生活改善

サラリーマンのあなたにオススメしたい眠気を覚ます方法【実証済み。効果◎】

どうも、ぼんどです。

サラリーマンは日々
企業戦士として戦っているが
もう一つ戦っているものがある。

それが「眠気」だ。

日頃の疲れなどがたたり
仕事中に眠気がおそってきた…
というのは誰もが経験している
ことだと思う。

また、つまらない会議や
打ち合わせで気づいたら眠っていた…
なんてこともあるだろう。

そこで今回は
「仕事中に眠くなる」
「夜しっかり睡眠しても仕事中眠い」
「眠気を覚ましたい」

という悩みに対して
「サラリーマンのあなたにオススメしたい
眠気を覚ます方法」
を紹介する。

この記事では私の経験をもとに
①仕事中に眠気におそわれる主な原因
②寝具を見直す
③眠気を覚ます方法

という3つのポイントで紹介していく。

この記事を読めば仕事中の眠気から
少しでも解放されるはずだ。

ぼんど
ぼんど
ぼんどです。Twitterもやってますので是非フォローお願いします。

ぼんど
ぼんど
仕事中の眠気は根本原因から解決すれば眠気も覚ます必要もなくなります!!

①仕事中に眠気におそわれる主な原因

仕事中の眠気の主な原因は3つ

「仕事中に眠くなる」

というあなたには
「仕事中の眠気の主な原因は3つ」
をまずはよく理解してほしい。

睡眠の質、食べすぎ、運動不足が原因

1)睡眠の質が悪い
2)昼に食べすぎている
3)運動不足


私の経験上からも、
本などの情報からも
仕事中に眠気がおそってくる人は
この3つのどれかが当てはまっている
可能性が非常に高い。

では詳しく説明していく。

1)睡眠の質が悪い

仕事中に眠くなる原因として
そもそも普段の睡眠の質が悪い
可能性がある。

あなたに合わない
枕やマットなどを使っている
ことでスッキリ眠れていないから
仕事中に眠くなっている可能性が高い。

ではどうすれば
睡眠の質が良くなるのか?

詳しく書くと長くなるので
以前に書いた記事のリンクを貼るので
参考にしてほしい。

2)昼に食べすぎている

昼にたくさん食べて満足…
なんて生活をしていないだろうか?

昼に食べ過ぎると
血糖値が急激にあがり
消化のために内臓にエネルギーが
使われるため脳にいくべき
エネルギーが少なくなる。

そのため
脳の機能が低下して眠くなるのだ。

もし仕事中の眠気に
おそわれたくないなら
昼の食事は少なめか
腹八分目に抑えるようにしよう。

3)運動不足

運動することは
「疲れにくいカラダ」
を作ることにも繋がる。

疲れを取るにはカラダを
休息の時間が必要になり
そのためには睡眠の量も
増えていく。

つまり運動不足は
眠気におそわれやすい
カラダにしているようなものだ。

過度な運動はせずに
日頃から少しでもいいので
適度に運動するように心がけてほしい。

そうすれば眠気が来ない
カラダに変化していくはずだ。

どんな運動が良いかについては
以前まとめた記事があるので
リンクを参考にしてほしい。

即効性はないが大事なこと

「知りたいのは仕事中の
眠気を覚ます方法だ」


という声が聞こえてきそうだが
一時的な対策より必要なのは
根本解決な眠気の解消だ。

そのためには
今の生活習慣にある
問題点を解決することが
何よりも重要だと思う。

だから私は最初に
眠気の原因をあなたに
理解してほしいと思って
「仕事中の眠気の主な原因は3つ」
を紹介している。

どうか目先の解決策を
探すのでなく、眠気の根源から
解決する目線を持ってほしい。

大事なのは根本解決

1)睡眠の質が悪い
2)昼に食べすぎている
3)運動不足


仕事中に眠気を感じる人で
この3つのどれか当てはまる
ものがすぐに解決に向けて
対策をしよう。

そうすることが
長い目でみて眠気を覚ます
一番の解決策になる

②寝具を見直す

枕やマットなど寝具を見直す

「夜しっかり睡眠してても
仕事中眠くなる」

という悩みを抱えるあなたは
「枕やマットなど寝具を見直す」
ことを真剣に考えてほしい。

眠る環境が悪いと疲れるだけ

あなたが寝る意味はなぜか?

それは頭やカラダを休めて
疲れを取るためではないだろうか?

それなのに寝る環境が悪いと
頭やカラダの疲れを取ることができない。

そして仕事中にそのツケとして
眠気がくるのだ。

仕事中に眠気を悩まないためには
寝る環境をしっかりと整えて
睡眠の質を上げることが重要だ。

【例】私が眠る環境で気をつけている点

実際に私が眠る環境で
気をつけている点を紹介するので
参考にしてほしい。

1)枕は自分にあってるか?
2)部屋は乾燥してないか?
3)温度は最適か?


