生活改善

あなたが今のやりがいを見つける方法【子供時代の思い出から探す】

こんな悩みありませんか?

■今やりがいがない
■子供時代はやりがいがあった
■もっと楽しく生活したい

どうも、ぼんどです。

あなたは今の生活に
やりがいを感じているだろうか?

世の中には
昔はもっていたやりがいを
失ってしまった…
という人も多くいると思う。

そこで今回は子供時代を
振り返りつつ

①やりがいを忘れてる
②あなたの子供時代に質問する
③子供時代の楽しいは今に繋がる

という3つのポイントから
「あなたが今のやりがいを見つける方法」
を紹介していきたいと思う。

ぼんど

この記事を読むことで、あなたは子供時代の忘れてしまったあなたのやりがいの根っこの
部分を捕まえることができると思います!子供時代に楽しいと思ったことは大人になってもやりがいにつながりますよ!

ぼんど

ぼんどです。
Twitterもやってますので是非フォローお願いします。

①やりがいを忘れてる

やりがいを忘れてる

「今やりがいがない」

というあなたは
無理に新しいやりがいを
探す必要はない。

なぜならあなたは
「やりがいを忘れてる」
可能性が高いからだ

やるがいは必ずある

あなたがやりがいを
感じることは必ずある。

あなたはやりがいを
感じない人間ではない。

「今やりがいがない」
と思っているのは
あなたが何にやりがいを
感じるのか忘れているだけだ。


この記事を読んで貰えれば
きっとあなたの今のやりがいを
見つけるきっかけになると思うので
引き続き読み進めてみてほしい。

子供時代に夢中になれた事は?

子供時代にはあなたが
夢中になれたことは何だろうか?

ここで記事を読むを一度とめて
思い出してみてほしい。

…思い出せただろうか?

もし思い出せたなら
あなたがやりがいを感じる事が
できる人間だと証明できる。

子供でも大人でもあなたは
同じひとりの人間だ。

子供のことにやりがいを
感じることができたら
大人になってもやりがいを
感じることは当然できる。

今のあなたは子供時代からの積上げ

「子供時代を思い出しても意味がない」

ここまで読んでいて
そう思う人もいるだろう。

でも喜怒哀楽をはじめとして
今のあなたは子供時代からの
積み上げで出来ている。

だからあなたの
やりがいを見つけるには
子供時代からよく分析して
いくのが効率がよい。

子供時代にやりがいを
今のやりがいに出来ない、
と考えているかもしれないが
そこは少し見方を変えるだけで
いくらでも今のやりがいに出来る。

その詳細は3つめの
「子供時代の楽しいは今に繋がる」
で紹介したいと思う。

忘れたやりがいを思い出す

今やりがいがない人は
やりがいを忘れているだけだ。

だから子供時代の思い出から
紐解いてやりがいをみつけて
ほしいと思う。

詳細は次の章から説明するので
引き続き読み進めてみてほしい。

②自分の子供時代に質問する

自分の子供時代に質問する

「子供時代はやりがいがあった」

というあなたは
まさに子供時代から
今のやりがいを見つけることが
できるかもしれない。

子供時代から
やりがいを見つけるためには
「あなたの子供時代に質問する」
のが良い。

質問からヒントを得る

子供時代のあなたに
質問をしてみると
確実にやりがいを見つける
ヒントを得ることが出来る。

ではどのような質問を
していけばいいのか?

具体的な質問は
次に書いていくので
ぜひ参考にしてほしい。

あなたの子供時代への具体的な質問

あなたには
子供時代を思い出して
以下の質問をしてほしい。

子供時代を思い出すための質問

Q1.子供時代に楽しかった事は?
Q2.あなたは楽しい事をしてるときどんな感情だったか?
Q3.周りの人はあなたが楽しい事をしている時に何と言ってくれたか?

少なくともこの3つの
質問をしてほしい。

この3つの質問をするだけで
あなたが楽しいと思えることから
やりがいを見つけ出すヒントになる。

ちなみに私の答えはこうだ。

【私の回答(例)】
Q1.子供時代に楽しかった事は?
→A:面白いことを考えて友達を笑わせる。
Q2.あなたは楽しい事をしてるとき
 どんな感情だったか?

→A:人の感情を動かすのは楽しい。
Q3.周りの人はあなたが楽しい事を
 している時に何と言ってくれたか?

