生活改善

【必見】「会社行きたくない…」と思う5つの理由と休むべき4つのサイン

こんな悩みありませんか?

■会社に行きたくない
■会社を休みたい
■明日が会社だと思うと憂鬱になる

どうも、ぼんどです。

仕事がどうしても嫌で
「会社に行きたくない」
「会社を休みたい」

と思ったことがある…

むしろそう思ったことが
無い人を探すほうが難しいと思う。

私も当然そのひとりで
実際に我慢をして仕事をして
休職してしまった経験がある。

そこで今回は私の休職をした
経験などをふまえて

①会社に行きたくない5つの理由
②会社を休むべき4つのサイン
③会社に行きたくない気持ちを

 回避する4つの対策

という3つのポイントから
「会社に行きたくないと思う
5つの理由と休むべき4つのサイン」
を紹介していきたいと思う。

ぼんど

この記事では、実際に休職を経験したことがある私が感じた仕事が行きたくないと思う理由、カラダ出している休むべきサインを紹介していきます。この記事を読んで少しでも自分に当てはまると思った人は一度立ち止まって今の働き方、これからの働き方を考えてみてください。

ぼんど

ぼんどです。
Twitterもやってますので是非フォローお願いします。

①会社に行きたくない5つの理由

会社に行きたくない…この5つが大きな理由

会社に行きたくない

というあなたにはまず
会社に行きたくない5つの理由
を紹介する。

会社に行きたくない5つの理由
1)人間関係
2)慢性的な疲れや眠気
3)仕事のプレッシャー

4)時間に縛られる感覚
5)やりたいことと現実の乖離
ぼんど

この5つの理由のうち1つ、または複数の理由が原因で会社に行きたくないと思ってしまうことが大半です。まずはあなたが「なぜ会社に行きたくないと思うのか?」を5つの理由にあてはめて分析してみてください。

1)人間関係

「明日も上司に会わないといけない…」
「取引先に確実に怒られるな…」

というように「人間関係」
仕事が行きたくない、
仕事を休みたいと思う
一番大きな理由だと考えている。

人間関係が原因で
会社に行きたくないと思ったら
早めに対策をうってほしい。

人間関係でうつべき対策例

・一人で苦手な人に会わない
・苦手な人とは距離をおく
・好かれようとしない

このような
対策をうってほしいのには
もう一つ理由があり、
人間関係で悩んでいると
「好きな人との関係も悪化する」
可能性があるからだ。

苦手な人と無理に付き合っていると
だんだんと人間関係そのものが
いやになり好きな人と付き合うことも
面倒になってしまうかもしれない。

これでは
誰も幸せにならないから
人間関係の悩みはすぐに
解決するようにしてほしい。

2)慢性的な疲れや眠気

「寝ても疲れが取れない」
「休みもリフレッシュできない」

睡眠やストレス解消は
甘くみてはいけない。

「慢性的な疲れや眠気」
は会社に行きたくないと
考えてしまう原因につながる。

疲れや眠気が取れないと

・集中力がなくミスが増える
     ↓
・ミスで上司や先輩に怒られる
     ↓
・挽回するために遅くまで働く
      ↓
・疲れや眠気が取れずにまたミスする

このような悪循環を招いてしまう。

忙しい時期などはあるので
どうしても仕事が遅くなって
疲れが取れない時はあると思う。

ただ、
そんな時でも少しでも睡眠の質を
あげて疲れを取るようにする
努力をして悪循環に陥らないように
してほしいと思う。

睡眠の質の上げ方は睡眠の質については別の記事でまとめてますので、ぜひあわせて参考にしてみてください。

※記事はコチラ↓↓
サラリーマンが忙しくてもできる睡眠の質を上げる方法【3つの習慣、3つの環境、4つのグッズ】

3)仕事のプレッシャー

「ノルマが終わらない」
「納期がタイトな仕事が多すぎる」

このように
「仕事のプレッシャー」
重いのも会社が行きたくないと
思ってしまう理由になる。

もちろん
プレッシャーや緊張感は
ある程度は仕事に必要だと
私は考えている。

でも過度なプレッシャーは
あなたを壊してしまうかもしれない。

だから
あなたにとって今の仕事が

・辛くてもやりたいと思えるプレッシャーなのか?
・プライベートも楽しめるくらいのプレッシャーなのか?

