生活改善

【超簡単!】誰にでも出来るズボラな体調管理の方法

どうも、ぼんどです。

あなたは
自身の体調管理は
しっかり出来ているだろうか?

今回書く記事は
「体調管理が苦手」
「よく風邪をひく」
「体調良好な日がない」

と悩んでいるのに
体調管理が面倒と…
思っているわがままな
あなたにオススメしたい。

今回は
①ズボラな体調管理方法
②常に体温を気にする
③毎朝体重計に乗る

という3つのポイントから
「誰にでも出来るズボラな
体調管理の方法」
を紹介していく。

ぼんど
ぼんど
ぼんどです。Twitterもやってますので是非フォローお願いします。

ぼんど
ぼんど
毎日5分もいらず出来ることなので是非参考にしてみてください。

①ズボラな体調管理方法

ズボラな体調管理方法

「体調管理が苦手」

というあなたのために
今回は私がオススメする
「ズボラな体調管理方法」
を紹介する。

少なめの食事、週2回の休肝日

私がオススメしたいのは
1)少なめの食事
2)週2回の休肝日

この2つだ。

人は食べないと生きていけない。
でも今の現代人は食べすぎだと
言われている。

そして食べ過ぎると身体に
負担にもなることや脂肪が過剰に
つく原因にもなる。

腹八分目という言葉があるが
まさにその通りであなたが
満腹になるより少し少ない
くらいの食事にすることが
体調を保つためには必要だ。

つぎに週2回の休肝日を設けることだ。

これは飲酒をしない人には
関係ないかもしれないが、
もしお酒を飲む人は必ず
取り入れてほしい。

内臓も適度に休ませないと
機能しなくなっていく。

また肝臓は体調を良好に
保つためには非常に大切な臓器だ。

もし長く健康に生きたいと思うなら
週2回くらいの休肝日は作れるだろう。

暴食、飲酒は「機会損失」になる

他にも
1)少なめの食事
2)週2回の休肝日

にすることは機会損失を
防ぐ効果もある。

少なめの食事にすることは
食事の後に襲ってくる眠気を
抑える事ができ、食事後の
集中力をキープ出来る。

休肝日を設けることは
二日酔いや飲んだ後に襲ってくる
倦怠感を回避できる。

もし暴飲暴食をしてしまうと
食事による眠気やアルコールの分解に
時間を取られて万全のコンディションで
生活が出来なくなる。

体調をちゃんとキープしたいなら
1)少なめの食事
2)週2回の休肝日

を意識してみてほしい。

たまには破ってもいい

「どちらも毎日は厳しい」

ここまで読んでいて
そう思う人もいるだろう。

もちろんどうしても
出来ない日はあると思う。

そんなときは2つの
掟を月に1,2回は破っても
良いと思っている。

そして次の日から
ちゃんと守ればいいのだ。

ストレスも体調には大敵なので
あなたに過度なストレスが
かからない程度に守ってほしい。

誰にでも出来る!

今回紹介した
1)少なめの食事
2)週2回の休肝日

は決して難しい事ではない。

色々と体調管理のために
無理をして挫折するくらいなら
この2つを守れさえすれば良い
とさえ私は思っている。

そしてこの2つは
あなたにも出来ると思う。

ぜひ参考にして取り入れて
貰えると幸いだ。

②常に体温を気にする

常に体温を気にする

「よく風邪をひく」

というあなたに
オススメしたいことは
「常に体温を気にする」
ことだ。

免疫力を維持する

体温はあなたの体調を
キープするために非常に
必要な要素になる。

いつもより
体温が下がっていると
免疫力が下がって体調が
悪くなりやすかったり、
逆に体温が上がりすぎると
苦しくて眠れなかったりする。

毎日のように自分の体温を測り、
いつもより上下があるようなら
その日のスケジュールを無理の
ないように変更するようにしよう。

【例】冷たい食事を避ける

私は極力冷たい飲み物や
食べ物は避けるようにしている。

冷たいものを摂取することで
すぐに体温が下がることは
ないのだが、やはり内蔵の
機能は冷たさで低下するからだ。

そんな日に無理をして
色々と活動すると体調不良に
繋がりかねない。

事実、
忙しい日に冷たいものを
摂取したりすると次の日に
体調が良くない日が多い。

たまには良いのだが
出来る限り冷たいものは
避けるのが良いと考える。

体温をコントロールする

「体温なんて気にしてられない」

と思う人もいるだろう。

確かに若いうちは
体力で十分カバーできる。

でも私も30代に入り、
いかに自分の身体を
コントロールできるかを
考えるのは必要だと思うように
なってきた。

毎日を活力をもって楽しく
過ごすためには自分の体調を
管理することは本当に必要なのだ。

体温もその一つで、
もし平熱より上下しているなら
体調不良をサインかも知れないので
その日は無理をしないなど
自分でコントロールしてほしい。

常に体温を気にしよう!

体温はあなたの
身体を調子をみるバラメータだ。

体温を毎日計るだけで
調子がいいのか悪いのかを
知るきっかけになる。

体温を計ることは1日5分も
かからずに出来るので
面倒くさいと思わず
あなたの生活に取り入れてほしい。

※オススメの体温計

③毎朝体重計に乗る

毎朝体重計に乗る

「体調良好な日がない」

というあなたは
「毎朝体重計に乗る」
ように心掛けよう。

体重キープは超重要

あなたにとっての
適正体重は必ずある。

軽すぎても立ち眩み、
重すぎても腰痛など、
訂正体重から傾くと
身体の不調に繋がる。

そのために必要なのが
「毎朝体重を計る」
ことだ。

毎朝計ることで前の日より
増えてるのか減ってるのかを
しっかり確認し、その日に
適正体重に戻すように調整する。

これを繰り返せば
大幅に体重が増減することは
なくなる。

朝の体重から微調整

私も実際に毎朝体重を
測ってその日に微調整している。

そうすることで
体重に悩むという事がなくなり
その分ストレスも軽減できる。

たまには暴飲暴食を
してしまうことは認めるが、
それでも増えてしまった体重は
毎朝測って少しずつ元に戻してる。

もし体重の増減で悩んでいるなら
毎朝体重計に乗ることを生活の
一部に取り入れてみてほしい。

体調管理の参考になる本

「色々を調整するのが面倒」

と思っている人も
多くいると思う。

どのような
食事に気をつければいいかは
本で学んだ方が正確だ。

私が読んでみて
食事や体調管理で
有効だと思った本を
紹介するので参考にしてほしい。

毎朝体重を計るだけ

体重に悩むというのは
無駄な時間だと思っている。

少しでも
そんな時間を減らすためには
毎朝体重計に乗れば良いのだ。

これも体温計と一緒で
1日5分で出来ることなので
ぜひ取り組んでほしい。

最後に

以上今回は
私のズボラな体調管理の
方法を紹介した。

①ズボラな体調管理方法
②常に体温を気にする
③毎朝体重計に乗る

この3つを抑えておけば
複雑な体調管理はしなくても
良好にキープできるはずだ。

ぜひあなたにとって
参考になれば幸いだ。