生活改善

【改善策は7つ!】自分に自信がない…という人が抱える7つの特徴や原因

こんな悩みありませんか?

■自分に自信がない
■なぜ自分に自信がないかわからない
■自信をつける言葉がほしい

どうも、ぼんどです。

毎日のように
仕事で資料を作っては修正され、
ちょっとしたメールでも
書き方を注意され…

この忙しい社会のなかで
自分に自信を持つことは
非常に難しいです。

そこで今回は
自分に自信がないという
あなたに向けて

①自分に自信を持つための改善策7選
②自分に自信がない7つの特徴や原因
③自信がない人が知るべき名言5選

という3つのポイントから
「【改善策は7つ!】
自分に自信がない…という人が
抱える7つの特徴や原因」
を紹介します。

ぼんど

社会人経験10年以上の中で自信の浮き沈みを多く経験してきた私が、自信がない時かんじた時にできる改善策などをまとめました。実践的な内容を多くいれましたので、ぜひ最後までお付き合いください!

ぼんど

ぼんどです。
Twitterもやってますので是非フォローお願いします。

①自分に自信を持つための改善策7選

自信を持つための秘訣はこの7つ!

自分に自信がない

というあなたにはまず
自分に自信を持つための改善策7選
を紹介します。

自分に自信を持つための改善策7選
1)小さい目標を達成しつづける
2)失敗は必ず分析する

3)朝に大きな声を出す
4)苦手なものを苦手と認める

5)運動をはじめる
6)本業以外のやりがいをみつける
7)毎日1つ改善する
ぼんど

小さなことをコツコツと…改善策はこれにつきます!では詳細を説明していきます!

1)小さい目標を達成しつづける

自信をつける方法としてまずは
「小さい目標を達成しつづける」
ことを意識してください。

例えばダイエットなら
「今年は10kg痩せる!」
ではなく
「毎月800gずつ痩せる!」

というような感じです。

10kgという大きい目標を
立ててしまうと途中で思うように
目標に届かないと感じて
挫折する可能性が高くなります。

でも月に800gと思えば
ちょっとずつなので
達成しやすくなるのです。

こうやって目標を小さくすることで
細かく達成感を得ることができ、
それが自信に繋がります。

ぼんど

もし大きな目標を立ててしまっているなら、まずは小さく分解していってみてください!その小さな目標を少しずつ達成するだけで自信に繋がっていくはずです!

2)失敗は必ず分析する

自信をつけるためには
「失敗は必ず分析する」
ことは忘れずにやってください。

人は同じ失敗をくり返すと
自信を失うようになっています。

だから同じ失敗を繰り返さぬよう、
またその失敗を次に活かすように
必ず分析をしてください。

ぼんど

失敗を分析する時は「何故を5回くり返す」と効果的です。何故失敗したのか?からはじめて、どんどん深堀りするだけで十分な分析になります!

3)朝に大きな声を出す

自分に自信を持つためには
「朝に大きな声を出す」
のも効果があります。

これは
「アファメーション」
という効果によるものです。

アファメーションとは、なりたい自分になるための言葉による思い込みづくりのことで、「肯定的な自己暗示」「肯定的な自己説得」「肯定的な自己宣言」とも言われます。

Life&Mind:「アファメーションを「仕事や人間関係に活かす」7つの基本と8つの実践例」より引用


朝起きて
「今日も自信を持って一日を過ごす!」
「今日は○○の目標を達成する!」
というような言葉を自分自身に
言い聞かせるようにしてください。


そうすれば
少しずつ自信が湧いてきますよ。

ぼんど

ちなみに私は朝起きたらで「今日も楽しい一日にする!」「今日は○と○は必ずやる!」と声にだして言ってます!

