生活改善

【効果あり】選択肢の少ないあなたが新しい選択肢を増やす3つの方法

どうも、ぼんどです。

皆様は自分の人生の
選択肢が多いか?少ないか?
と聞かれたらどう答えるだろうか?

おそらく「少ない」
答える人が多いだろう。

「もっと選択肢を広げたい」
「新たな選択肢を選ぶのが怖い」
「選択肢を増やしたいけど時間が無い」

と悩んでいる人は多いと思う。

そこで今回はそんな悩みを解決するため
「選択肢が少ないあなたが
新しい選択肢を増やす3つの方法」
を紹介していく。

ぼんど
ぼんど
ぼんどです。Twitterもやってますので是非フォローお願いします。

【効果あり】選択肢が少ないあなたが新しい選択肢を増やす3つの方法

あなたが新しい選択肢を
増やす方法は以下の3つだ。

①おすすめの選択肢の広げかた3選
②動けたら自分にご褒美を与える
③1日5分だけ動く


それぞれの詳細を
これから説明していく。

ぼんど
ぼんど
選択肢はそこら中に転がっていて、それを掴めるか否かはあたなの一歩しだいです!

①おすすめの選択肢の広げかた3選

「読書」「社外交流」「転職活動」をする

選択肢を広げるために
おすすめしたいのが
「読書」
「社外交流」
「転職活動」

の3つだ。

この3つを行えば
いやでも選択肢は広がっていく。

「読書」で知識を増やせば選択肢も増える

「読書」
たくさんの選択肢を持っている人が
必ずやっている事の一つだ。

その理由として
「読書」で知識を増やせば
「選択肢」も増えるからだ。

日頃から読書をしていない人は
圧倒的に知識の量が足りない。

そうすると選択肢の幅も
現状維持か少なくなるのがオチで
いつまで経っても増えていかない。

また、
今回オススメする
選択肢を増やす方法の中では
唯一いますぐできるのが「読書」だ。

本屋でも電子書籍でも何でもいい。

今すぐ気になる本を探して
買って読んでみよう。

その時点であなたの選択肢は
確実に1つ、また1つと着実に
増えていく。

「社外交流」で会社の外を知ろう

つぎにオススメしたいのは
「社外交流」だ。

ここでは
セミナー、ボランティア、趣味の交流
を指している。

どれも読書より勇気はいるが
一時的な交流でもあるので
恥ずかしからず参加してみてほしい。

そこで得られるのは
「会社の外」ことだ。

普段から会社と家の行き来しか
していない人は「会社の中」と
「家の中」の世界しかない。

それでは選択肢が
広がらないのも当然だ。

会社から一歩出た世界は
自分が知らなかった事だらけだ。

ぜひあなたが
「外のことを知らない事を知る」
きっかけとして社外交流を
利用してみてほしい。

「転職活動」であなたの価値を知る

最後にオススメしたいのが
「転職活動」だ。

「今の会社を辞めるの?」
と思うかもしれないが
そこまでしなくていい。

転職活動の目標は、
転職サイトに登録し、
エージェントに会って
あなたの市場価値を聞く

という所だ。

転職エージェントは
沢山の転職希望者を
見てきている。

そのため
あなたが市場全体で
どのようなポジションかを
よく把握しているし丁寧に
教えてくれる。

その中でエージェントは
あなたの価値のあるスキルや、
持っておくといいスキルなども
はっきり教えてくれる。

そこがわかれば
価値あるスキルをもっと伸ばすか?
必要なスキルを習得するか?
どっちかを目指せばいい。

この時点であなたは
「選択肢が少ない…」
悩んでいることはもう無いだろう。

【例】私の「読書」「社外交流」「転職活動」

実際に私が行っている
「読書」
「社外交流」
「転職活動」
を参考までに紹介したい。

私の「読書」

わたしは毎日少しずつでも
読書をして最低でも月に
3冊は読むようにしている。

読書の媒体はもっぱら
「電子書籍」だ。

スマホで読めるから
本に持ち帰る必要もないし、
ページも記憶しているので
しおりを挟む手間もない。

また片手で読めるから
電車通勤などでも邪魔にならない
というメリットもある。

読むタイミングは
スキマ時間を使って読むのが
ほとんどだ。

通勤時間や何かの待ち時間で
読む癖がついている。

オススメするのは
「Kindle」アプリの入手と
「KindleUnlimited」のサービスだ。

アプリは無料、
サービスは約1,000円/月で
多くの本が読み放題なので
知識を沢山得ることができる。

KIndle アプリ

私の「社外交流」

社外交流は月に1回ほど
行うようにしている。

イベントは全て
「Peatix」で探している。

内容も同じような社会人が
参加しそうなイベント、
規模も大小それぞれなので
ぜひ活用してみてほしい。

※リンク

https://peatix.com/?lang=ja

私の「転職活動」

最後にオススメする
「転職活動」は
某有名な転職サイトを
登録している。

「DODA」や
「リクナビNEXT」
などそのあたりから登録して
色々と情報を伺うのが
いいと思う。

※「DODA」

https://doda.jp/

※「リクナビNEXT」

https://next.rikunabi.com/

まずは「読書」から始めよう

ここまで読んで
「そんなにいきなり出来ない…」
「時間があるからそんなに出来るんだ…」

