出来るようになる。

こうやって
思考力を鍛えていけば
余計な時間の浪費や出費を
抑えることが可能になる。

情報を疑う練習を繰り返す

「情報を疑うといっても
そんな簡単にできない」

と思う方は正解だ。

今まで情報を疑わず
鵜呑みにして来た人が
いきなり出来るようにはならない。

思考力を「鍛える」
と書いた通り、
情報を疑う事も地道に
練習を繰り返していくしかない。

繰り返していくうちに
思考パターンとスピートが
どんどん養われていく。

そうなった時は
あなたの思考力は
確実に身に付いていっている。

先の姿を想像して
情報を疑う練習を
繰り返していってほしい。

情報を疑い正しい情報を選択する

様々な情報を鵜呑みにせずに
疑う癖をつけていこう。

そうすればあなたにとって
必要な情報、正しい情報が
あなたの思考力によって
選択できるようになる。

ぜひ今から
「情報を疑う」ことで
思考力を鍛えていって欲しい。

③思考力を鍛えると悪いものから身を守れる 

思考力は悪いものから身を守る武器

「思考力を鍛えるメリットを知りたい」

思考力の必要性を
改めて思考してみた。

その中で私は
思考力を鍛えるメリットは
「悪いものから身を守る武器」
だと考えた。

悪いものはあなたの思考力を奪う

悪いものは
「あなたを信じ込ませて
思考力を停止させる力」

を持っている。

「あなただけに特別に…」
「簡単に楽して…」

こんな言葉が世の中に
はびこっているのは
そのためだ。

そこに悪者の巧みな話術が
「これなら信じれるかも」
とあなたの思考を停止させにくる。

ここで必要なのは
あなたの思考力だ。


甘い話に
「ちょっと待てよ…」
「そんな上手い話があるのか…」

と一度立ち止まり思考力を働かせる。

そうして悪者を排除する武器として
あなたの思考力が大切になるのだ。

【例】失敗は思考力を養う

私も何度か甘い手口に
誘われて失敗をした経験がある。

でも
大きな被害ではなかったし
いい勉強になったと
今では経験して良かったと思っている。

そうやって何度か失敗して来た事で
思考力が養われたからだ。

流石に生活が全て崩壊するような
失敗は避けたほうが良いが、
もしあなたが思考を巡らせても
どうしても判断がつかない時は
「とりあえずやってみよう」
くらいの精神で挑んでもよいと思う。

そこでもし失敗しても
絶対によい「糧」となって
あなたに返ってくるはずだ!

あなたを守るのはあなた

「悪いものには近づかなければ良い」
と思っている人もいるだろう。

確かに悪いものに
近づかないのが一番良い。

でもあなたは
「どれが悪いものか?」
を判断できるだろうか?

悪いものは
最初から悪い姿をしていない。


最初はあなたを
信じ込ませるために
良い姿をしているものだ。

そんな時に判断するのも
やはり思考力を鍛えるしかない。

いつ悪いものは
あなたの近くにやってくるか
わからないので
今から思考力という武器を
鍛えておくことを強く
オススメしたい。

思考力という錆びない武器

思考力を武器と
あえて言っている。

それは思考力は
鍛えていけば錆びていく事が
ないからだ。

つなに思考力を鍛え上げていけば
最初の頃から何倍も何十倍も
強力なあなただけの武器になる。

ぜひとも
手に入れて自分の身を
守っていって欲しい。

最後に

思考力は生きる上で
なくてはならない物だと思う。

ただそれが養われていないのが
日本教育を受けてきた我々の現状だ。

今回紹介した
①思考力は何歳からでも鍛えられる
②今から出来る思考力の鍛え方
③思考力を鍛えると悪いものから

 身を守れる

この3つの事を常に意識して
あなた自身だけではなく
周りの友人や家族も守れる
武器としてほしいと願っている。