生活改善

【必読】社会人のあなたが勉強のやる気を出す方法

どうも、ぼんどです。

あなたは
社会人になったら勉強しなくていい…
と就職する前は思っていたのでは
ないだろうか?

でも実際は社会人になっても
勉強することは多いだろう。

ただ、勉強をするにも
「勉強のやる気がでない」
「勉強に集中できない」
「勉強がつまらない」

と悩んでいる人もいる。

そこで今回は
「社会人のあなたが
勉強のやる気を出す方法」
を紹介したい。

ぼんど
ぼんど
ぼんどです。Twitterもやってますので是非フォローお願いします。

【必読】社会人のあなたが勉強のやる気を出す方法

社会人のあなたが
勉強のやる気を出す方法を
以下の3つのポイントから
お伝えしたい。

①1日5分だけやる
②通知設定を全てoffにする
③やりたいことを考え直す


では詳しく説明していく。

ぼんど
ぼんど
社会人になってからの勉強はいかにして「短期集中」できるか?だと思います!

①1日5分だけやる

1日5分だけ勉強しよう

「勉強のやる気がでない」

どうしても
社会人は仕事で疲れた状態で
勉強をすることになり
時間を作るのが大変だ。

それでも
重い腰をあげないと
いけない時がある。

そんな時に意識してほしいのが
「1日5分だけやる」
という考え方だ。

1日5分は誰にでも作れる時間

どんなに忙しい人でも
「1日5分」なら時間を
作ることは可能だろう。

「お手洗いの時間」
「昼休みの時間」
「SNSを見てる時間」
「通勤時間」


このような時間の中から
1日5分を作り出すことが
出来ると思う。

また、
人間は重い腰をあげると
その後はちゃんと動けたりする。

だから1日5分と思って
はじめた勉強も気づけば
1時間、2時間と続けれた
ということもあり得る。

だからこそ無理矢理でも
1日5分を意識して
重い腰をあげてみてほしい。

1日5分の積み上げは大きな効果

1日5分というのは
1日の中では僅かな時間だ。

でも
1年続ければ1825分だ。

1日は1400分なので
まる1年のうち1日以上を
勉強に使えたことになる。

この積み上げ効果は本当に大きい。

1日0分なら1年で0分、
1日5分なら1年で1825分、
その差がいかに大きいか
あなたにもわかるだろう。

無駄な時間は必ずある

「1日5分も時間が作れない」

というあなたは
時間の使い方から見直すべきだ。

先ほども書いた通り
「お手洗いの時間」
「昼休みの時間」
「SNSを見てる時間」
「通勤時間」

などの時間から
必ず5分は作れるはずだ。

特にSNSは
本当に見る必要があるだろうか?


1日で何時間もSNSばかり
見ていないだろうか?

SNSを見るだけで
あなたの生活は良い方向に向かうのか?

それなら
1日5分でも勉強したほうが確実に
あなたの生活を良くしてくれるはずだ。

1日5分はただの5分ではない

1日5分…たった5分だ。

5分だけでも勉強に時間を
作れだけいい。

1日5分を積み上げていくのも
効果がある。

1日5分すれば
そこからやる気が出てきて
5分より多く勉強を
続けれるかもしれない。

1日5分はただの5分ではなく
あなたにとって「宝物」となる
貴重な5分だ!