というポイントで
あなたに掛かっているプレッシャーを
ちゃんと見直してみてほしい。

仕事が遅いと感じてしまったり要領が悪いと思ってしまう人は、その改善にも目を向けてみてください。どちらも別の記事でまとめてますので時間があればもう1記事よんでいただければ幸いです。

※記事はコチラ↓↓
仕事の「要領が悪い」と思っている人が考えるべきポイント【結論:5つの原因と6つの改善策】

【必見】仕事が遅いと思うサラリーマンの「5つの原因」「6つの改善方法」「3つのデメリット」を解説

4)時間に縛られる感覚

「いつも残業で時間がない…」
「毎日ほとんど仕事に時間を取られてる…」

このように
「時間に縛られる感覚」
を感じてしまうようになると
会社に行きたい気持ちが無くなり
休みたいと思う原因になってしまう。

特に在宅勤務が増えた今では
仕事とプライベートの境界線が
無くなったり、通勤もないから
いつまでも仕事を続けたり
する人が増えたかと思う。

そんな人がふと
「時間に縛られている」
「自由に使えている時間が無い」

と思ってしまうと気持ちが
一気に沈んでしまう可能性がある。

日頃から仕事とプライベートの
メリハリをつけるようにして
あなたが自分で時間を使えている
感覚を持てる機会を作ってほしい。

5)やりたいことと現実の乖離

「入社後に別にやりたいことが見つかった」
「家族もいるし嫌でも仕事がやめられない…」

このように
「やりたいことと現実の乖離」
がおきると仕事に行きたくなくなる。

生活様式などをはじめ
これだけ変化のはげしい環境だと
「自分はこのままで良いのか?」
「もっとやりたいことが見つかった」

と思ってしまうことは当然だと思う。

あなたのそんな素直な感情と
今の仕事との距離感が段々と
仕事のやる気をなくして
行きたくない、休みたいと
思ってしまうのだ。

対策は別のポイントで説明するが、
そんな今だからこそ趣味や副業に挑戦など
今の仕事以外でも楽しめる・生きる道を
探してみるチャンスだと思う。

つらいけど受け止めないと進まない!

「辛いことは考えたくない。逃げたい。」

と思ってしまう人もいると思う。

一時的に逃げるのは有りだと
私は思っているが、最後には
ちゃんと受け止める必要がある。

そうしないと
いつまでたっても前に進めないからだ。

どうか今回説明した

会社に行きたくない5つの理由
1)人間関係
2)慢性的な疲れや眠気
3)仕事のプレッシャー

4)時間に縛られる感覚
5)やりたいことと現実の乖離

この5つの理由をヒントに
あなたが会社に行きたくないと
思う理由をしっかり把握、
受け止めて進むきっかけに
なってくれればと思っている。

理由を把握して前に進もう

ここでは
「会社行きたくない、休みたい」
と思う理由を5つ紹介した。

会社に行きたくない5つの理由
1)人間関係
2)慢性的な疲れや眠気
3)仕事のプレッシャー

4)時間に縛られる感覚
5)やりたいことと現実の乖離

すべてて
わたしが経験してきたことから
5つに絞ってみたが、何かしら
ちかしい理由はあなたにも
見つかると思う。

見つけたら
その理由から逃げず
しっかり理由として受け止め
前に進む準備をしてほしい。

②会社を休むべき4つのサイン

この4つのサインがでたら要注意!

会社を休みたい

というあなたに次は
「会社を休むべき4つのサイン」
を説明していく。

会社を休むべき4つのサイン
1)眠れない、日中眠い
2)体力の低下
3)無気力になる(喜怒哀楽が無くなる)

4)大切な人への思いやりがなくなる
ぼんど

これら4つのサインはわたしが実際に休職になる前に起こったことです。もし1つでもあてはまるなら、あなたのカラダは「少し休もう」というサインを出しているのだと思ってください。

1)眠れない、日中眠い

「必ず夜中に目が覚めてしまう」
「寝てるはずなのに日中も眠い」

このように
「眠れない、日中眠い」
という睡眠に何かしら障害が
でたら気をつけてほしい。

私の場合は眠気が収まらなくなり
休職の直前は休みの日も
ベッドから起き上がれなくなった。

寝る時間は変わっていないのに
このような症状が出た場合は
すぐに病院に相談するなど
できる限り早めに改善してほしい。

ここでは
私のようになってしまっては
遅いということを理解して
もらえたらと思う。

2)体力の低下

「急に体力が落ちたな…」
「ちょっと動いただけで息切れがする」

このような
「体力の低下」
注意してほしいサインだ。

急激に体力が落ちたのは
心の不調からサインである
可能性がたかい。

私も明確な原因はわからないが
おそらく睡眠に障害が生じたことで
急激にちょっと動いただけで
息切れするようになった。

カラダの不調の原因は
人それぞれではあるが
「最近妙に体力が落ちたな」
と思ったら何かしら
あなたに向けて休めという
サインだと考えてほしい。

3)無気力になる(喜怒哀楽が無くなる)

「仕事も趣味もやる気が出ない」
「何をしても楽しく感じない」

このように
「無気力になる(喜怒哀楽が無くなる)」
こともカラダが出している
危険なサインだと思っていい。

ただ厄介なのは
「自分で気づかない」
ことが多いことだ。

だからもし他の人に
「最近元気ないね」
「趣味に取組んでる?」

なんて聞かれることがあったら
自分の調子が悪くなっている
サインだと思うようにしよう。

4)大切な人への思いやりがなくなる

「家族の話が耳に入ってこない」
「家族・恋人と出かけるのが億劫になる」

最後に紹介するのが
「大切な人への思いやりがなくなる」
という状態だ。

これは私の経験から言うが
大切な人の話が耳に入ってこなくなったら
すぐに休むべきだと思う。

あなたにとって一番大切なのは
仕事だろうか?大切な人だろうか?

