生活改善

【実証済み】あなたが無駄遣いしない人になるための3つのポイント

どうも、ぼんどです。

あなたは
毎月のように給料日を
首を長くして待つタイプだろうか?

気づけば出費がかさみ
給料日までの数日をギリギリで
過ごしていないだろうか?

「気づいたら無駄遣いをしている」
「給料日まで毎月カツカツだ」
「出費の管理は面倒くさい」


こんなあなたに向けて今回は
「あなたが無駄遣いをしない人に
なるための3つのポイント」
というテーマで紹介する。

ぼんど
ぼんど
ぼんどです。Twitterもやってますので是非フォローお願いします。

【実証済み】あなたが無駄遣いしない人になるための3つのポイント

あなたが
無駄遣いしない人になるための
3つのポイントは以下の通りだ。

①買う前に3回「本当に必要か?」と悩む
②毎月の固定費を見直しする
③極力クレジットカード払いをする


では詳しく説明していく。

ぼんど
ぼんど
この3つの方法は私が実際に試して効果が出たものなので、あなたも無駄遣いを減らせる可能性大です!

①買う前に3回「本当に必要か?」と悩む

その買い物は本当にあなたにとって必要か?

「気づいたら無駄遣いをしている」

というあなたは
もう少し欲しい物を買う時に
迷う必要がある。

私も実際に使っている方法として
「買う前に3回本当に必要か悩む」
という事を実践してみてほしい。

あなたの前には沢山の誘惑がある

無駄遣いの内訳をみてみると
「衝動買い」だったという物が
大半を占めるのではないだろうか?

それは仕方のないことだ。

売る側も色んなテクニックを使い
売るものを魅力的に見せてくる。

そして
あなたはそんなセールステクニックを
使われて商品を買いたい気持ちになる…

そうやって衝動買いになるのを
防ぐには基本ではあるが
自分自身で身を守るしか無い。

そのためにまず必要なのは
「自制心」だ。

都合よく必要な時だけ
自制心が働くとうことは無いので
何かを買う時には必ず
「本当に必要なものか?」
と3回悩むようにして欲しい。

それだけでも
無駄遣いはかなり抑えられる
ようになるはずだ。

【マイルール】買ったら生活が改善されるのか?

当然私も
「本当に必要なものか?」
と買い物をする度に3回は
悩むようにしている。

また必要か否かの基準として
「買ったら生活が改善されるのか?」
というポイントを重視している。

「これを買ったら○分は削減できる」
「これを買ったら作業効率が上がる」

など生活改善に結びつくか否か?
というのが基準だ。

そんな生活を続けていくうちに
洋服などを中心に頓着がなくなり
いつも似たような服を着ているが…
私はそれでも良いと思っている。

お陰で無駄な出費は確かに減った。

趣味への出費は問題ない【ただし、よく考える】

「必要なものばかりだったら
趣味や娯楽にお金が使えない」

とここまで読んで思ったあなたへ。

趣味や娯楽も「必要だ」と
感じるなら出費して構わない。

あくまで気をつけて欲しいのは
「無駄な出費」だ。

趣味や娯楽を捨てて
ストレスを貯めてはかえって
反動で出費が増える可能性がある。

ストレスを溜め込まない程度に
趣味や娯楽で本当に必要だと
思うものには出費をしてほしい。

重要なのは
「出費しなければ良かった」
という後悔を避けること。

そのために
「本当に必要か?」
と3回考えてほしい。

3回考えるだけであなたの財布の中身が変わる

なぜ
「本当に必要か?」
と3回悩む必要があるか最後に伝えたい。

人は買う時に
「自分が買いたいと思う」
「相手のセールスにのせられる」
「購入直前の緊張を味わう」

基本はこの3段階があると思う。

だから各3段階で「本当に必要か?」
と悩んで貰いたいのが狙いだ。

気づけば一気に購入直前に
なっていることもあるかもしれないが、
「とにかく3回悩んでみよう」
とだけ忘れないでくれればOKだ。

それだけであなたの財布の中身は
大きな変化があると思っている。

②毎月の固定費を見直しする

あなたが無意識で出費している「固定費」

「給料日まで毎月カツカツだ」

というあなたは
もしかしたら目の前の
出費ばかりに気を取られて
いないだろうか?

実はあなたが払っている
「毎月の固定費を見直しする」
ことで改善できるかもしれない。

無駄な固定費はないか?

あなたが払っている固定費を
ざっと上げてみてほしい。

・携帯の通信料
・家賃
・水道光熱費
・動画見放題のサービス

上記のものは
当てはまる人が多い項目だ。

この中で
無駄に固定費を支払っている
項目はないだろうか?

