学び

会社の休み時間にできる英語勉強【実績TOEIC300点→650点】

どうも、ぼんどです。

サラリーマンの方には
英語勉強をしている人が
多くいると思う。

英語の商談、
英語の契約書やメール、
といった具合に何かしら
英語に触れる機会があり
ある程度の英語力は必要に
なっているからだろう。

ただ時間がなかなか取れず
英語の勉強がはかどらない
という人も多いだろう。

そこで活用してほしいのが
昼休みなどの「休み時間」だ。

今回は
「休み時間に使える英語学習ツールは?」
「具体的な英語勉強方法は?」
「効果はどのくらいあるのか?」

という疑問や考えに対して
「サラリーマンが休み時間を
使ってできる英語の勉強法」
を紹介する。

この記事では私が実際に
TOEICスコア300点から650点
までスコアを伸ばせた経験をもとに
①英語のニュース、プレゼンを聞く
②具体的な休み時間の英語学習法3選
③休み時間の英語勉強は確実に効果あり

という3つのポイントで
紹介していくのであなたの
英語勉強のなかに
「休み時間に英語勉強する」
という選択肢を増やして貰えたら
幸いだ。

ぼんど
ぼんど
ぼんどです。Twitterもやってますので是非フォローお願いします。

ぼんど
ぼんど
勉強法を確立したら仕事と勉強の両立も確実に出来るようになります!

①英語のニュース、プレゼンを聞く

英語のニュース、プレゼンを聞く

「休み時間に使える英語学習ツールは?」

と学習方法を探している
あなたには是非とも
「英語のニュース、プレゼンを聞く」
ことをオススメしたい。

5~10分のニュース、プレゼンを聞く

英語のニュースやプレゼンは
まさに休み時間に英語の勉強を
するのに最適だ。

なぜなら
5~10分で聞くことが
できるからだ。


では実際にオススメしたい
ニュースやプレゼンのサイトを
3つ紹介する。

1)NHKワールド(ニュース)
2)BBCニュース(ニュース)
3)TED(プレゼン)


ぜひこの3つを使ってみてほしい。

それぞれの概要はこれから説明する。

1)NHKワールド(ニュース)

NHKワールド
NHKが提供する多言語向けの
ニュース提供サービスだ。

インターネットやアプリを
使って視聴することが可能で
まさに休み時間にオススメだ。

他にもオススメのポイントとして
日本の内容が英語で発信されている
ことも良い。

最初は海外のニュースを
英語で聞くより、
日本のニュースを英語で
聞くほうが理解しやすいからだ。

字幕もつけれるので
最初は字幕をみながら
気になるニュースを視聴して
みるのが良いと思う。

なお、
NHKワールドの視聴方法は
下記のリンクから確認できるので
英語勉強の1つのツールとして
取り入れてほしい。

※リンク
NHKワールド

2)BBCニュース(ニュース)

BBCニュース
NHKワールドより
海外中心のニュースで
英語勉強がしたいという人に
おすすめのサービスだ。

こちらも字幕や記事付きで
見れるものがあるので、
視聴と合わせて読む勉強にも
なるのでNHKワールドと
併用することをオススメしたい。

※リンク
BBCニュース

3)TED(プレゼン)

3つ目に紹介したいのが
TED(テッド)だ。

ニュースだけではなく
プレゼンを聞くのも
休み時間の英語学習には有効だ。

環境の問題や学習、
ライフスタイルなど様々な
プレゼンがあり英語だけではなく
教養にもなるのでぜひTED(テッド)
英語・教養の2つの意味でも
あなたに取り入れてほしい。

※リンク
TED(テッド)

日本のニュースから始める

「いきなり英語を聞くのは難しい」

と思ってしまう人もいると思う。

確かにいきなり海外のニュースを
英語で聞いても理解するのは
凄い難しいと思う。

そのため
最初の内はNHKワールド
使って日本のことに関する
ニュースを視聴してほしい。

それであればニュースの内容は
ある程度は理解できるので
それをどのように英語で表現しているのか
聞くことに集中できる。

3つほどわかりやすそうな
ニュースをピックアップしたので
試しに聞いてみてほしい。

「WASABI」
「Okinawa」
「Kumano」

少し長めなので休み時間に
何回か分けて見るのがオススメ。

すぐ取り入れよう

今回紹介している
1)NHKワールド(ニュース)
2)BBCニュース(ニュース)
3)TED(プレゼン)

の凄いのはどれも
無料で使うことができることだ。

これだけ有用なのに
無料で使えるというのは
本当にすごい時代だと思う。

無料ならためらう必要もないので
すぐに取り入れてみてほしい。

②具体的な休み時間の英語学習法3選

具体的な休み時間の英語学習法3選

「具体的な英語勉強方法は?」

と思っているあなたのために
「具体的な休み時間の英語学習法3選」
を紹介したいと思う。

この3つを取り入れる!

