生活改善

【必見】あなたのサボり癖をなおす方法【5分だけ動く】

どうも、ぼんどです。

あなたは
サボり癖のあるタイプだろうか?

私はめちゃくちゃある。笑

でもそんな私でも
サボり癖を克服してきた。

「サボり癖をなおしたい」
「周りの人にサボり癖がある」
「サボりたい気持ちが抑えられない」


こんなあなたに今回は
「あなたのサボり癖をなおす方法」
を紹介していく。

ぼんど
ぼんど
ぼんどです。Twitterもやってますので是非フォローお願いします。

【必見】あなたのサボり癖をなおす方法【5分だけ動く】

あなたのサボり癖をなおす方法を
以下の3つで説明していく。

①5分だけ動く癖をつける
②サボり癖のある人から離れる
③サボると将来は後悔する


では詳しく説明していく。

ぼんど
ぼんど
後でやろうは絶対やらない!今やるべきことはいまやろう!

①5分だけ動く癖をつける

5分だけ動く癖をつける

「サボり癖をなおしたい」

と思っているあなたには
「5分だけ動く癖をつける」
ことを強くおすすめしたい。

重い腰をあげると動き出す

人間は今ある環境を
維持しようとしたがる生物だ。

だから
「何かしよう」
という変化も出来る限り
避けるように出来ている。

その点では
サボり癖は人間の習性と
いっても仕方ない点もある。

それを改善する方法は
最初にとにかく動き出す
しかないのだ。

もし動き出したら
今度はその行動を
維持しようとする。

つまり最初に
動き出せば途中でサボる
ということは殆どないのだ。

だから最初の動き出しを
スムーズにするために
「5分だけ動く癖をつける」
ようにすれば良い。

【例】面倒な資料作り

私も仕事をするなかで
資料をつくるのを面倒だと
思うことがある。

そしてサボって
口頭説明で済ませようとすると
だいたい失敗する。

その失敗を繰り返さないように
「5分だけ動く癖」
を実践している。

面倒な資料も
5分だけでも資料の材料になる
データを開くようにしている。

そうすると
自然に資料作りに入るようになり
面倒だと思っていた資料作りに
着手できるようになる。

5分だけ動くは今すぐ出来る

「明日からやろう」

と考えているあなたは
それもサボり癖のある状態と
変わりがない。

明日やろうはサボり癖の
ある人がよく言うセリフだ。

あなたには今この瞬間から
「5分だけ動く癖」
を意識しはじめてほしい。

明日からでは遅いし
そんな意識ではずっと
サボり癖は治らない。

何ごとも5分だけ!

私は自分の事を
サボり癖を集めきって
出来た人間だと思っている。

そんな私でも
「5分だけ動く癖」
によってサボり癖を回避して
ものごとに取り組めている。

それほど5分だけの効果は凄いので
ぜひあなたにも試してみてほしい。

②サボり癖のある人から離れる

サボり癖のある人から離れる

「周りの人にサボり癖がある」

というあなたにはすぐに
「サボり癖のある人から離れる」
ようにしてほしいと思う

サボり癖はあなたにうつる

人は今いる環境に影響を受ける。

つまりあなたの周りに
サボり癖がある人がいるなら
その影響を受けるのだ。

もし逆にあなたが
皆がきっちりやる
「サボらない環境」
にいたらあなたも
サボらないだろう。

もし周りがサボる環境なら
「サボっても良いんだ」
とあなたもサボるようになる。

それだけ環境というのは大事だ。

【例】サボり人間は巻き込んでくる

私も人の事を言える立場に
ないかもしれないが、
サボり人間は他人を
巻き込む力が凄い。

どんどんと周りの人を
同じサボり人間としていく。

これは私の経験だが
私もサボり癖のある人間、
そして同僚もサボり癖の
ある人間だった。

その瞬間は相性もよく
人間的には楽しかったのだが
仕事は全く進んでなかった。

その処理が後になって
ツケに回ってきて苦労したのを
今でも覚えている。

だからあなたにはすぐに
サボり人間からは離れてほしい。

成長したいなら離れろ

「サボり癖はあるけど良い奴だ」

という人が周りにいる人は要注意だ。

その瞬間は楽しいかもしれないが
本当にサボり癖のある人は
あなたにいい影響を与えない。

すぐに離れるべきだと言っても
良いくらいだと思う。

本当にあなたが
成長したい、変化したい
と思っているなら
すぐにサボり人間からは
離れるようにしよう。

サボり人間からは離れる

あなたのいる環境は
あなた自身で決めていこう。

人柄が良いからと言って
あなたにいい影響を
与えるとは限らない。

あなたには是非とも
「何故その人と付き合ってるのか?」
をよく考えて人間関係を
築き上げてほしいと思う。

③サボると将来は後悔する

サボると将来は後悔する

「サボりたい気持ちが抑えられない」

というあなたは
「サボると将来は後悔する」
ことをしっかり認識してほしい。

あの時やっておけば…という後悔

サボり癖のある人の
よく言う言葉はこれだ。

「あとでやろう」
「明日やろう」


あなたにも思い当たる節が
あるかもしれない。

サボり癖を言い換えると
「問題を先送りにする力」
だとも言える。

そんな人が過ごす将来は
はたしてどうなるだろうか?

「あの時やっておけば…」
「もっと若ければ…」


きっとこんな言葉を
言っている人だろう。

サボって先送りにすることは
その時にやらなかった事を
必ず後悔する。

もしそうなりたくなければ
今日からサボる癖をなおすように
考えていこう。

将来像が曖昧だとサボる

私はサボり癖のある人には
1つ共通点があると思う。

それは
「自分の将来像が曖昧」
という事だ。

ただ何となく今を生きて、
なた何となく将来をみてる。

あなたがもし将来を明確に描いていて
そのために実直に行動しているなら
きっとサボり癖などの無いはずだ。

もしあなたがサボり癖を
なおしたいと思っているなら
まずは将来を明確にしてみる事も
一つの方法だと思う。

5年後、10年後…と
5年刻みであなたの将来を
思い描いてほしい。

今が良くて後が辛いで良いのか?

「今が良ければOKだ」

と考えている人もいると思う。

人の生き方や価値観は
それぞれなので否定するつもりも
私にはない。

だた、
サボり癖のある人は
「今が良くて後が辛い人生」
を選択しているのと同じだと思う。

あなたが最期を迎える時に
「この人生で良かった」
と思いたいなら後が辛い人生は
選ぶべき選択肢では無い。

どうかあなたは
どんな人生を送っていきたいか
をよく考えて最善の選択をしてほしい。

将来のためにはサボらない

人間は変化を恐れる、
でも変化を先送りすると後悔する。

非常にこの問題は厄介だと思う。

でも
将来のをより良くするためには
変化を先送りにするのはNGだと
肝に命じてほしいと思う。

最後に

サボった瞬間の背徳感は
時にはあって良いと思う。

でもずっとサボるのは
良いことではない。

あなたがもし
サボり癖が酷い人なら
①5分だけ動く癖をつける
②サボり癖のある人から離れる
③サボると将来は後悔する

この3つのポイントを
抑えればなおすことができる。

何故ならサボり癖の権化である
私でも効果があったのだから。

ぜひこの記事が
あなたのサボり癖をなおす
きっかけになってくれれば幸いだ。