生活改善

在宅サラリーマンのあなたにオススメの運動不足解消法を紹介【室内で簡単に出来る】

どうも、ぼんどです。

在宅勤務が中心となった昨今
サラリーマンの方には
「運動不足」が大きな課題として
のしかかってきている。

今までは通勤だけである程度の
運動を保ってきたが、
在宅勤務で通勤がなくなり
体力が急激に落ちたな…
と感じる人も多くいると思う。

そこで今回は
「在宅勤務で体力が落ちてきた」
「運動のために外に出るのは面倒だ」
「そもそも運動が苦手だ」

というあなたに向けて
「在宅サラリーマンにおすすめの
運動不足解消法」
を紹介する。

この記事では私が実際に
取り入れている運動をもとに
①在宅でできるオススメの運動2選
②室内で運動を確実にする方法
③1日5分の運動で習慣化してく

という3つのポイントで紹介していく。

これであなたの中から
「運動不足」
という言葉はなくなるはずだ。

ぼんど
ぼんど
ぼんどです。Twitterもやってますので是非フォローお願いします。

ぼんど
ぼんど
この2つの運動方法は誰でもできます!あとは実践あるのみです!

①在宅でできるオススメの運動2選

ステッパーで足踏み、ヨガの2つを行う

「在宅勤務で体力が落ちてきた」

というあなたには
「ステッパーで足踏み、ヨガの2つを行う」
ことをオススメしたい。

足踏み、ヨガはスキマ時間にできる

1)ステッパーで足踏み
2)ヨガ


少なくともこの2つをすれば
運動不足になることはない。

それぞれの理由を説明していく。

1)ステッパーで足踏み

ステッパーで足踏みをすることで
今までの通勤で無意識にしていた
運動を補うことができる。

仮に今まで通勤で「1日5,000歩」とする。

そうすると週5日勤務で25,000歩
1ヶ月にすると100,000歩
歩いていた計算になる。

「1歩80cm」とすれば
距離にして1ヶ月で80kmも
歩いていることになる。

これが在宅勤務になり
歩くことが無くなったとすると
体力が落ちるのは当たり前だと思う。

そんな体力低下を防ぐために
今までやっていた歩行と同じこと、
つまり「ステッパーで足踏み」
することをオススメしたい。

運動不足解消のために
いきなり筋トレや激しい運動を
はじめる人もいるが私はオススメしない。

何故なら運動不足の人が
いきなり激しい運動をしても
長続きしない可能性が高いからだ。

まずは運動不足を解消するために
今までやってきていた「歩く」ことから
始めることを私はオススメしたい。

とはいえ、
外に歩きにいくのも時間が取られるので
ステッパーを購入して家の中で
いつでも歩行が出来る環境を作ってほしい。

オススメのステッパーは
下記にリンクを貼るので参考にしてほしい。

2)ヨガ

運動不足になると
身体の柔軟性も失われていく。

柔軟性が失われることで怖いのは
怪我をしやすくなること、
代謝が落ちて太りやすくなること、
などなどリスクが多い。

そんなリスクを回避するために
行ってほしいのが「ヨガ」だ。

ヨガを行えば身体の柔軟性が保てる。

またヨガであれば
家の中でいつでも出来る。

ぜひ先ほど紹介した
「ステッパーで足踏み」と
合わせて行ってほしい。

尚、床が形とやりずらいので
ヨガマットを使うことをオススメする。

もし持ってない人は
リンクを貼るので参考にしてほしい。

【例】私の運動例を紹介

ではどんな時間で
1)ステッパーで足踏み
2)ヨガ
と行えばいいのか?

例として私の1日の運動時間を
紹介するので参考にしてほしい。

ステッパーで足踏みに関しては
「朝の仕事の始業前」
「仕事が就業した後」

に行っている。

これは通勤していたときの
時間端で行うことで
運動不足の解消と生活リズムを整える
という2つのことを狙っている。

後はスキマ時間にも少しずつ
取り入れている。

次にヨガに関しては
「夜寝る前」
に行っている。

就寝前に身体を柔軟し
リラックス効果を高めるのが狙いだ。

休みの日は朝も行うようにして
朝から柔軟性を高めるようにしている。

以上、
そんなに難しいことはしておらず
誰でも出来るような時間帯で無理なく
取り組んでいるつもりだ。

ぜひあなたの参考になれば幸いだ。

ステッパーとヨガで運動不足とおさらば!

今回紹介した
1)ステッパーで足踏み
2)ヨガ

があれば運動不足とは
確実におさらば出来るだろう。

あとはやるか?やらないか?
あなたの行動力しだいだ。

他にも色んな運動に取り組みたい!

