生活改善

【お願い】「仕事したくない…」と思った時に考えてほしい3つのこと

どうも、ぼんどです。

「仕事したくない…」
と誰しもが思ったことが
あるだろう。

でも
そんな気持ちにしっかり
向き合ったことはあるだろうか?

「仕事したくない」
「仕事のやる気がでない」
「本当は楽しく仕事したい」


こんな気持を抱えている
あなたに向けて今回は
「仕事したくない…と思った時に
考えてほしい3つのこと」
というテーマで紹介する。

ぼんど
ぼんど
ぼんどです。Twitterもやってますので是非フォローお願いします。

【お願い】「仕事したくない…」と思った時に考えてほしい3つのこと

あなたが
「仕事したくない」と
思った時に考えてほしい
3つのことは以下の通りだ。

①仕事したくない理由を書き出す
②徹底的に休む
③仕事に強みを活かせているか考える


では詳しく説明していく。

ぼんど
ぼんど
仕事をしたくないと思った時は「自分の気持ち」をしっかり理解することが大事です!

①仕事したくない理由を書き出す

気持ちを書き出すことから始める

「仕事したくない」

という気持ちを抱えている
あなたは正確にその原因を
理解できているだろうか?

まずはじめに
あなたにやって欲しいことがある。

それは
「仕事したくない理由を書き出す」
ことだ。

気持ちをそのまま留めてはいけない

よく
「メモを取れ」
「記録を残せ」

という言葉を聞かないだろうか?

それは
「人間の記憶力は頼りにならない」
「記憶は都合よく書き換えられる」

という理由がある。

特にネガティブな感情は
「他の都合いいことへの逃避」
「都合の悪いことの忘却」

という方向に向かいがちだ。

つまりは
「仕事しなくない」
という気持ちをそのまますると
「自分の楽しい事に逃げる」
「仕事したくない気持ちを忘れる」

という方向に向かってしまい
根本の解決にはならない。

解決するためには
「仕事したくない気持ちを書き出す」
ことでその感情をそのまま
逃避や忘却させないことが重要だ。

【例】気持ちを書き出して整理する

気持ちを書き出したら
整理していく必要がある。

ここからは私が
実際に取り組んだ時の
例を紹介する。

私が以前に
「仕事をしたくない」
感じた時に書き出した気持ちは
以下の通りだ。

・通勤するのが面倒だ
・細かい作業が嫌い
・人に聞くのが嫌だ
・上司とやり取りしたくない
・飲んだ次の日は面倒に感じる
・作った資料がボロクソに言われる


本当はまだまだあるが
とりあえずここまでにしておく。

次にそれぞれ
書き出した気持ちを整理していく。

【自分で解決できる問題】
・通勤するのが面倒だ
・飲んだ次の日は面倒に感じる


【能力的な問題】
・細かい作業が嫌い
・作った資料がボロクソに言われる


【人が関わる問題】
・人に聞くのが嫌だ
・上司とやり取りしたくない


このように整理ができた。

この中で次に
「すぐ解決できる問題」を考える。

すぐ解決出来る問題は
【自分で解決できる】だ。

「通勤するのが面倒だ」
という気持ちは
「通勤を楽しくする方法」
を考えれば良い。

「飲んだ次の日は面倒に感じる」
という気持ちには
「飲みすぎないようにする」
ことを意識すれば良い。

こうやって気持ちを
書き出して整理していくことで
一つずつ解決策が見つかるようになる。

変わりたいなら書き出す

「気持ちを書き出すのが面倒」
と思う人もいるだろう。

それでも構わない。

だた
「仕事したくない」という
気持ちをそのままにすると
また「仕事したくない」と
いう気持ちを繰り返して
堂々巡りを繰り返す。

少しでも
「仕事したくない」という
気持ちを解決したいなら
面倒でも気持ちを書き出そう。


今ある現状から変わりたいと
思うなら面倒だと思っても
書き出すくらいはして欲しいと思う。

気持ちを書き出して頭の中から出す

人間の頭は都合よく出来ている。

あなたを守るための
防衛本能でもある。

でもそれは
一時的な回避にしかならず
「仕事したくない」
という気持ちから
逃げたり忘れたりしても
根本解決にはならない。

どうか
根本解決のために
気持ちを書き出して
頭の中から出してあげる
事を意識してほしい。

そうすれば
「仕事しなくない」
という感情も少しずつ
減っていくだろう。

②徹底的に休む

徹底的に休めているか?

「仕事のやる気がでない」

というあなたは
「徹底的に休む」
ことも大切だ。

ただ殆どの人が
徹底的に休むことが
できていない。

仕事を忘れるくらい休む

私がオススメしたいのは
「仕事を忘れるくらい休む」
という事だ。

「仕事をしなくない」
という気持ちがある時に
心の片隅に少しでも
仕事の事が残っていると
ふとした時に仕事の事を
思い出してしまう。

そうならない為には
仕事を忘れる事が大事になる。

難しい事ではあるが少なくとも
「仕事を思い出すきっかけを減らす」
ことは誰にでも出来る。

例えば休みの時は
仕事道具を自分の視野に
入らない所においたり、
仕事を思い出すような
言葉や物は遠ざけるように
するだけで仕事を思い出す
きっかけは減らす事ができる。

