生活改善

【必読】サラリーマンのあなたに資金運用をオススメしたい理由

どうも、ぼんどです。

あなたは
給料をちゃんと考えて
貯めているだろうか?

貯めているという人は
銀行預金をしている人が
多いと思う。

だが今は銀行の利息も
つかないので預金するだけで
お金が増える事はない。

そこで私は
「資金運用」をオススメしたい。

「お金が貯まらない」
「資金運用って何か怖い」
「資金運用の原資がない」


という人のために今回は
「サラリーマンのあなたに
資金運用をオススメしたい理由」
というテーマで書いていく。

ぼんど
ぼんど
ぼんどです。Twitterもやってますので是非フォローお願いします。

【必読】サラリーマンのあなたに資金運用をオススメしたい理由

サラリーマンのあなたに
資金運用をオススメしたい理由を
以下の3つのポイントで説明する。

①銀行預金ではお金は増えない
②オススメの資産運用方法
③毎月の投資額ルールを決める


では詳しく説明していく。

ぼんど
ぼんど
今の時代はお金の勉強をしないとお金は増えていきません!!

①銀行預金ではお金は増えない

銀行預金でお金が増える時代は終わった

「お金が貯まらない」

と思っている人は
支出を抑えつつも
収入が増える道を考える
必要がある。

そこで収入を増やす方法として
昔は銀行預金をすれば
その利子でお金を増やすことが出来た。

でも今の時代は銀行預金だけでは
お金は殆ど増えることはない。

まずは
「銀行預金ではお金が増えない」
という事をしっかり認識しよう。

0.001%という現実

0.001%という数値が
何かすぐにわかるだろうか?

これはみずほ銀行が
発表している普通預金の金利だ。

つまり10,000円の
預金をしても0.1円しか増えない。

他の銀行によって
多少のばらつきはあるが
今は銀行預金で1%さえ超えてる
銀行はない。

この状況をみて
「銀行預金でお金を増やす」
という選択肢を選ぶ人は
まずいないだろう。

親や上司の考えは無視する

親や上司は
銀行預金の金利が5%とか
あった時代の人たちだ。

その人達は未だに
過去の甘い記憶にしがみつき
「銀行預金=安心」という
考えが根付いている。

その人達はどんなに
金利が下がってもあなたに
「銀行預金が一番だ。」
と言ってくるだろう。

でもあなたにはそれで
思考停止をしてほしくない。

どうか今のお金の常識を
ちゃんと自分自身で学び
どうするべきか判断してほしい。

私はお金の勉強として
下記の本を参考にしたので
ぜひ気になる人は読んでほしい。

現状を勉強しよう

「銀行預金以外しらない」

というあなたは
はっきり言って勉強不足だ。

沢山のお金に関する知識が
今の世の中には溢れている。

あなたにはしっかり
お金の知識を勉強して欲しい。

そうすれば
2つのメリットがある。

1つめはあなたの
お金を増やす方法が見つかること。

2つめはあなたを
騙そうとする人から
自分の身を守れることだ。


お金の勉強をすれば
必ず攻守ともにあなたを
強くしてくれる。

今までの常識を疑え!

銀行預金=安心という
今までの上記を疑おう。

そうすることで
あなたには次の道が
見えてくるはずだ。

「気づいた時には手遅れ」
…という事にならないためにも
常識を疑い新たな知識を吸収しよう。

②オススメの資産運用方法

資産運用を怖がるな!

「資産運用って何か怖い」

そう思っているなら
もう少しお金について
勉強が必要だ。

とはいえ
勉強の時間がないという
人のために私が考える
「オススメの資産運用方法」
を紹介したい。

低リスク・管理手間の少ない投資をしよう!

私のオススメの資産運用は
「低リスク・管理手間の少ない」
タイプの資産運用だ。

あなたがイメージする資産運用は
「大損したら怖い」
「毎日株価を見ないといけない」

という感じではないだろうか?