ほとんどは後者だと思う。

そんな大切な人のことに
自分の意識が向かなくなったら
すぐに仕事のペースを落とすなり
しっかり休むなりを検討してほしい。

自分にとって大事なものは何かを
ちゃんと見極めてほしい。

もしわたしが休んでいなかったら…

会社を休むべき4つのサイン
1)眠れない、日中眠い
2)体力の低下
3)無気力になる(喜怒哀楽が無くなる)

4)大切な人への思いやりがなくなる

私は今回あげた
この4つのサインを
3ヶ月ほど放置していた。

そしてベッドから出られなくなり
2ヶ月ほど休職をしたが、
「もしあのとき休んでいなかったら」
と思うことが今でもある。

もし休んでいなかったら
症状はもっと悪化していたと思うし、
最悪家族との関係も悪化していたと思う。

振り返れば
「早めに休んで良かった」
というのが今の結論だ。

もし休んでいなかったら
もっと休む期間も長引いていただろうし、
何より家族との関係が壊れていたかも
しれないと思うと良い決断だったと
考えている。

もし
「会社に行きたくない」
「会社を休みたい」

と思う日が増えたら
「自分にとって1番大事なものは何か?」
を真剣に考えてみてほしい。

どれか1つでも兆候があるなら要注意!

会社を休むべき4つのサイン
1)眠れない、日中眠い
2)体力の低下
3)無気力になる(喜怒哀楽が無くなる)

4)大切な人への思いやりがなくなる

もし1つでも
すでに兆候としてあなたに
現れているなら要注意だ。

かならず
「自分にとっていちばん大事なものは?」
「会社は何よりも優先すべきことなのか?」

などよく考えてほしい。

そして
自分の体調を整えることを
最優先にしてほしいと願っている。

③会社に行きたくない気持ちを回避する4つの対策

この4つの対策で会社に行きたくないを減らそう!

明日が会社だと思うと憂鬱になる

こんな考えに対して最後は
会社に行きたくない気持ちを
 回避する4つの対策

を紹介したいと思う。

会社に行きたくない気持ちを回避する4つの対策
1)「傷病手当金」の存在を知る
2)頑張っている自分を褒める
3)仕事を完全に忘れる時間をつくる

4)今の仕事をやめても生きれる道をつくる
ぼんど

色んな選択肢があることをよく理解することが大事です。そのためにこの4つの対策が必ず活きてくると思いますのでこのあとの具体的な説明も確認してみてください。

1)「傷病手当金」の存在を知る

「会社を休むと稼ぎが無くなる」
「会社を休むと生活できない」

と思っている人は
「傷病手当金の存在を知る」
ことが大切だと考えている。

傷病手当金とは以下の通りだ。

傷病手当金は、病気休業中に被保険者とその家族の生活を保障するために設けられた制度で、被保険者が病気やケガのために会社を休み、事業主から十分な報酬が受けられない場合に支給されます。

全国健康保険協会:「病気やケガで会社を休んだとき(傷病手当金)」より引用

詳しい内容は引用先を参照してほしいが
ざっくり内容をまとめると
「会社を休みたい」と思い
実際に休んでしまっても
「おおよそ給与の3分の2は
傷病手当金がでる」
という内容だ。

だからもしお金の面が心配で
辛い思いをしているのであれば
「傷病手当金がある」
ことを理解しておけば
ある程度は支えになると思う。

もちろん収入は減ってしまうが
節約などすれば生活が苦しく
なることはないはずだ。

だから
「会社を休みたい時も
お金はある程度は出るんだ」

ということを理解してほしい。

傷病手当金について詳細は
以下の外部サイトも参照してほしい。

【外部リンク】
カオナビ:傷病手当とは? 傷病手当の支給条件や規定、申請手順について

ぼんど

あくまでサラリーマン(会社員や公務員)の健康保険の制度になり、自営業や個人事業主は対象外となりますので、その点はご注意ください。

2)頑張っている自分を褒める

次に
「頑張っている自分を褒める」
ようにしてほしい。

「休みたいと思う自分はダメだ…」
ではなく
「今まで頑張った自分はエラい!」
と思うようにしよう!