そうやって
「徹底的に休む工夫」を
してみよう。

【例】徹底的に休む時のルール

私が
「徹底的に休もう」
と思った時のスタイルを
紹介するので一つの
参考にしてみてほしい。

「最低でも3日以上は休む」
「会社道具は見えない所にしまう」
「会社との連絡手段はオフにする」

この3つが私が
徹底的に休む時の方法だ。

最低でも3日以上は休む

私はどうしても
休みの1日目は仕事のことが
頭の中に残ってしまう。

そのため土日が休みでも
土曜は休みきれた気がせず、
日曜は月曜に備えて仕事のことを
思い出し始める…
これでは徹底的に休めない。

だからこそ3日以上は
休むことをオススメしたい。

1日目は仕事のことが頭に残るが
2日目は完全に仕事を忘れられる。

そして3日目は
また仕事に備える形になるが
2日目にしっかり休める効果は
とても大きいと感じている。

会社道具は見えない所にしまう

会社道具は
自分が見えない所にしまおう。

どうしても
会社用のバッグやPCなどが
目に入ってしまうと
会社の事を思い出してしまう。

そうすると
「徹底的に休もう」
と思ったのに台無しになってしまう。

仕事を思い出すきっかけは
徹底的に見えない所に
しまってしまおう。

会社との連絡手段はオフにする

常に休みでも会社携帯を
持っているという人も
いるのではないだろうか?

「急な連絡があるかもしれない」

そんな思いを常に抱えていては
充分に休めない。

いっそのこと
徹底的に休むと極めた時は
会社との連絡手段はオフに
してしまおう。

本当にどうしても急ぎであれば
どんな手段を使ってでも
連絡をしてくるものだ。

常に会社との連絡手段を
確保しておく必要はない。

徹底的に休むと決めたら
連絡手段もオフにする位の
気持ちで休もう。

あなたがいなくても仕事は回る

「自分がいないと仕事が
回らなくなる」

という不安を抱えている
人もいるのではないだろうか?

仕事熱心なのは良いことだが
「あなたがいなくても仕事は回る」
のが実態だ。

急遽担当の人が休んでも
どうにか周りの人で協力して
仕事を回せた経験は無いだろうか?

会社というものは
実際はそういうものだ。

もしあなたがいないだけで
仕事が回らなくなるなら
会社として崩壊している。

だから
「仕事したくない」
と思ってしまう時は
「自分がいなくても仕事は回る」
というくらいの考えで
徹底的に休むことを
優先してしまおう。

仕事より優先すべきは
あなたの健康やストレスケアだ
という事を忘れないでほしい。

仕事から徹底的に気持ちを切り離す

実は徹底的に休むことは
とても難しい。

でも
「仕事したくない」
という気持ちは膨らみすぎると
あなたの体調や精神に
大きな負担を掛けて
取り返しのつかない事に
なるかもしれない。

そうなってしまわないよう
「徹底的に休む」ことの
重要性をよく認識して
時には仕事から完全に
気持ちを切り離してほしい。

③仕事に強みを活かせているか考える 

強みを活かして仕事しているか?

「本当は楽しく仕事したい」

と言うあなたはそもそも
「あなたの強みを活かす仕事」
が出来ていないかもしれない。

自分の苦手な事を
無理やり気持ちを抑えて
取り組むから不意に
「仕事したくない」
という気持ちになって
いるのかもしれない。

強みを活かす=充実感に繋がる

「仕事をしたくない」
という人は仕事に充実感を
感じていない事が殆どだ。

充実感を得るには
自分の強みを活かす事が
効果が出やすい。

だからこそ
「仕事に強みを活かせているか?」
「自分の強みを活かせる仕事は何か?」

という事は常に考えるべき事だ。

そうやって
「仕事で自分の強みを活かす」
方向に仕事を近づけていけば
仕事したくないという気持ちも
少しずつ減っていくと思う。

あなたの強みを知る

そもそも
「自分の強みがわからない」
という人もいるだろう。

そんな人には
「ストレングスファインダー」
を受けることをオススメしたい。

ストレングスファインダーとは
自分の強みとなる5つの資質を
知ることが出来るテストだ。

そこで出てきた資質を
仕事に活用できているのか
検証してみる事をオススメする。

もし仕事に活かせていない場合は
「仕事に強みを活かす方法」を
ちゃんと考えていこう。

「ストレングスファインダー」
を受けるためには
・直接Webから
・書籍付属の受講コードから
受ける方法があるので
下記を参考にしてほしい。

※直接Webはコチラ
ストレングスファインダー

※書籍はコチラ

ストレングス・ファインダー

他にも
「ストレングスファインダー」の
活かし方に関しては過去に書いた
記事もあるので参考にしてほしい。

仕事以外に強みを活かしていく

「すぐに仕事に強みを活かせない」

確かに仕事の内容上
すぐに仕事に強みを
活かせない可能性もある。

そんなあなたは
仕事に以外に強みを
活かしてみてほしい。


そうすると仕事以外とはいえ
「強みを活かせている状態」が
あなたのストレスや不安を
軽減させる事に繋がる。

こうやって今まで
「仕事したくない」
という気持ちだけだった所に
「強みを活かせる」
捌け口が出来ることで
相乗的に仕事したくない
という感情も減る可能性がある。

ぜひあなたの強みがわかったら
「それを活かせる環境」
まずは探してみよう。

あなたの強みを理解しよう

仕事したくない理由は
あなた自身の強みを
理解していない事が
原因かもしれない。

どうか
あなたの強みを知り
仕事や生活に活かすことで
公私を相乗的に充実させる
方法を考えていってほしい。

最後に

「仕事したくない」
という気持ちは誰しもが
思う時がある。

そんな気持ちを
そのまま受け流してはいけない。

今回紹介した
①仕事したくない理由を書き出す
②徹底的に休む
③仕事に強みを活かせているか考える

という3つのポイントを
上手く活用して「仕事したくない」
と思った時に上手く対策してみてほしい。