そのイメージはもう古い。

低リスクで管理手間の少ない
投資は存在するので参考にして欲しい。

【例】インデックス投資をしよう

私がオススメしたいのは
以下の条件をクリアする投資だ。

1)運用手数料が安い
2)インデックスに沿って運用する


この2つをクリアするのもが良い。

1つ目は
資産運用は必ず運用する会社などに
手数料を取られる形になる。

その際に利益と同じくらい手数料を
取られては元も子もない。

そこで検討して欲しいのは
ネットの運用会社だ。

私は色んな本を読んだ結果、
SBI証券が比較的手数料も少なく
運用がしやすいと思う。

※リンクはコチラ↓↓

2つ目に関しては
「インデックス」という言葉が
わからない人もいるだろう。

インデックスとは株価指数のことで
「日経平均株価」
「TOPIX(東証株価指数)」
という言葉は聞いたこと
あるのではないだろうか?

インデックス運用とは
そういった株価指数に連動する
ように運用する方法の一つだ。

一つの会社の株に投資するより
リスク分散が出来ること、
また株価指数は少しずつ上がっている
傾向があるので、比較的低リスクで
運用ができる。

その辺りも詳しくは
オススメした本に書いているので
詳細は読んでみて欲しい。

少額からでも出来る!

「ここまで読んでも
資産運用は怖い…」

と思っているあなたは
少額から始められると
思ったら勇気がでるだろうか?

因みに少額投資は…可能だ。

1,000円くらいの資金を
用意すれば出来る投資がある。

中にはオススメしている
インデックス投資もあり
そちらの少額投資から始めて
実際の投資に触れてみることが
恐怖心を取るには一番はやい。

どうか
少額でいいからまずは
投資に触れてみて欲しい。

投資は怖くない!

投資を怖いと思っている人は
実は銀行預金も投資になっている
ことを知っているだろうか?

銀行はお金を集めて
それを融資してお金を増やしている。

それがあなたの利子になって
返ってきているのだ。

ただ先ほども説明した通り
銀行預金の金利は低い。

だったら同じ投資をするなら
ちゃんとお金の勉強をして
最適な資金運用をするべき
だと思う。

③毎月の投資額ルールを決める

余剰資金を作る

「資金運用の原資がない」

と悩んでいるあなたは
「余剰資金」
を作ることから始めよう。

毎月の投資額ルールを守る

余剰資金は
「たまたま余ったから」
という事ではなかなか
作ることは出来ない。

だからあなたには
「毎月の投資額ルールを守る」
ことをして欲しい。

例えば
1)毎月1万円は投資する
2)給与の5%は投資の資金にする

などだ。

ルールはあなたの生活が
苦しくならない程度で良い。

あとはしっかり自分で
決めたルールを守って
資金運用をしていけば
塵積でも10,20年後には
纏まった資金になっているはずだ。

【例】私のルールを紹介

私の場合は
「毎月1万円は投資する」
「子ども手当は資金運用に
回すようにする」
の2つを守っている。

前者は家族全体の将来の
蓄えとして、
後者は子供が成長した時に
掛かる1時金などに充てることを
考えて投資している。

このような形で
資金を回していれば
いずれその時が来ても
困ることなく対応できると思う。

積み上げの力を信じる

「そんなお金もない」

というあなたは
本当に資産に回せるお金は
ないだろうか?

月に数千円でも数百円でも良い。

少額でも積み上げれば
大きな額になっていく。

今から本当に少額でも良い。

将来の事を本当に考えたいなら
資金運用に捻出できるお金を
作り出してみてほしい。

ルールを決める・守る

人間は低い方へと
流れやすく出来ている。

それを防ぐためには
自分を律する事が重要だ。

無理のない範囲の
ルールを決めて守るだけ。

それが出来たとき
あなたは確実に一歩進んだ
状態になっているだろう。

最後に

資金運用に関して
「怖い」
「よくわからない」

と思っていた人がこの記事で
少しでも考えが変わってくれれば幸いだ。

今回紹介した
①銀行預金ではお金は増えない
②オススメの資産運用方法
③毎月の投資額ルールを決める

という3つのポイントは
資金運用をこれから行っていく人には
確実に考えるべき事だと思う。

今は流し読みをして
資金運用をしようと思ったときに
読み返してくれても構わない。

どうかこの記事が
あなたが行動するために
1つでも役立ってくれれば嬉しい。