生活改善

【お願い】あなたが運動不足と思うならこの記事を読んでほしい件

どうも、ぼんどです。

あなたは
運動しているだろうか?

「運動不足だ」
「運動不足を解消したい」
「運動は嫌いだ」

という人もいるだろう。

そこで今回は
「あなたが運動不足と思うなら
この記事を読んでほしい件」
という内容で記事を書いていく。

ぼんど
ぼんど
ぼんどです。Twitterもやってますので是非フォローお願いします。

【お願い】あなたが運動不足と思うならこの記事を読んでほしい件

あなたが運動不足と思うなら
以下の3つのポイントを
よく抑えておいてほしい。

①体が資本であることを忘れない
②1日5分でできる運動をする
③ストレッチをする


では詳しく説明していく。

ぼんど
ぼんど
どんなに一生懸命働いても体を壊して使いみちが無かったら意味なしです!

①体が資本であることを忘れない

健康であることが一番

「運動不足だ」

どうしても
仕事の生活に追われて
運動に時間をさけない…
という人は多いだろう。

そんなあなたには
まず考え方を見直してほしい。

ありふれた言葉だがまずは
「体が資本であることを忘れない」
ようにしてほしい。

仕事が出来ても不健康だったらマイナス

あなたが
どんなに仕事を頑張っても、
どんなに仕事をして稼いでも、
不健康なら全てマイナスだ。

あなたはただ稼ぎを生み出す
機械ではない。

稼いだら自分や家族の
生活のために使いたいはずだ。

それがもし不健康で
医療費に費やしてばかりいたら
稼いだ意味はどこにあるのだろうか?

不健康は運動で予防できるものだ。

改めて
体が資本であることを
ちゃんと認識しよう。

欲望が満たせくてもいいのか?

仕事で稼いだら
「美味しいものが食べたい」
「趣味に使いたい」

と思うものだろう。

それが不健康なら
「病院の通院代」
「薬代の支払い」

などに変わってしまう。

不健康になると
稼ぎだけではなく
時間も奪われてしまい
いいことが全く無い。

これでは働かないほうが
マシなくらいだ。

あなたには稼いだ分はちゃんと
健康的な欲望に使ってほしいと
私は願っている。

そのためにも運動不足は
最大の敵であるということを
改めて感じてほしい。

時間が無い…はいいわけ

「運動する時間がない」

というあなたははっきり言おう。

それは言い訳だ。

1日5分で出来る運動や
運動が苦手な人でも
できる事はたくさんある。

それらに関しては
これから紹介するので
ぜひ読み進めてほしい。

できる限り運動不足を回避する

運動不足のメリットは
何一つとしてない。

仕事で無理をして
不健康になり医療費で
稼いだ分が取られていく…

こんな生活を望んでしたいと
思う人はまずいないだろう。

でも運動不足の人は
こんな不健康生活に着実に
進んでいっている。

改めて
「体が資本である」
ことを再認識してほしい。

②1日5分でできる運動をする

1日5分でも運動不足は解消する

「運動不足を解消したい」

というあなたは
一回の運動で長時間運動を
しないといけないと思って
いないだろうか?

実はそんな事はない。

1日5分の運動でも
運動不足は充分解消できる。

あなたには
「1日5分でできる運動をする」
ことをまずは心がけてほしい。

1日5分でも体調が変わる!

1日たった5分でも
体調の変化は確実ある。

私の場合は
朝に10分だが運動をしているが、
それだけで1日の集中力か
確実に上がった。

他には運動をしていなかった時は
常にカラダのダルさや眠気もあったが、
それも無くなった。

1日ちょっとした時間でも
運動をする効果は確実にあるので
あなたも是非ためしてみてほしい。

【例】私のオススメの運動

私のオススメの運動を紹介したい。

この運動は
1日4分~10分くらい
できるので本当にオススメだ。

それは「hiit」だ。

hiitとは
「High-Intensity Interval Training」
の略で高強度の運動と
インターバルを繰り返す運動だ。

百聞は一見にしかず。

オススメの動画を貼るので
ぜひ試してみてほしい。

※4分でできるhiit
https://youtu.be/tDzocZIl0yQ

※6分でできるhiit
https://youtu.be/zRTTuX1c5rc

※8分でできるhiit
https://youtu.be/C_eE4bIOLdo

※10分でできるhiit
https://youtu.be/b3_TxTfQfz0

まずはあなたの体力に合わせた
時間でやってみてほしい。

最初は4分でもキツイかも
しれないが慣れていけば
できるようになる。

ぜひ参考にしてほしい。

1日1分でいいから始める

「運動は5分でも面倒だ…」

と思う人は1日1分でも
始めることはできないだろうか?