②通知設定を全てoffにする

通知設定という魔物

「勉強に集中できない」

というあなたは
なぜ集中できないのか?
をまず考えてみよう。

「スマホが気になって」
「テレビか気になって」

という視界に入るもの
集中の妨げになっているなら
勉強する時は遠ざけるべきだ。

しかし、
遠ざけてもダメなケースがある。

それが「通知設定」だ。

勉强をする時は
「通知設定を全てoffにする」
ことをあなたには徹底してほしい。

集中力を取り戻すのは大変

1度途切れてた集中力は
それを取り戻すために
集中力を使ってしまう。

途切れた集中力を取り戻すのに
どんなに早くても5~10分は
掛かると言われている。

せっかく勉強に集中しはじめたのに
スマホの通知が気になって見てしまう。

そしてまた勉強に集中するのに
5~10分かかる。

それを繰り返すと
1時間で終わるはずも勉強も
2時間、3時間と伸びてしまう。

それでは次に勉強しようと思っても
「また2時間,3時間もやるのか」
「長い時間は勉強したくない」

とやる気が出なくなってしまう。

そうならない為にも
「通知設定を全てoffにする」
ことで短期集中できるような
環境を作り出そう。

【例】スマホの電源をOffにする

私は勉強する時に
「スマホの電源をOffにする」
ようにしている。

アプリごとに
通知設定のOffも出来るが
いちいちOn/Offを
切り替えるのは面倒だ。

だから物理的に
スマホの電源を切ってしまうのが
一番手間がない。

勉強の間にスマホの電源を
Offにしたところで影響は
ほとんどないので是非とも
あなたもやってみてほしい。

「返信遅い」で悪くなる関係は切る

「通知をoffにして返信がないと
人間関係が悪くなる」

そんな事で関係が悪くなる
人間関係ならあなたから
関係自体を切ってしまって
よいと思う。

あなたがせっかく集中を
しようと思っていて
通知を切ったのに
「何故すぐ返信してくれない」
「あえて無視してたんだ」

といういうような人は
あなたの時間を奪う存在でしかない。

そんな人は確実に
あなたに悪影響を与える。

すぐに関係を切るか、
無理であれば極力距離を
置くようにしよう。

通知設定は全てOffにしよう

勉強のやる気を出すなら
通知設定は全てOffにしよう。

2時間、3時間だらだらと
他に気を取られながら
勉強をするより
1時間しっかり勉強に
集中したほうが時間効率も
確実に良い。

③やりたいことを考え直す 

その勉強はあなたがやりたいこと?

「勉強がつまらない」

というあなたはそもそも
「その勉強はあなたが
やりたいことなのだろうか?」


もしかしたら周りに影響されて
意味のない勉強をしている
可能性もある。

勉強にやる気がでないときは
「やりたい事を考え直す」
ことをしてみよう。

あなたがその勉強をする目的は?

「目的のない勉強はやる気がでない!」

そんなのは当たり前…
と思うかもしれないが
案外目的のない勉強を
している人は多い。

「本当にその勉強は必要か?」
「自分がその勉強をする意味は何か?」

を改めて考えてみよう。

本当にあなたに目的があって
必要だと思うならおのずと
やる気も出てくるはずだ。

【例】英語を勉強する目的は?

社会人の多くが勉強として
取り組んでいることの一つとして
「英語」の勉強がある。

でもほとんどの人は
続かずに終わってしまう。

それは
「英語を必要としていない」
からだ。

日常生活で英語を使う頻度が
少ない人が英語の勉強をしても
最初はやる気があっても
徐々にやる気は下がっていく。

本当に英語を勉強したいなら
英語を使う目的を考えたり
英語を使う環境を作ったり

する事が先だ。

そうそれば英語の必要性が
出てくるので否が応でも
やる気が出て英語を勉強するだろう。

好きなことから勉強する

「勉強する目的がない」

というあなたは
好きなことから勉強の
目的を探してみてはどうだろうか?

例えば漫画が好きなら
イラストの勉強をしてみたり、
その漫画のストーリーに関連する
内容を勉強してみるといい。
(歴史漫画なら歴史の勉強など。)

そうやって勉強しようという
習慣をつけていけば
勉強自体の抵抗感がなくなり
他の勉強も無理なく
取り組めるようになるだろう。

勉強する目的を考え直そう

目的のない勉強は
やる気も出ないし
時間の無駄になるかもしれない。

あなたには勉強する時は
「その勉強をする目的や必要性」
をよく考えてから取り組み始めて
ほしいと思う。

最後に

私は勉強は
一生続けるべきだと思っている。

楽しく勉強するためには
勉強を習慣化して
少しでもコツコツやること、
そして自分に意味のある
勉強をやることが必要だと
考えている。

今回紹介した
①1日5分だけやる
②通知設定を全てoffにする
③やりたいことを考え直す

という3つのポイントを
上手く活用することで、
あなたが勉強を全力で
やる気を出して取り組める
ことを私は願っている。