4)苦手なものを苦手と認める

「苦手なものを苦手と認める」
こともあなたの自信に繋がります。

苦手なものを克服しようとすると
どうしても苦手意識から
モチベーションが下がったり
ミスが増える。


そうして
「やっぱり苦手なんだ…」
と自信を失っていきます。

それならば
「苦手なものは苦手」
とはっきり認めてしまうのです。

そして苦手なものは
それを得意とする人に任せましょう。

そうやってあなたが得意とするものに
注力するようにすれば自然に自信が
ついていくようになります。

5)運動をはじめる

「運動をはじめる」
こともあなたが自信を持つために
有効な手段です。

なぜなら
運動はやれば必ず効果が出るからです。

筋トレをすれば筋肉がつき
スタイルがよくなる。

これほど効果が目に見える
ものはなかなかありません。

ぜひ自信をつけるために
運動を取り入れてください。

運動ってあまり得意じゃない…インドアだ…というあなたのために、室内でも簡単にできる運動を下記の記事でまとめてます。ぜひあわせて読んでみてください。

※記事はコチラ↓↓
【必見】在宅サラリーマンのあなたにオススメの「自宅で簡単に出来る」運動不足解消法を紹介

6)本業以外のやりがいをみつける

「本業以外のやりがいをみつける」
ことも自信をつけるために
検討してください。

いまの本業で自信をつけたくても
いつも怒られていたり指摘される
環境で自信をつけようとするのは
難しいからです。


だからこそ
本業とは違う環境で
自信をつけることを考えましょう。

今では副業も
簡単にはじめれる時代になっています。

最初は稼ぎはなくても
本業以外で自信をつけていく
という意味で副業をはじめるのも
目的としては十分です。

ぼんど

副業を始めるなら「ココナラ」や「クラウドワークス」がオススメです。いろんな種類の案件があり、どんな副業をするか検討するにも役立ちます。ぜひ一度ご覧になってみてください。

※リンクはこちら↓↓

7)毎日1つ改善する

「毎日1つ改善する」
ようにして自信をつけてください。

改善というと大げさかもしれません。

毎日1つ生活をちょっと
変えてみましょう。


例えば
「通勤ルートをちょっと変えてみる」
「家具の位置を効率を考えて変える」
などでOKです。

そうやって
変えていけば1年で365個も
改善ができることになります。

そうやって変化を自主的に
していくことが自信に
つながっていきます。

大きな山や壁は一気に越えられない

「もっと手っ取り早く自信をつけたい…」

と思う人がいるかもしれません。

でもそれが挫折して
さらに自信を失う原因になる
可能性が高いから要注意です。

正月に大きな目標を掲げて
数ヶ月もしないうちに挫折した
という経験があると思います。

それでは自信はいつまでたっても
つくことはありません。

「大きな山や壁は一気に越えられない」
ということです。

山も壁も一歩ずつ着実に進むことで
乗り越えることができます。

だから自信も一歩ずつ小さな目標を
着実に達成してください。

徐々に自信をつけていこう!

自分に自信を持つための改善策7選
1)小さい目標を達成しつづける
2)失敗は必ず分析する

3)朝に大きな声を出す
4)苦手なものを苦手と認める

5)運動をはじめる
6)本業以外のやりがいをみつける
7)毎日1つ改善する

自信は急に降ってはきません。

朝起きたら自信がいきなりついていた…
ということもありません。

だから今回紹介した
7つのポイントを参考に
着実に自信をつけてってください!

②自分に自信がない7つの特徴や原因

自信がない特徴・原因を理解する

なぜ自分に自信がないかわからない

というあなたには次に
自分に自信がない7つの特徴や原因
を紹介します。

自分に自信がない7つの特徴や原因
1)完璧主義
2)自己肯定感が低い
3)過去にこだわる

4)ネガティブな言葉をつかう
5)他人に依存する
6)否定・比較される環境で育った
7)八方美人
ぼんど

自分がなぜ自信がないのか…その特徴や原因をつかむだけで、自信が自然につくきっかけになる可能性もあります。ぜひ説明も最後まで読んでみてください!

