生活改善

【お願い】ひと呼吸おいてあなたの働き方について考えてみませんか?

どうも、ぼんどです。

あなたは
今の働き方に満足しているだろうか?

恐らく「No」と答える人が
多いのではないかと思う。

「一生こんな働き方でいいのか?」
「働き方って変えれるのか?」
「今の働き方が全てだと思う」


と考えているあなたのために
「ひと呼吸おいてあなたの
働き方について考えてみませんか?」
というテーマで今回は書いていく。

ぼんど
ぼんど
ぼんどです。Twitterもやってますので是非フォローお願いします。

【お願い】ひと呼吸おいてあなたの働き方について考えてみませんか?

あなたには
以下の3つのポイントで
働き方を考えてみてほしい。

①何ために働いているか考える
②働き方の変え方
③今の働き方が全てではない


では詳しく説明していく。

ぼんど
ぼんど
一体あなたは何のために働いてるのでしょう?この機会によく考えてみましょう!

①何ために働いているか考える

今こそ働き方を考える時

「一生こんな働き方でいいのか?」

と思っているあなたは
チャンスだと思っていい。

もしいま疑問に思わなかったら
一生後悔していたかもしれない。

そこでまずあなたには
「何のために働いているか」
をしっかり考えて欲しい。

仕事は人生の大きな要素

仕事は人生の大きな
要素を占めて一生のうちの
かなりの時間を費やしているだろう。

そんな仕事に対して
「こんな働き方でいいのか?」
と感じているなら
あなたが変化を求めている時だと
考えてよい。

そこで考えるべきは
「何のために働いているか?」だ。

あなたは会社のために
働いているのではないはず。

自分や家族、
またはそれ以外にも目的があって
働いているのではないだろうか?

その目的に焦点をあてて
考えてみてほしい。

そうすれば
本当に今の仕事じゃなきゃだめなのか?
という考え方も出てくると思う。

その中であなたの本当の
働く目的を見出してほしい。

【例】自分の人生を俯瞰する

私が働き方で悩んだ時は
「人生を俯瞰する」
という事を意識している。

自分の人生を俯瞰すると
仕事は人生の一部でしかない。

仕事以外にも自分や家族、
そして自分の親など
人生において大切となる
ポイントたくさんある。

そんな大切なポイントみつけ
そこに働き方を結びつけていくと
あなたの本来の働く目的が
見えてくる。

因みに私は仕事を中心とした
人生は送りたいと思わない。

家族との時間を第一にして
その生活費を稼ぐために働く
というのが目的だ。

だから昇進や稼ぎも
家族と楽しく生活が出来る
バランスを大切にしたいと
思っている。

生活費のために働くは少し違う

「生活費のために働く」

もしあなたが
こういう考えだとしたら
もう少し深堀りをするべき
だと私は思う。

何で生活するのか?
誰と生活するのか?
どんな生活が送りたいのか?

もっとそのあたりを
深堀りしてみよう。

そのなかで私は
「家族との時間を第一にして」
という目的がつくようになった。

そうすれば
生活費も家族が食べていける分、
そしてたまには楽しみで
旅行などもしたいのでその分も
といった形で働く目的が
ちゃんとわかるようになった。

あなたの働く目的を探せ!

最初から働く目的は
なくても仕方ないと思う。

でも
「この働き方でいいのか?」
と思ったときこそ
働く目的を考える時だ。

探すのは大変かもしれないが
探せばちゃんと答えが出てくる。

そうやってあなたの
人生を少しでも楽しいものに
してほしいと願っている。

②働き方の変え方

働き方は変えれる!

「働き方って変えれるのか?」

と思っている人は
もう少し自己中になってほしい。

あなたの働く目的がわかれば
あとはその目的が叶うような
働き方を目指していけばいい。

それは単に転職だけではなく
今いる職場でもあなたの
考え方しだいでできるはずだ。

そこで私が考える
「働き方の変え方」
を紹介したい。

少しずつ変えていく

私がオススメしたいのは
「少しずつ働き方を変えていく」
という方法だ。

例えば
本当は家族と過ごしたいのに
毎週のように飲み会で遅くなるなら
3回に1回だけ断るようにする。

少しでも早く帰りたいなら
毎週10分ずつ変える時間を早めていく。

そうやって周りが気づかない位に
働き方を変えていこう。

本当はいきなり変えてしまった方が
あなたの目的に早く近づけるが
難しい場合は「少しずつ変える」
という方法はとても有効だと思う。

【例】あなたじゃないと出来ない!は無い!