→A:活き活きしてると言ってくれた。

このような回答になり
私はいまでも人の感情や行動の
きっかけに自分がなれた時に
やりがいを感じている。

ブログもその一つで
このブログから一人でも
多くの人が何か行動を起こす
きっかけになってくれればと
思っている。

因みに今回の質問は
前田裕二さんの著書である
メモの魔力」から
特にやりがいを見つけるために
必要だと思う質問を無理やり
絞ってみた。

ぼんど

「メモの魔力」ではトータルで1000問のあなた自身を知るための質問があるので、もしやりがい以外にも色々と自己分析したい人は本書を手にとって読んでみてください!

メモの魔力
created by Rinker

1日1つ質問しよう

「考えている時間もない」

という忙しいあなたは
1日1問でいいから
答えてみてほしい。


私が無理やり絞った
3問だけ答えるなら
たった3日で終わる。

1000問でも毎日1問だけ
答えたら1000日で完了する。

流石に1000日はキツイかも
しれないが1日1問くらい
考えれる時間はあるはずだ。

本当にやりがいをみつけたいと
思っているなら最低でも
そのくらいの意気込みは
持ってほしいと思う。

子供時代にやりがいは隠れている

必ずあなたの
子供時代の思い出の中に
やりがいは隠れている。

ただ、
十数年前の記憶はなかなか
思い出すのに時間はかかるので
自分のペースでしっかりと
子供時代の思い出を探ってみてほしい。

③子供時代の楽しいは今に繋がる

子供時代の楽しいは今に繋がる

「もっと楽しく生活したい」

と思っているあなたは
子供時代をしっかり振り返ろう。

実は
「子供時代の楽しいは今に繋がる」
ことが多くある。

今のあなたにやりがいを合わせる

子供時代のやりがいがわかったら
後は今のあなたにやりがいを
あわせていくだけだ。

少し視点を変えるだけで
あなたの子供時代のやりがいは
絶対に今のあなたのやりがいに
することが出来る。

次に具体例をあげるので
ぜひ参考にしてほしい。

【例】今のやりがいに変える方法

ここでは子供時代のやりがいを
具体的に今のやりがいに
変える方法を紹介していく。

例えば子供時代に
「絵を書いて人を喜ばせるのが好き」
だったという人はココナラを使って
イラストを必要としている人のために
絵を描いてあげれば良い。

次に私のように他の人の
感情を動かすことにやりがいを
見出だせる人はブログSNSなどで
感情を動かしたい人をターゲットに
発信をしていけば良い。

ここでは2つ例をあげたが
他にも子供時代にやりがいと
感じた事を今のあなたのやりがいに
できるサービスは沢山でてきている。

あなたのやりがいが見つかったら
まずは検索してみて、
大人になった人がどのような形で
今のやりがいとして取り組んでいるか
調べてみて欲しいとおもう。

やりがいは勝手に寄ってこない

「やりがいを見つけるのが面倒」

と思ってしまうのも
仕方がないと私は思う。

子供の頃は色々なものに
好奇心があってとにかく
取り組む時間もあったが、
大人はそうはいかない。

大人になると時間の制約のなか
やりがいを見つけるのは
面倒と思ってしまう人もいるだろう。

でも
生活を少しでも楽しくしたい!
とあなたが本気で思っているなら
その面倒なことに取り組まなければ
ならない。

今になってやりがいを
探すのは確かに面倒だ。

でも見つけた後は
確実のあなたの生活の
視野は広がる。

それを実感したいなら
子供の頃を思い出し
今のやりがいを見つける
行動に真剣に取り組んでほしい。

やりがいは繋がっている

必ずあなたのやりがいは
子供時代の楽しかったことに
紐付いているはずだ。

その紐付けを探すのは
面倒な作業かもしれないが
今のあなたの生活を少しでも
楽しくしたいと思うなら
絶対に取り組んでほしいと思う。

最後に

この記事のポイント

①やりがいを忘れてる
②あなたの子供時代に質問する
③子供時代の楽しいは今に繋がる

大人になり
ただ何となく内定をもらい
ただ何となく仕事をしてきた人は
やりがいを見失っている可能性が高い。

そんなやりがいを見つけるためには
上記の3つのポイントを
抑える必要があると思っている。

どうかこの記事を読んで頂けたなら
あなたには今日からやりがいを
みつけるための一歩目を
踏み出してほしいと心より願っている。