学び

平凡だ…と悩むあなたに考えてほしいこと3つ【平凡はただの言葉】

どうも、ぼんどです。

「私は平凡だから…」
と悩んだことはあるだろうか?

世の中には
偉人や有名人が沢山いて
その人達を見る度に
「自分は平凡だ」と
感じてしまうことは多いだろう。

「自分は平凡すぎる」
「平凡から抜け出したい」
「自分だけの得意を見つけたい」


と考えているあなたに
向けて今回は
「平凡だ…と悩むあなたに
考えてほしいこと3つ」
を紹介したいと思う。

ぼんど
ぼんど
ぼんどです。Twitterもやってますので是非フォローお願いします。

平凡だ…と悩むあなたに考えてほしいこと3つ【平凡はただの言葉】

平凡だ…と悩むあなたに
考えてほしいことは
以下の3つだ。

①みんな平凡からスタートしている
②平凡の中に得意はある
③まずは自分のことを知る


では詳しく紹介していく。

ぼんど
ぼんど
平凡はただの言葉です!平凡って言葉に囚われてはいけません!

①みんな平凡からスタートしている

平凡とは何だろうか?

「自分は平凡すぎる」

と悩んでいるあなたへ。

そもそも平凡とは何だろうか?

辞書で引くと
「ここと言うすぐれた
点もなく、並なこと。」

だそうだ。

という事は
並ではない人が平凡では
ないという事だが…
生まれた時から並では
ない人は殆どいない。

最初は
「みんな平凡からスタートしている」
という事をまずは認識しよう。

みんなにチャンスはある

生まれた時から
いきなり喋れた人はいない。

一部例外はあるとはいえ
殆どの人のスタートラインは
一緒だ。

あとはそこから如何に
自分のチャンスを掴みに動いたか?
が重要になる。

子供の頃は意識できないが、
成長するにつれてチャンスは
自分で掴みにいけるようになる。

チャンスは自分で動けば動くほど
見えるようになってくる。

自分が平凡だ…と悩むなら
チャンスが見えるようになるまで
動いてみてほしい。

【例】偉人伝を読んでみよう

偉人伝を読んだことはあるだろうか?

色んな偉人伝の多くは
最初の頃は平凡どころか
あなたより辛い道のりを
歩んでいないだろうか?

そこから
沢山行動してチャンスを掴み
今では偉人と呼ばれる存在に
なっている人が殆どだ。

こういう偉人でを読んでも
「みんな平凡からスタートしている」
という事はよく理解できると思う。

必ず人より並以上の事がある

「私はそれでも平凡のまま」
と悩んでいるあなたへ。

一つでもあなたが
褒められたことは無いだろうか?

小さい頃から今までで
一つも褒められた事がない
という人はいないだろう。

必ず人には他の人より
「並以上」の事がある。

それを活かして
活かすこと考えればよい。

あとはあなたに足りないのは
それを活かそうとする
「自信」と「行動力」だと思う。

あなたもみんなも最初から特別ではない

あなたもみんなも最初から
特別ではない。

その事を理解したら
「平凡」というのは
ただの言葉だと感じてくるだろう。

平凡という言葉にとらわれず
あなたらしい生き方を
模索していってほしい。

②平凡の中に得意はある

得意はあなたが平凡と思っている物の中にある

「平凡から抜け出したい」

と思っているあなたへ。

あなたが平凡と思っているだけで
実は他の人より優れているものが
あるのではないだろうか?

