生活改善

資格取得をする意味と必要性を考える【結論:目的重視】

どうも、ぼんどです。

あなたは
会社の同僚が資格を取って
羨ましさから自分も資格を
取ろうと勉強した覚えがあるのでは
ないだろうか?

でも途中で面倒になって挫折した…
という人も多いかと思う。

「資格は取得するべきなのか?」
「どんな資格を取るべきか?」
「資格は沢山とるべきなのか?」

こんな考えに対して
「資格取得をする意味と必要性を考える」
ことをあなたにしてほしいと思う。

なお、資格取得に関しては
①目的のための資格は必要
②オススメの資格
③資格マニアになってはいけない

の3つの視点でその必要性を
考えていく。

ぼんど
ぼんど
ぼんどです。Twitterもやってますので是非フォローお願いします。

ぼんど
ぼんど
資格は活用してナンボ!使わないような資格は取るだけ時間の無駄です!

①目的のための資格は必要

目的のための資格は必要

「資格は取得するべきなのか?」

と悩んでいるあなたには
「目的のための資格は必要」
という考えを持ってもらいたい。

何のために資格取得するのか?

資格取得を目的にして
勉強をしている人が多いが
それは違うと思う。

例えば運転免許も資格の一つだが
「運転免許を取ること」
が本当の目的ではないことは
あなたにもわかるだろう。

運転免許を取得する目的は
「運転をする許可を得る」
ためだ。

運転免許は理解してくれると思うが
何故か他の資格になると
資格取得も目的にしているケースを
よく目にする。

どの資格も運転免許と一緒で
「何のために資格取得をするのか?」
をまず前提において考えてほしい。

使わない資格はいらない

世の中には沢山の資格があり
とにかくその資格を沢山取得
しようと頑張っている人がいる。

でも資格は使わないと意味がないのだ。

私は使わない資格は
取得しても意味がないと思っているし
そもそも勉強時間がもったいない。

それなら他の本当にあなたが
必要だと思うことに時間を
割くべきだと思う。

安易に人気のある資格だから
という理由で資格勉強をしないで
あなたの目的を明確にしてから
どんな資格が必要かを選んで
いってほしい。

資格を取れば安泰ではない

「資格があれば安泰だ」

今まで考えてきて
たくさん資格勉強をして
きた人もいることだろう。

その勉強熱心な
姿勢は本当に凄いと思う。

でも取得した資格の中で
活用している資格は何個あるだろうか?

恐らく殆どが活用できていないと思う。

資格があれば安泰ではないのだ。

資格が活用できてこそ
はじめて意味がある。

ぜひこれからは
その勉強熱心な姿勢を
方向転換して欲しいと思う。

目的のために資格を取る

あなたには資格を取るために
頑張るのではなく
目的のために必要な資格を
取るようにしてほしい。

そうしてこそ
始めて資格の意味があると
私は考えている。

②オススメの資格

オススメの資格

「どんな資格を取るべきか?」

というあなたは
「オススメの資格」
を紹介していく。

オススメの資格3選

私としては
オススメの資格は以下の3つだ。

1)普通自動車免許
2)簿記
3)TOEIC


正直これだけあれば
充分だと思う。

オススメの理由

それぞれ
オススメの理由を具体的に
説明していく。

1)普通自動車免許

日本国内においては
あなたも周知の通り
「普通自動車免許」は
必要不可欠な資格だと思う。

自動車の運転ももちろんの事、
あなたの本人確認のためにも
使用できる最強の資格だと思う。

実際に私の母親が
普通自動車免許を持っていないのだが
色んな公的資料を提出する際も
苦労したのを覚えている。

2)簿記

サラリーマンであれば
簿記の資格は取っておくべきだと
考えている。

あなたがいる会社の経営状況を
読み解く上でも簿記の知識は
必要になってくる。

資格取得までいかなくても
その過程の勉強がこれからの生活にも
役に立つのでぜひ挑戦して見てほしい。

3)TOEIC

最後にオススメしたいのは
TOEICだ。

国内では英語を会話で
使うことは殆どないが
書類などが英語である事が
増えてきている。

その時に
日本語に訳していると
時間がかかってしまうので
ぜひ英語書類がある程度は
読める程度の英語力は身に付けて
おいて損は無いと思う。

生活に活かせる資格を取る

「もっと資格は
必要なのではないか?」

とここまで読んで
思う人もいるだろう。

私が紹介したのは
必要最低限の資格として
挙げたのであなたにとって
必要であれば3つ以上の
資格を取るのは問題ないと思う。

でもその時もあなたの
「生活に活かせる資格なのか?」
はよく考えてみてほしい。

必要と思うのであれば
その資格を効率的に取得して
いってほしいと思う。

オススメの資格はこの3つ

私のオススメの資格として
1)普通自動車免許
2)簿記
3)TOEIC

の3つを紹介した。

恐らくこの3つはどんな方にも
有効な必要最低限の資格になる思う。

もし持っていなければ
取得を検討してみてほしい。

③資格マニアになってはいけない

資格マニアになってはいけない

「資格は沢山とるべきなのか?」

と考えているあなたには
「資格マニアになってはいけない」
ことを理解してほしいと思う。

資格はあっても使わない

この記事で何回も書いているが
使わない資格は取る必要はない。

いずれ使うかもしれない
という資格はその時が来たら
取ればいいだけだ。

実際に資格をとっても
何年も使わなければ
持っていないのと同じだ。

実際に国家資格なども
実務経験などを重視している
資格は多くある。

より有効な資格こそ
持っているだけでは意味がないのは
これで理解いただければと思う。

資格勉強が目的になってしまう

あなたの周りにも
「資格マニア」が
いることだろう。

実際にその人をみて
その資格を活かせている
といえる状態だろうか?

その答えはあなたに委ねるが
恐らく反面教師になるケースが
多いのではないかと思う。

何度も必要だから言うが
「目的のために資格」を取ろう。

絶対に
「資格をとることが目的」
なってはいけない。

勉強が趣味ならとめない

「資格勉強が楽しい」

と感じている人も
いるかもしれない。

その人は恐らく
資格勉強が趣味の一つに
なっているのだと思う。

その人に対しては
趣味を奪ってしまうことになるので
資格勉強をたくさんしてはいけない…
とは言わない。

趣味の一環としては
資格勉強をしているなら
引き続き趣味として楽しいんでほしい。

ただ、
もしあなたが趣味ではなく
ひたすら資格勉強をしているなら
これを機会に考えてなおしてほしい。

資格マニアにならない

資格マニアになっても
自己満足となってしまい
実用性は低いと私は感じている。

だからあなたには
必要最低限の資格を取得する
ようにしてほしいと思う。

最後に

世の中には
普通自動車免許のように
取得しないと許可がおりない資格と、
あなたの生活をサポートしてくれる資格、
に大きく分かれる。

その中であなたがどの資格を
取得していくかは、
あなたが選択していく必要があるのだ。

今回紹介した
①目的のための資格は必要
②オススメの資格
③資格マニアになってはいけない

この3つのポイントを
抑えてくれればあなたが
資格取得のために無駄な時間を
過ごしてしまうことは減っていくと
考えている。

どうかあなたの目的を明確にした上で
あなたに必要な資格を選択・取得してほしい
と願っている。