私としては1日5分は
最低でも必要だと思うが
無理なら3分でも1分でもいい。

「始める事」が何よりも大事だ。

あなたが始めれる分数からで
良いのでまずは始めることを
一番に考えてみてほしい。

短い分数でも運動効果あり!

1日数分の運動でも
運動不足の人には十分効果がある。

すこしでも健康的に生きたい
と思うなら1日たった5分で
いいので運動を始めて見よう!

③ストレッチをする 

体を伸ばすだけでもOK

「運動は嫌いだ」

という人もいるだろう。

そんな人は
「体を伸ばす」
だけでも出来ないだろうか?

激しい運動は苦手だ…
というあなたも
「ストレッチ」なら出来るはずだ。

ストレッチにも運動効果はある

私もストレッチはしている。

普段は運動と一緒に
ストレッチをしているが、
日によってはストレッチのみ
という日もある。

そこで気づいたのは
「ストレッチでも運動効果はある」
ということだ。

ストレッチをすれば
伸ばした部位の筋肉がほぐれて
血行がよくなる。

そうすればカラダ全体の
血液循環がよくなるのだ。

もちろん運動もしたほうが
効果はより出るのだが
ストレッチだけでも
運動不足は解消できるので
運動が苦手な方は
ストレッチを入念にやってみよう。

【例】肩と裏ももは毎日やろう

私は「肩」「裏もも」
のストレッチは毎日しても
良いと思っている。

ほとんどの人は
仕事で机に向かって
PC作業をすることが多いだろう。

PC作業中は
ずっと座ったままの状態になる。

その時に固まりやすい部位が
まさに「肩」「裏もも」なのだ。

ストレッチの方法は
私がよく見ている動画の
リンクを貼るので参考にして
みてほしい。

※肩のストレッチ
https://youtu.be/z52LkcTgiOw

※裏もものストレッチ
https://youtu.be/m1v_4uXIYcs

どちらもそんなに時間も
長くないので毎日やる事も
可能だと思う。

時間がない人は「ながら」で伸ばす

「ストレッチする時間もない」

というあなたは
毎日のように一生懸命働いて
凄いと思う。

本当であれば
自分の時間もちゃんと
作ってほしい…と思うが
時間が取れない人には
「仕事をしながら」の
ストレッチ
をおすすめしたい。

椅子に座りながらでも
腕を上に伸ばしたり、
足をグッと伸ばしたり
することは出来ると思う。

それだけでも違うので
定期的に体を伸ばすという事を
意識するようにしてほしい。

ストレッチをナメてはいけない

人がケガをする原因の一つとして
「体が硬さ」が挙げられる。

ギックリ腰なども
背面や裏ももの硬さが
原因だったりするのだ。

ケガをすると
通院や治療に出費も時間も掛かる。

そんな無駄な出費や時間を
防ぐためにもストレッチをして
体をほぐすよう意識をしよう!

最後に

ちょとした運動不足が
あなたを不健康に
向かわせている事は間違いない。

今回そんな「運動不足」を
取り上げたのには理由がある。

「それはあなたの意識次第で
充分に防げること」だからだ。

不意な事故にあるのは
運命を呪うしかないかもしれない。

でも運動不足による
不健康は「あなた自身」を
呪うしか無いのだ。

どうかあなたが将来
「あなた自身」を呪わないように
①体が資本であることを忘れない
②1日5分でできる運動をする
③ストレッチをする

という3つのポイントを
意識して運動不足とは
ほど遠い体を目指してほしい。