あなたが勝手に平凡と
思っているだけで実は
他人より得意だったりする事は
沢山あったりする。

他人から褒められる事は素直に受け入れる

あなたにも
「ここが凄い」
「本当に尊敬する」
と言われた経験はあるだろう。

例えそれが相手の謙遜だとしても
あなたの中から見つけ出した事を
言葉にしているので、それが
あなたの優れているポイントには
変わりがない。

後は褒められた事を
あなたが素直に受け入れているか?
が重要だ。

折角あなたの並ではないポイントが
あるのにそれを素直に受け入れず
隠してしまっては当然のように
あなたの言う平凡から抜け出す事は
出来ない。

もし他人から褒められたポイントが
あるのであれば素直に受け入れて
活かす事を考えてみよう。

【例】イラストの得意な知人

私の知人に
凄いイラストの得意な人がいる。

私は知人には素直に
「このイラストはあなたにしか描けない」
「描く力はあなたの才能だ」
と言っている。

しかし知人には
「イラストはただの趣味だし
こんな絵は誰だって描ける」

という返事が返ってくる。

まさに知人は自分の並以上の才能を
素直に受け入れていない状態だ。

どうかその才能を活かしてほしい…
と私は願っているが、
その才能を活かすも活かさないのも
知人しだいなので無理強いはしていない。

私は知人がその才能を受け入れる瞬間を
楽しみに待つばかりとなっている。

自分の並以上の才能を活かして良い時代

「並以上くらいでは生活はできない」

と思っているのであれば
今日から考えを変えてほしい。

確かに昔は
会社や組織に入って働いて
生活をしていくのが
当たり前だった。

でも今は違う。

「自分の並以上の才能を
活かして良い時代」

なのだ。

もちろん並以上の才能
一つで生活していくのは
大変かもしれない。

それであれば会社勤めを
しながらスキマ時間で
自分の並以上の才能を
活かしてみればいい。

今はあなたの才能を
提供できるサービスもある。

そういうサービスを使って
自分に「自信」と「行動力」を
身に付けていってほしい。

※才能を提供するならコチラ↓↓

あなたの平凡は他人から見ると才能

自分の事を蔑んで見ると
本当の姿は見えない。

そのためにも
自分の才能を素直に
受け入れることが必要だ。

あなたが平凡だと思っていること。

それは他人から見ると実は
すごい才能かもしれない。

もし他人から同じポイントで
褒められる事があれば
きっとそれはあなたが
他の人より並以上の才能だと
素直に受け入れよう。

③まずは自分のことを知る 

あなたはあなた自身を説明できるか?

「自分だけの得意を見つけたい」
と願っているあなたへ。

他人から褒められるポイントを
受け入れるのも大事だが
そもそもあなた自身のことを
ちゃんと理解しているだろうか?

まずは
「自分のことを知る」
というのも平凡と悩む状態から
脱出するのに重要だ。

自分の強みを才能の裏付けにする

なぜ
「自分の事を知る」
のが大切か?

それは
「自分の強みをしれば
才能の裏付けになる」
からだ。

もしあなたの強みが
「社交性」で他人から
「人とのコミュニケーションが上手い」
と言われたら自分の才能が
そこにあると裏付けが出来るだろう。

他人より優れているものが
本当に優れているか?
ということに自信を持つためにも
「自分のことを知る」
というのは本当に大切な要素だ。

強みを知るなら「ストレングスファインダー」

では具体的にどうやって
自分の強みを知るか?

それは
「ストレングスファインダー」
を受けてあなたの
上位5つの資質(強み)を
知ることだと思う。

「ストレングスファインダー」
を受けるためには
・直接Webから
・書籍付属の受講コードから
受ける方法があるので
下記を参考にしてほしい。

※直接Webはコチラ
ストレングスファインダー

※書籍はコチラ

ストレングス・ファインダー

他にも自分の資質(強み)を
知ることは色んな場面に
活かせる。

詳細は過去の記事を
除いてみてほしい。

動かなければ現状は変わらない

「自分のことを知るのが怖い」

という恐怖心を持っている人も
結構多く存在する。

それは現状から変わるのが
怖いからだと思う。

「もし自分の知りたくない点が
 わかってしまったら…」
「強みだと思っていた点が
本当は強みじゃなかったら…」


と知ることに恐怖を
覚えてしまうのだ。

その恐怖に関しては
経験している私から
はっきり言いいたい。

その恐怖は「まぼろし」だ。

人間は変化を恐れるように
出来ていて、変化に対して
事前にとどまるように
ストップが掛かってしまう。

先ほど書いた通り
自分のことを知るのは
「自分の才能の裏付け」
として必要なだけだ。

自分のことを知っただけでは
あなたに大きな変化は無い。

自分のことを知り
それを活かそうとして
始めてプラスにもマイナスにも
変化していく。

だから
自分を知るくらいでは
あなたが恐怖に思っていることは
何も起こらないので安心して
自分を知ってみてほしい。

あなた自身のことを知り…活かす!

あなたは
あなた自身の事を知っている
なだけだ。

本当に自分自身を知るためには
ストレングスファインダーを
はじめ色んな分析が必要だ。

そのプロセスは大変かも知れないが
ある程度をあなた自身の事が
わかるようになると何よりも
「楽しく」なってくるし
「自信」にも繋がってくるだろう。

あとは改めて知ったあなたを
活かす方法を考えていけば…
平凡という言葉は口にしなく
なるだろう。

最後に

何度も言うが
「平凡」というのは
ただの言葉だと思っている。

それはあなたが
どう受け止めるかで
重くも軽くも出来る。

どうかあなたには
「平凡」という言葉の
呪いには掛からないでほしい。

今回紹介した
①みんな平凡からスタートしている
②平凡の中に得意はある
③まずは自分のことを知る

という3つは
まさに「平凡」という言葉の
呪いに掛からないための
対策だと私は思っている。

ぜひともあなたにも
「平凡」なんて言葉に
悩んでいる暇もないくらいに
人生を謳歌してほしい。