ちなみに10年働いた人が
どのくらい仕事に時間を
使ってきたかわかるだろうか?

仮に1日8時間、月に21日労働だと
考えると以下の通りになる。

1日の労働時間8時間
1ヶ月の労働時間
(8時間×21日)
168時間
1年の労働時間
(168時間×12ヶ月)
2,016時間
10年の労働時間
(2,016時間×10年)
20,160時間

あくまで仮定だが
10年はたらくと20,160時間だ。

よく人は何かのプロになるには
10,000時間が必要と言われており、
10年の労働時間は2つのことで
プロになる時間と一緒だ。

その間に仕事が大変でも
頑張ってきた自分を褒めるのは
当然の権利だと思う。

3)仕事を完全に忘れる時間をつくる

「休みでも仕事のことを考えてしまう」
「仕事のことが夢にも出てくる」

こんな思いを断ち切るには
「仕事を完全に忘れる時間をつくる」
ようにしてほしい。

時間の指定はないが
本当に一瞬でもいいから
仕事を完全にわすれる瞬間を
作るだけ気持ちが軽くなる。

なお、
わたしがオススメする
仕事を忘れる方法は2つだ。

仕事を完全に忘れる2つの方法

・サウナでととのう
・瞑想

サウナは熱さで
瞑想は自分のカラダに注視することで、
それぞれ仕事を忘れることができる。

サウナの入り方や
瞑想に関してはそれぞれ
オススメの動画を貼るので
そちらを参考にしてみてほしい。

【サウナの解説はコチラ↓↓】

【瞑想の仕方はコチラ↓↓】

4)今の仕事をやめても生きれる道をつくる

最後に紹介したい対策は
「今の仕事をやめても
生きれる道をつくる」
ということだ。

具体的には2つあり

・転職の選択を作っておく
・趣味を副収入にする

この2つを今の仕事と
並行してやっておくと良い。

・転職の選択を作っておく

すぐに転職しなくてもいいので
「転職する選択もあるんだ」
という気持ちがあるだけで
今の仕事へのプレッシャーは軽くなる。

とりあえず転職サイトに登録し
エージェントの人に相談するだけでも
色々が視野は広がる。

もちろんエージェントへの相談は
無料でできる。

オススメの3つのエージェントの
リンクを貼るので、まだ登録を
したことない人はまずは登録だけでも
してみてほしい。

【オススメ転職サイト】
リクルートエージェント

マイナビエージェント

JACリクルートメント

・趣味を副収入にする

「趣味を副収入にする」
こともあなたの選択肢を
増やす方法として考えてみてほしい。

例えばイラストが得意なら
ココナラ」というサイトで個人で
イラスト作成を請け負うことができる。

次に特段スキルがなくても
PCは今はほとんど使っていると思うので
そのPCスキルで事務処理作業などを
クラウドワークス」で個人で
請け負うことも可能だ。

ぜひあなたの趣味などを使って
副収入という手段も本業以外でも
生きれる道として確保してほしい。

余裕がないならまず休もう

「本業以外のことを考える余裕がない」

と思っている人は
「余裕がないならまず休もう」
と言いたい。

色々と収入源の複線化なども
対策として説明しているが
余裕がないと考えられない。

先ほど説明した通り
もし仕事を休んでしまっても
「傷病手当金」
を申請すれあある程度の生活費は
確保することができる。

だから
余裕がないならしっかり休んでから
今後のあなたの身の振り方を
じっくり考えてみてほしい。

今の環境を変えていこう!

会社に行きたくない気持ちを回避する4つの対策
1)「傷病手当金」の存在を知る
2)頑張っている自分を褒める
3)仕事を完全に忘れる時間をつくる

4)今の仕事をやめても生きれる道をつくる

今回紹介したこの4つを
しっかり理解していけば
「仕事に行きたくない」
「仕事を休みたい」

という気持ちは確実に
減らしていくことができる。

なぜならあなたは
「今の仕事が全てじゃない」
と気付くからだ。

どうかあなたには
その考えから開放されて
自分で環境を変えていく術を
身につけて言ってもらえればと思う。

この4つがそのヒントになれば幸いだ!

最後に

この記事のポイント

①会社に行きたくない5つの理由
②会社を休むべき4つのサイン
③会社に行きたくない気持ちを回避する4つの対策

今回の記事は
「仕事に行きたくない」
「仕事を休みたい」

と感じてしまうあなたに

「会社にいくことに拒否反応が出た時の兆候や理由を知ってもらうこと」
「いまの会社がすべてではなく休むことや他の選択肢を探すことも重要なこと」

を知ってもらいたくて
思って書いた。

どうかこの記事を読んでくれた人が
「会社に行きたくない気持ちが軽くなった」
「会社以外の選択肢が見つかった」

という前向きな気持ちになるきっかけに
この記事がなってくれればと心より願っている。