私は以前は
職場の周りの人の目が気になり
なかなか変えることが出来なかった。

でもある時に
「この仕事は私である必要があるのか?
私がいなくなっても仕事はまわる。」
という考えを持つようになった。

これはあなたの仕事でも
言えることだと思う。

あなたじゃないと出来ない!
これはあなたの勝手な思い込みの
可能性がある。

そんなあなたに依存しているような
組織はいずれ瓦解してしまう。

ちゃんと会社は組織として
あなたが抜けても仕事は回るように
出来ている。

そんな仕事より
自分や家族の事のほうが
「あなたじゃないといけない」
ことがあるのではないだろうか?

そこを
よく考えてみて欲しい。

あなたの時間を大切にしよう

「上司や周りの目が怖い」

と思っているあなたは
一日1分でもいいから
自分のために早く帰るように
頑張ってみないだろうか?

周囲の目を怖がっているうちに
あなたに残された大切な時間は
刻一刻と減っている。

そんな周りに奪われている
暇なんてないのだ。

どうにかもう一歩
勇気をもって欲しい。

少しずつ変化を積み重ねよう

働き方を変えたいけど
いきなりは変えられない。

そういうあなたは
少しずつ変化を積み重ねてみよう。

そうすれば
必ずあなたの目的に
少しずつ近づいていくはずだ。

③今の働き方が全てではない

隣の芝生を見よう

「今の働き方が全てだと思う」

と何故か多くの人は
今の会社を全て、
今の働き方を全て、
と思い込みがちだ。

恐らくあなたはもう
「今の働き方が全てではない」
とわかっているはずだ。

そこもう少し深堀りしていこう。

働き方にも個性がある

人それぞれで
性格が違うのと一緒で
働き方も人それぞれで違う。

なのに日本の会社は
仕事を型やルールで
「みんな同じ」
を好む傾向がある。

もうそんな時代は終わった。

どうか上司や先輩の
考えに左右されすぎず
「あなたらしい働き方」
を考えるべきだと思う。

今のあなたが一番若い

会社の文化にそって
みんなで一生懸命に働き
プライベート犠牲にするのも
あなたの「目的」にそっているなら
何も言うことはない。

ただ、
それで自分が行きたかったイベント、
家族行事、そんな楽しみを犠牲に
してまで仕事をしたいだろうか?

今のあなたが一番若い。

本当はあなたがやりたかった事を
しなかった時間はもう二度と
戻ってこない。

本当にそこまでして
がむしゃらに働くのがよいのか?

よく考えてみてほしい。

子供の頃を思い出す

「仕事以外にやることがない」

というあなたは
恐らく忘れてしまっている
のかもしれない。

一度子供の頃を
よく思い出してみよう。

子供の頃に描いていた夢、
それにあなたは近づいているだろうか?

本心で
「仕事以外にやることがない」
という人はきっと自分の夢を
実現できている人た。

もしやることがなくて
「仕事以外にやることがない」
と思っているならその人生は
とても勿体ない。

今から振り返って
あなたが子供の頃に
ワクワクしたことや
やりたかったことを
思い出してみよう。

きっとその中にヒントがある!

今の働き方が全てと決めつけない!

人はそれぞれ違うから面白い。

それなのに仕事だけは
会社の型にはめてしまっては
働き方で悩むのも仕方がない。

どうか視野を広げて
「違う働き方があっていい」
と思う気持ちをもって欲しい。

最後に

今は働き方改革を
国全体で推し進めているから
あなたの働き方は勝手に
変わっていっているだろう。

でも本当に必要なのは
あなたがどのようにして
「働きたいか?」なのだ。

今回紹介した
①何ために働いているか考える
②働き方の変え方
③今の働き方が全てではない

という3つのポイントは
あなたが今後の働き方を
真剣に考える時に参考になるはずだ。

どうかあなたは
自分の働き方に悩んだタイミングで
いいのでこの記事が少しでも
あなたの役に立つことを願っている。