と感じた人もいるかも知れない。

確かにいきなり
セミナーや転職活動に
動くのは時間の確保が
難しいかもしれない。

そんなあなたは
とりあえず「読書」から
始めてみよう。

私もスキマ時間で
本を読んでいるように
ちょっとした時間で
すぐに出来る。

それであれば
すぐに始められるだろう。

「読書」「社外交流」「転職活動」をしよう

以上、
選択肢が少ないと思ったら
「読書」
「社外交流」
「転職活動」
の3つをしよう。

私も身を持って実証しているが
本当にこれだけで選択肢は
かなり広がるので試してみてほしい。

②動けたら自分にご褒美を与える

行動できた自分にご褒美をあげよう

どんどん選択肢を広げるためには
行動を増やすことが不可欠だ。

その行動を増やすために
「行動できた自分にご褒美をあげる」
というが私は有効だと考えている。

「ご褒美のために動く」で最初ははじめてみる

なぜ
「自分にご褒美をあげる」
のがいいのか?

それは
条件反射をつけるためだ。

人間は「始めの1歩」が
踏み出せない。

そのため最初は
「ここで動けばご褒美が待ってる。」
という形で最初の一歩を無理やり
踏み出すようにしよう。

そうやっていくうちに
始めの一歩が軽くなり
いろんな行動がしやすくなる。

気づけばあなたは行動するのが
当たり前になっているはずだ。

私は行動を起こせたら「焼き肉」に行く

私も最初の一歩は怖いし
踏み出せないときがある。

そんな時は
「予定通り動けたら焼き肉に行く」
と自分にご褒美を与えている。

そうすると
目の前に人参が吊るされた馬のように
重い腰も持ち上がるのだ。

いつのまにか
それが条件反射になり
焼き肉が食べたい日は
何か行動をしなければと
行動と結果が逆転している。笑

それでも動けないならご褒美の質を上げる

もしそれでも
「私は動けない。」
という人がいるかもしれない。

そんな人は自分の行動の
ご褒美を過小評価しすぎだ。

もっと動けた自分を褒めていい。
それに値するご褒美を上げていい。

ご褒美の質を思いっきりあげよう。
そうすれば動けるはずだ。

「行動」と「ご褒美」の上手なバランスを

選択肢を増やすには
行動することは必須。

そのためには動き出す
「始めの一歩」の怖さを
克服しよう。

そのために動けた自分に
ちゃんとしたご褒美をあげて
少しずつ行動することが
普通になるようにしていってほしい。

最後に
あまりご褒美を上げ過ぎも
出費がかさんでしまうので
そこは注意しよう。笑

③1日5分だけ動く

動けないなら「1日5分だけ」動こう

ここまで来ても
「やっぱり動けない」
という人はどうすればよいか?

最終手段として
「1日5分だけ」
をキーワードにしてみよう。

それであれば
行動を起こすことが出来て
選択肢を広げていける。

1日5分だけなら…どうにか動ける

我々は
「面倒くさい」
に支配されている。

それは勝手に
面倒な未来を想像してしまう
からだ。

そんな未来を考える余地を
与えない方法として
「1日5分だけ」が
有効だと思う。

これが
「1日1時間」だと
あれもあって…これもやって…
と色々と考えて面倒になってしまう。

それを
「1日5分」にすれば
色々と考える余地がなくなる。

そうすればただ動くだけ…
と、どうにか動けるように
なるのだ。

実際に騙されたと思って
試してほしい。

効果は絶大だ。

私は1日5分だけでも「読書」をする

選択肢を広げるために
「読書」は必須だと書いた。

でも時には
「読書」が出来なかったり、
忙しくて読むのが面倒な時もある。

そんな時はこの「1日5分だけ」が
効果バツグンだ。

読書が出来なかった日は
とりあえず寝る前でも
5分だけ読書の時間に充てている。

そうすれば10ページ近く読めるし
場合によってはキリのいい所までと
気づけば30分、1時間と読み進めて
しまっている。

1日5分だけ効果はそれだけ力がある
ことを身を持って実証している。

1日の間で5分は必ず作り出せる

「5分も時間が取れない」
という人は流石にいないと思うが
もしいた場合に一言。

もしゲームやアプリ、
SNSなどをやっているなら
その時間を5分だけ減らそう。

それくらいは出来るはずだ。

その5分で自分の選択肢を増やすのか、
何もせずにずっと選択肢を維持・減少
させるかは全てあなたの行動しだいだ。

「1日5分」は「1年1825分」

「1日5分」
…それをコツコツと
毎日積み上げていこう。

気づけば
「5分×365日=1825分」
になっている。

1日が1440分なので、
5分の小さな積み上げで
あなたは1年で1日以上の時間を
自分の選択肢を増やすために
使えるのだ。

最後に

「選択肢が少ないな…」
と思ったら本当に行動するしかない。

その行動が難しいのだが…
私も実際に動けた事例をもとに
今回は紹介させてもらった。

実際にあなたが
①おすすめの選択肢の広げかた3選
②動けたら自分にご褒美を与える
③1日5分だけ動く

を実践すれば確実に
選択肢は広がっていく。

そうすれば
日々の生活で迷った時は、
大きな判断を迫られた時、
必ず良き方向にあなたを
導いてくれるはずだ。

そのためにこの記事を
読んだ今この瞬間から
あなたが出来る事から
動き出してほしい。