1)完璧主義

「絶対にミスは許されない」
「ここの位置はもっと右かな…」

このように
「完璧主義」
タイプの人は自信を失いやすいです。

完璧主義というのは
裏を返せば不安症に繋がっているからです。


自分の目標がより完璧状態を
目指しすぎてしまうから
いつまでたっても目標達成しません。

完璧主義というのは
小さな目標達成を
積みかさねることができずに
自信がなくなりやすい原因の
1つになります。

完璧主義が原因で、「仕事が遅い…」「仕事の要領が悪い…」と感じてしまうことはないでしょうか?もし感じているという方はあわせて下記の記事も読んでみてください。

※記事はコチラ↓↓
【必見】仕事が遅いと思うサラリーマンの「5つの原因」「6つの改善方法」「3つのデメリット」を解説

仕事の「要領が悪い」と思っている人が考えるべきポイント【結論:5つの原因と6つの改善策】

2)自己肯定感が低い

「私はダメな人間だ…」
「どうせ私がやっても無理だ…」

「自己肯定感が低い」
状態ではいつまでも自信はつきません。

自己肯定感が低い状態で
自信を持とうと頑張ることは、
沼のなかで必死に泳ごうと
しているのと一緒です。


もし自己肯定感が低いと
感じているならまずは
その状態から抜け出すことが
最優先です。

自己肯定感を高める方法は下記の記事でまとめていますので、あわせて読んでみてください。

※記事はコチラ↓↓
【社会人は必見!】「自己肯定感が低い…」と悩んでいるあなたがやるべき6つのこと

3)過去にこだわる

「学生時代は良かった…」
「あの時が一番輝いてた…」

「過去にこだわる」のも
自信がつかない原因の1つです。

いつまでも
過去の栄光や記憶にすがって
いてもその時に戻ることはありません。

後ろを向いても前に進めない。

過去は過去、今は今、
と前を向いて進むように意識してください。

ぼんど

私のオススメは「腐れ縁を断つ」「ムダな飲み会に参加しない」ことです。前者は昔からの人付き合い、後者は上司の話のなかで、どちらも過去の話に触れる機会が多くなるからです。原因には根本から離れていくことが一番です!

4)ネガティブな言葉をつかう

「また失敗しちゃった…」
「どうせ私なんて…」

「ネガティブ思考」
の人が自信を持つことは
非常に難しくなります。

人は自分の言葉を思い込む
性質があります。

※詳しくは「朝に大きな声を出す」
のアファメーションを参照。

アファメーションは
ネガティブな言葉に対しても
効果があり、自分自身をより
ネガティブにさせる効果もあります。

普段からネガティブな
言葉ばかり使っているひとは
まずはポジティブな言葉を
使うことから意識していきましょう!

ネガティブ思考がなおらない…という人は下記の記事でネガティブ思考との向き合い方をまとめてますので参考にしてみてください。

※記事はコチラ↓↓
ネガティブ思考をやめたいサラリーマンが考えるべきこと【結論:やめる・ならない・受け入れる】

5)他人に依存する

「自分じゃ決断できない…」
「人がOKならそれでいい…」

このように
「他人に依存する」
のも自信がない原因になります。

「自分で決めてやった」
ということは成功失敗に問わず
いずれ自信につながります。


逆に他人に決められたことは
ただの作業になり自信には
つながりにくいのです。

他人に依存せずに
自分で考えて行動することを
意識してみましょう。

ぼんど

例えば「今日の食べたいものを決める」とか「休日の予定を自分でたてる」とかそんな些細なことでもOKです。それだけでも自分で決めてやったことになり積み重ねていけば自信につながっていくと思います!

6)否定・比較される環境で育った

昔から
「否定・比較される環境で育った」
という人も自信を持つのが難しくなります。

これは仕方がないことだが
「あなたには無理だ」
「何故あなたには出来ないの?」
と子供の時に言われてきた人は
その環境がすり込まれています。


そんな人は自助努力で
環境を変えていくしか方法はありません。

まずはその環境から脱出する
方法を考えてみましょう。

ぼんど

環境を変えたい人には「読書」をオススメしてます。本を通して今の環境が全てではないこと、他にも色んな環境があることに触れてみると必ず視野が広がっていきます。そうして少しずつ自信をつけれる環境に身をおいていきましょう!

7)八方美人

自分のことを
「八方美人」
と思う人は今日で卒業しましょう。

誰にでも好かれようとして
自分の気持ちにウソをついて
いるとその反動が必ずきます。

自信を持つためには
自分に正直になることが
一番の近道です。

3つの「ない」を常に意識してみる

3つの「ない」とは?

①比較しない
②否定しない
③こだわらない

自信が持てないという人は
まずはこの3つの「ない」を
意識してみてください。


どれも自信を持つために
大事な要素をまとめた
言葉になっています。

7つのポイントをまとめたが
色々と考えるのが難しいときは
最低限この3つをおさえて
くれればまずはOKです。

自分を縛りから開放していこう!

自分に自信がない7つの特徴や原因
1)完璧主義
2)自己肯定感が低い
3)過去にこだわる

4)ネガティブな言葉をつかう
5)他人に依存する
6)否定・比較される環境で育った
7)八方美人

自信が持てないという
特徴や原因は全て自分にあります。

そんな7つのポイントで
あなた自身を縛りから開放して
自信を手に入れてください。

③自信がない人が知るべき名言5選

この5つの会話ネタを鉄板で使おう!