携帯であれば
「毎月契約の容量まで使っていない」
家賃であれば
「使っていない部屋がある」
水道光熱費であれば
「無駄に使用している時がある」
動画見放題のサービスであれば
「全然見ていないのに契約している」

こんなように
毎月何も考えないで払っているが
実は無駄な支払いではないか?
というものも沢山ある。

また固定費を抑えれると
その後の月も継続して出費を
抑えれる効果も大きい。

仮に月3,000円の固定費を削れれば
年間で36,000円の削減になる。

だからこそ無駄遣いしないために
「固定費の無駄遣いから見直す」
ことは需要だと私は感じている。

【例】私の固定費見直し

私の固定費削減の見直しを
例としてあげると
「携帯の通信料の見直し」と
「水道光熱費の見直し」は
非常に効果があった。


それぞれの見直し方法は
過去の記事で説明しているので
ぜひ参照して欲しい。

※携帯の通信料の見直しはこちら↓↓

※水道光熱費の見直しはこちら↓↓

ストレスの無い生活水準は保つようにする

「固定費を削減すると
生活環境が悪くなるかも」

と考えている人もいるだろう。

その点に関してはあくまで
「ストレスの無い生活水準を保つ」
範囲で固定費を見直してほしい。

もし携帯の通信量を下げて
日頃のコミュニケーションが
取れなくなっては意味がない。

もし水道光熱費を下げて
毎日の生活が不便になっては
意味がない。

私が先ほど紹介した2つの
過去の記事もあくまで
ストレスが掛からない程度で
固定費を下げる事をポイントと
している。

ぜひ参考の一つにして
うまくあなたの生活水準にあわせて
固定費を削減してほしい。

削れる固定費を常に意識しよう

固定費は一度削減したら
OKという訳でない。

次々と色んな固定費が
あなたのお財布を苦しめている。

常に
「この固定費は本当に必要か?」
と意識する癖をつけて
固定費の削減に取り組んでほしい。

③極力クレジットカード払いをする 

全ての支払をクレジットカードにする

「出費の管理は面倒くさい」

と言うあなたは
「極力クレジットカード払いをする」
ことを心がけてみよう。

クレジットカード払いにすれば
出品の管理も簡単に出来る。

クレジットカードの「支払明細」を利用する

あなたの日常の支払いを
クレジットカード支払い
にすると何故良いのか?

それは
「支払明細=家計簿」
になるからだ。

支払明細を毎月チェックすれば
何に出費しているかが
一目瞭然になる。

また自分で家計簿を付ける
手間もなくなるのは非常に便利だ。

ぜひとも
クレジットカードの支払明細を
家計簿として有効活用してみよう。

支払明細から削れるポイントを探す

私も実際に
クレジットカードの支払明細は
有効活用している。

固定費なども含めて
クレジットカードで支払い
出来るものは全てそうしている。

そうすれば毎月の支払いで
出費が多かったものがわかるので
今後の対策が打てるようになる。

特に固定費は見直しがしやすく
月々の費用をみて
「今月はどれを削ろうか?」
と考えるのが一つの趣味となって
来ているくらいだ。

あなたは趣味にまでしなくていいので
定期的に明細を見る癖をつけてほしい。

利用額の限度額設定をしておく

「クレジットカードだと
使いすぎてしまうから怖い」

と自分の自制心のなさから
クレジットカードの利用を
遠ざけている人もいるかもしれない。

そんなあなたには対策として
利用額の「限度額設定」を
しておく事をオススメしたい。

限度額設定をすれば
上限に達した時点で
クレジットカードが
利用できなくなるので
使いすぎを防ぐことが出来る。

先ほども書いた通り
出費を抑えるためには
クレジットカード払いをする
メリットは充分にあるので
上手く限度額設定をしながら
使いこなしてみてほしい。

クレジットカードの支払明細を使いこなそう

家計簿アプリなどを
利用している人もいるが
私はクレジットカードの
支払明細があれば充分だと思っている。

自分で入力する手間も省けるし
クレジットカードはポイントの
付与もありメリットは大きい。

ぜひあなたにも
クレジットカードの支払明細を
使いこなして「無駄遣いをしない」
方法を見出してほしいと思っている

最後に

無駄遣いしない方法は沢山ある。

ただどれも
長続きしなかったり
面倒だったりすることが
ほとんどだったりする。

そうならないため今回は
①買う前に3回「本当に必要か?」と悩む
②毎月の固定費を見直しする
③極力クレジットカード払いをする

この3つのポイントに絞って紹介した。

実際に面倒くさがりの権化である
私が継続的に出来ているくらいなので
あなたなら問題なく取り組めるはずだ。

ぜひ紹介した3つのポイントを
活かしてお財布事情に困らない
人になって欲しいと願っている。