という気合がある人は以前に
運動に関して纏めた記事があるので
ぜひそちらも参考にしてみてほしい。

②室内で運動を確実にする方法

運動道具を仕事場においておく

「運動のために外に出るのは面倒だ」

と思っているあなたは
「運動道具を仕事場においておく」
ようにしてもらいたい

すぐにいつでもできる環境を作る

なぜ
「運動道具を仕事場においておく」
が良いのか?

それは運動が面倒だと思う人は
実は運動自体は面倒だと思っていない。

「運動をするまでの準備が面倒」なのだ。

だから確実に室内で運動するためには
準備の手間を最小限に省く必要があり、
一番良いのが仕事をしている場所の
近くにおくことだ。

【例】私の運動環境の作り方

実際に私も仕事をする環境に
ステッパーとヨガマットを
置いている。

ステッパーは常に目に見える箇所に
置くことで時間があれば足踏みが
出来るようにしている。

ヨガマットに関しては
事務イスの下にマットで敷き、
時間があればイスをよけて
ヨガが出来るようにしている。

手間は極力はぶくべき!

「そこまでしなくても運動は出来る」
と思うかもしれない。

でも継続するためには
1つでも面倒な手間は省くべきだと
私は思っている。

毎回ステッパーを用意したり、
毎回ヨガマットを敷くのは
最初のうちは苦なく出来るかもしれない。

でも回数を重ねるうちに必ず
その行為が面倒になっていく。

準備が面倒で本来の目的である
運動までしなくなっては意味がない。

だから極力運動のために
かかる手間は省くようにしてほしい。

運動をしやすい環境をつくろう!

室内でいつでも運動ができる!
と思って器具を買ったのに
結局準備が面倒だ…となって
しまっては勿体ない。

だから少しでも準備の
手間を減らすために
「運動道具を仕事場においておく」
ことを是非あなたにも心がけて
ほしいと願っている。

③1日5分の運動で習慣化してく

5分ならできる!

「そもそも運動が苦手だ」

というあなたも
「5分ならできる」
はずだ。

たった1日5分だけでもいい。

続けて積み重ねていけば
必ず習慣化していくことが出来る。

通勤時間の歩行を補う

在宅が始まったことで
当然のようにしていた
通勤の歩行が無くなった。

それは補わないと体力は
恐ろしい勢いで無くなっていく。

実際に身を持って経験を
している人も多いはずだ。

その状態を打破するには
通勤時間に行ってた歩行を
補うくらい運動するしかない。

とはいえすぐには
激しい運動は厳しいし、
運動が苦手という人もいる。

だからまずは
1日5分でいいからやるという
小さな目標からクリアしていくように
してほしいと思う。

朝5分だけ早く起きる

私がオススメしたいは
「朝5分だけ早く起きる」
ことだ。

今は在宅が増えて
起床時間が遅くなった人も
多いと思う。

その起床時間を5分だけ早くして
運動不足を解消する時間に
あててみてはどうだろうか?

今まで通勤してた時は
今より早く起きていたから
5分早めに起床することは
十分可能だと思う。

今の運動不足の状況を
打破したいなら
たった5分だけ起きる時間を
早めることはあなたなら出来るはずだ。

やらなきゃ体力は落ちるだけ

「運動不足でも構わない」
と思う人はそれでも良いと思う。

どうするかはすべてあなた次第だ。

でももし運動不足のままだと
気力も落ちていくし楽しいことも
楽しいと思えなくなる。

もし少しでも毎日を楽しくしたいと
思うなら運動でリフレッシュすることは
絶対に必要だと私は思っている。

最初は少し面倒と思っていても
習慣化していくと必ず面倒な
気持ちはなくなっていく。

どうかこの記事を
読んでいただけたなら
今日から5分の運動を
はじめてほしいと願っている。

小さい積み重ねから習慣にする

積み重ねの効果は絶大だ。

運動不足も1日5分の運動をすれば
毎週35分、1ヶ月で約150分の
運動ができる。

これだけの時間を
積み重ねれば必ず効果は出てくる。

ぜひ少しずつでいいので
運動を積み重ねていこう!

最後に

今回の記事は
在宅が続く中で運動不足を
感じているあなたに向けて
少しでも運動不足が解消できれば
と思って書いた。

①在宅でできるオススメの運動2選
②室内で運動を確実にする方法
③1日5分の運動で習慣化してく

この3つのポイントを
よく理解してあなたの正確に
是非取り入れていってほしい。

この記事をみて
運動不足を解消できたと
あなたが言ってくれることを
心から願っている。

※その他参考になる記事はコチラ↓↓