自信をつける言葉がほしい

というあなたのために最後は
「自信がない人が知るべき名言5選」
を紹介します。

自信がない人が知るべき名言5選
1)『人がどう思おうと私は私。自分の道を行くだけよ』
2)『自分は有用な人材であるという自信ほどその人にとって有益なことはない』
3)『人の世には道は一つという事はない。道は百も千も万もある』

4)『自分の中にあるものは、決して他の誰にも奪えません』
5)『自信がないからやめようじゃなくて自信をつけるためにやろう』
ぼんど

世界の著名な人でさえ自信について悩み、考えて、そしてその大切さについて言葉を残してます。それくらい自信を持つって大事なんです!

1)『人がどう思おうと私は私。自分の道を行くだけよ』

最初に紹介するのは
オードリー・ヘップバーンの
『人がどう思おうと私は私。
自分の道を行くだけよ』
という言葉です。

確かに社会にもまれて
自分を見失うこともあるが、
本来は生き方は自分で選択して
良いものなのです。

この言葉はそんな大切な
ことを思い出させてくれます。

2)『自分は有用な人材であるという自信ほどその人にとって有益なことはない』

次にデール・カーネギーの
『自分は有用な人材である
という自信ほどその人に
とって有益なことはない』
という言葉もオススメです。

言葉のとおりで
苦手なことをどんなに頑張っても
自信にはつながりません。

自分が活躍できることで
自信を得ていくことなにより
大事だということに
気づかせてくれる言葉です。

3)『人の世には道は一つという事はない。道は百も千も万もある』

坂本龍馬の
『人の世には道は
一つという事はない。
道は百も千も万もある』
という言葉もオススメです。

まさに言葉の通りで
あなたの生きる道も
他人と同じじゃないのです。

無理に同じにする必要もナシ。

あなたはあなたの道があると
信じて進んでください。

4)『自分の中にあるものは、決して他の誰にも奪えません』

ウォーレン・バフェットの
『自分の中にあるものは、
決して他の誰にも奪えません』

という言葉も良いです。

たまに他人にまで
色々と強要をして自信を
奪う人もいます。

でも本来はこの言葉の通り
誰も奪うことはできないのです。

自信が持てなくなったときは
ぜひこの言葉を思い出してください。

5)『自信がないからやめようじゃなくて自信をつけるためにやろう』

最後に吉岡秀人の
『自信がないから
やめようじゃなくて
自信をつけるためにやろう』
という言葉を紹介します。

いま自信がなくても
自信がつくまで頑張ればいい。

そこまでの過程は大変なこともありますが
そんな時に背中を押してくれる言葉です。

名言はつねに目にみえる場所に貼る

「名言ってすぐ忘れてしまう…」

ここまで読んで
思う人もいるかもしれません。

そんな人はぜひ
「名言をつねに目にみえる場所に貼る」
ようにしてみてください。

常に目にみえるところに
名言が見えればあなたが
否が応でも意識します。

きっとあなたが自信を持つために
その貼った名言たちが背中を
押ししてくれますよ!

ぼんど

私のオススメの場所は「トイレ」「洗面台」「冷蔵庫」の3つです!1日に1回は使うような場所としてこの3ヶ所にお気に入りの名言を貼っておけば必ず目に入っていきますよ!

言葉の力を借りて自信を手に入れよう!

自信がない人が知るべき名言5選
1)『人がどう思おうと私は私。自分の道を行くだけよ』
2)『自分は有用な人材であるという自信ほどその人にとって有益なことはない』
3)『人の世には道は一つという事はない。道は百も千も万もある』

4)『自分の中にあるものは、決して他の誰にも奪えません』
5)『自信がないからやめようじゃなくて自信をつけるためにやろう』

言葉はあなたを
動かす原動力になります。

ぜひここで紹介した
5つの名言であなたも
お気に入りの言葉があれば、
その言葉を借りて自信を
手に入れてください!

最後に

この記事のポイント

①自分に自信を持つための改善策7選
②自分に自信がない7つの特徴や原因
③自信がない人が知るべき名言5選

今回の記事は
「自分に自信がない」
という悩みに対して

「自信は自分で作り上げるもの。他人に委ねてはいけない」
「自信を持つと視野が広がり、それがさらにあなたの自信につながる」

ということを
知ってもらいたくて書きました。

この記事を通してあなたが
「自信を持つきっかけになった」
といつか言ってくれる日が
来ることを心より願っています。