この3つが眠る環境で
もっとも気をつけるべき点だと
考えている。

1)枕は自分にあってるか?

脳は人間の一番重要な部分だ。

その脳がしっかり休めないと
ずっと疲れは取れない。

だからこそ頭を休める
枕は自分に最適なものを
選ぶようにしている。

オーダー枕で高さや硬さなど
自分に最適なものを探して
みてほしい。

最初はアマゾンで
ある程度カスタマイズできる
枕があるのでそちらを
使いつつあなたに合うものを
探していくのが良いと思う。

2)部屋は乾燥してないか?

乾燥は眠りを妨害する大敵だ。

喉が乾燥して途中で起きたり
水分が奪われて体調が悪くなったり
と良いことはない。

常に眠る環境の湿度はあなたが
快適に眠れるように最適に
しておくように心掛けよう。

特に乾燥する冬などは
ちゃんと加湿器をおいて
湿度をキープすることをオススメする。

3)温度は最適か?

最後は湿度と合わせて
温度も必要だ。

寒すぎても暑すぎてもだめ。

つねに最適に気温を保って
1年中どんな時期でも同じ
睡眠の質が保てるように
注意してみてほしい。

その眠気はすべて夜の睡眠が原因

「何をしても仕事中は眠い」
と睡眠の質を上げても
眠気がある人もいると思う。

その人はもう少し
原因になるものを探してほしい。

仕事中に眠気が来るというのは
まだ睡眠の質に問題があると思う。

例えば
「遅くまでテレビやスマホの光を見ている」
「カラダがリラックス状態になる前に
睡眠に入っている」
などまだ改善できる余地が
あるかもしれない。

まだ仕事中に眠気がある人は
睡眠の質に改善点があると思って
色々と試してみてほしい。

眠る環境に投資をしよう!

眠る環境は投資をしよう!

仕事中に眠気におそわれて
効率が悪くなれば、
その分を残業でまかない
家に帰るのが遅くなる。

そして睡眠時間が少なくなり
更に仕事中ねむくなる。

こんな悪循環になる
可能性が高いのだ。

睡眠の質を高めることは
あなたの生活向上の全てに
繋がるのでちゃんと眠る環境には
投資をしよう!

③眠気を覚ます方法

一時的に眠気を覚ます方法

「眠気を覚ましたい」

というあなたには
一時的に眠気を覚ます方法
を紹介する。

これを最後にしたのは
眠気を覚ますには
根本的な原因を解消することが
重要だからだ。

とはいえ、
体調によっては仕事中に
眠くなる事はあるので
そんな時に使える眠気を
覚ます方法を紹介する。

一時的な眠気の覚まし方3選

1)ガムを噛む
2)事前に10~15分だけ寝る
3)ストレッチをする


どうしても仕事中に眠気を
覚ましたいときは
この3つの方法が一番効果がある。

詳しく説明していくので
ぜひ参考にしてほしい。

1)ガムを噛む

ガムを噛んで口を動かすことで
眠気を一時的に覚ます事が可能だ。

またミントなど
クール系のガムを噛むことで
更に効果が得られる。

私のオススメのガムの
リンクを貼るので
どのガムが良いか悩む人は
参考にしてほしいと思う。

2)事前に10~15分だけ眠る

どうしても眠い時は
少しでも眠るのが一番だ。

もし長い会議などがあれば
事前に10~15分だけでも
眠ると会議中に眠気に
おそわれにくくなる。

事前に眠気におそわれそうと
予測できる事があるなら
昼休みなどの時間を使って
眠るようにしてみよう。

3)ストレッチをする

例えば座りっぱなしで
カラダの動きがないと
血液循環がわるく
眠くなることがある。

その解決策として
ストレッチが効果的だ。

特に大きな血管が通っている
太ももや背筋などを
ストレッチで伸ばしてみよう。

そうすれば眠気が
一時的に覚めることが出来るはずだ。

根本解決を忘れずに!

ここでは一時的な
眠気の覚まし方を紹介したが
改めて「根本解決を忘れずに!」
という事を伝えておく。

眠気を一時的に覚ますより
仕事中に眠気がこないように
することが大事だ。

そのためには冒頭で
紹介したように原因の理解と
その解決をすることを
忘れないでほしい。

どうしても眠い時に使おう!

仕事中どうしても眠くて
仕方ないことはあるし、
会議など眠ってはいけない
場面はあるはずだ。

何度も口をすっぱく言うが
一時的な眠気覚ましは
根本解決にはならない。

どうしても眠いけど
眠気を覚まさないといけない時に
紹介した眠気覚ましの方法を
あなたには試してほしいと思う。

最後に

今回の記事は
仕事中に眠気におそわれるけど
対処がわからない人に向けて
少しでも解決に繋がってほしいと
思って書いている。

①仕事中に眠気におそわれる主な原因
②寝具を見直す
③眠気を覚ます方法

この3つのポイントを
よく理解してあなたが
仕事中の眠気に悩まされない
人になっていく事を願っている。