休み時間の英語勉強の仕方として
この3つを取り入れてほしい。

1)1.5~2倍速で聞く
2)倍速を戻して一緒に口を動かす
3)聞いている内容の質問を考える

この3つを意識して
休み時間に英語学習をすれば
英語力は確実にあがる。

ではそれぞれの概要を説明する。

1)1.5~2倍速で聞く

先程紹介した
1)NHKワールド(ニュース)
2)BBCニュース(ニュース)
3)TED(プレゼン)

を1.5~2倍速で聞いてみてほしい。

これを行うと速さに耳が慣れて
通常の速度が遅く感じるようになる。

そうすれば
通常速度の聞き取りが
とてもしやすくなるので
ぜひ取り入れてほしい。

2)倍速を戻して一緒に口を動かす

次に通常速度に戻しら
その内容をあなたも
一緒に読み上げてほしい。

一緒に読み上げることが
できていればリスニングは
ほぼ完璧に出来ていると
思ってもらって良い。

最初は字幕を追いながらでも
良いので挑戦してみよう!

3)聞いている内容の質問を考える

最後は今聞いている内容の
質問を考えてみよう。

あなたも日本後の
ニュースを見ている時は
「何でこんな事が起きているのか?」
「今後はどうなっていくのか?」

と頭の中で質問が浮かぶことは
ないだろうか?

まさにそれと同じことを
英語のニュースでも出来るように
なれば英語がスムーズにあなたの中で
理解できている証拠になる。

一人で会話している感覚を掴む

「この勉強法の意図がわかない」

とここまで読んで
思っている人もいるかもしれない。

一言でいうなら全ては
会話の流れを一人で演じている。

英語を学ぶ本来の目的は何か?

私は英語は
「コミュニケーションを取る1つの手段」
として捉えている。

そのコミュニケーションの
1つが「会話」だ。

だから本当は
英語圏の友達を作って
その人とひたすら会話する
というのも確実に英語は上達する。

でもそれが出来ない状態だから、
したくても時間がないから、
休み時間にできる英語勉強の
具体的な方法として
1)1.5~2倍速で聞く
2)倍速を戻して一緒に口を動かす
3)聞いている内容の質問を考える

をオススメしている。

あくまで勉強の一例なので
常に英語の種目的である
コミュニケーション(会話)することを
意識していくことを重視してほしい。

休み時間に効率MAXで勉強しよう

ここで紹介した
1)1.5~2倍速で聞く
2)倍速を戻して一緒に口を動かす
3)聞いている内容の質問を考える

は休み時間の英語勉強の
効率をMAXまで上げてくれるはずだ。

もちろん休み時間だけではなく
通常の英語勉強でも役に立つので
ぜひ取り入れてほしいと思う。

③休み時間の英語勉強は確実に効果あり

休み時間の英語勉強は確実に効果あり

「効果はどのくらいあるのか?」

と休み時間の英語勉強の
効果を疑う人もいるだろう。

その点に関しては
「休み時間の英語勉強は
確実に効果あり」
と自信を持って言いたい。

私もTOEIC300点→650点になった

なぜ効果があるかと
問われれば私のTOEICの
点数がその証拠になる。

自慢できる点数ではないが
最初は300点しか取れなかった
この私が休み時間に英語勉強を
したことで650点まであがった。

決して650点も高いとは言えないが…
それでも休み時間の英語勉強だけで
十分効果がある証拠にはなると思う。

【例】英語学習して良かったこと

もちろんTOEICの
点数アップだけが効果として
あったわけではない。

実際に休み時間に英語学習を
した事でこんな効果も得られた。

・英語を使用するアジア圏の国での
コミュニケーションが楽になった
・海外映画を字幕で見てても
音声が先に頭に入ってくるようになった

他にも英語を使う場面で
動揺することがなくなったので
休み時間の英語勉強の積み重ねて
本当によかったと感じている。

個人差はあるので注意

「本当にそんな効果あるのか?」

と怪しむ人もいるだろう。

効果としては絶対にあると言えるが、
私と同じくらいの効果になるかは
約束できない。

何事も同じで、
同じように学習をしても
理解度は個人差が必ずある。

だから休み時間の英語学習を
取り入れることで私より
何倍も伸びる人もいれば
逆に伸びが少ない人もいる。

ただ少なくとも
確実に今よりプラスにはなる。

それだけは事実なので
思ったような効果がでなくても
試行錯誤して取り組んでほしい。

積み重ねの効果は絶大!

積み重ねの効果は絶大だ。

休み時間に英語学習に
使える時間が仮に5~10分だとしても
月に20日勤務なら100~200分
年で1,200~2,400分になる。

これだけの時間を
積み重ねれば効果があるも
理解いただけると思う。

ぜひこの記事を読んだからには
今日から休み時間に英語勉強を
はじめてほしいと願っている。

最後に

今回の記事は
英語の勉強が必要だけど
時間がなくてできない…

というあなたに
休み時間を使って
英語勉強をすることを提案、
そしてより効率的に勉強する
方法を理解してほしくて書いた。

①英語のニュース、プレゼンを聞く
②具体的な休み時間の英語学習法3選
③休み時間の英語勉強は確実に効果あり

この3つのポイントを
よく理解して活用すれば
あなたの英語力は確実に
上達すると思う。

あとは行動あるのみ!

あなたの悩みがこれで
1つ解決されることを願っている。

※その他参考になる記事はコチラ↓↓