生活改善

【発見】「嫌われる勇気」を持つと人生が楽になる件

どうも、ぼんどです。

あなたは
世間や周りの目ばかり
気にしていないだろうか?

私も以前まではそうだったが
その時は毎日がどんどん
苦しくなっていった。

ただ、
今ではそんな状態から
少し抜け出している。

それは
「嫌われる勇気」
を持ったからだ。

「周りの目ばかり気になる」
「人に良く思われたい」
「自分が好きになれない」


そんなあなたのために今回は
「嫌われる勇気を持つと
人生が楽になる件」

というテーマで書いていく。

ぼんど
ぼんど
ぼんどです。Twitterもやってますので是非フォローお願いします。

【発見】「嫌われる勇気」を持つと人生が楽になる件

「嫌われる勇気」を持つと
人生が楽になる理由を
以下の3つのポイントで紹介する。

①他人の価値観で生きない
②他人はあなたを見ていない
③自分を好きになる方法

では詳しく説明していく。

ぼんど
ぼんど
他人の人生を生きようとしてませんか?あなたはあなたの人生を生きよう!

①他人の価値観で生きない

他人の価値観で生きない

「周りの目ばかり気になる」

そんなあなたは
「他人の価値観」
を気にしすぎている。

あなたの人生は
あなたの為にある。

まずは
「他人の価値観で生きない」
ことから始めてみてほしい。

他人の価値観で生きると後悔する

もちろん
他人によく見られたい
という気持ちはあっていいと思う。

ただそれは
他人に不信感与えない程度でいい。

無理に
「他人に好かれよう」
と思うのはご法度だ。

仮に
他人に好かれよう
他人に良く思われよう
と思って生きてたとしよう。

そんな人は必ずいつか後悔する。

人が最期を迎えた時に
後悔することとして
「他人に期待された人生ではなく、
自分の心に忠実に生きれば良かった。」

と思うらしい。

そんな後悔をあなたにはして欲しくない。

だから今日から
他人の価値観で生きる事を
やめていこう。

【例】親の価値観に従った人生

よくある例として
「親に敷かれたレールで生きてきた」
「親の言うことに従ってきた」

こんな人を見かけないだろうか?

もしかしたら
あなたがそうかも知れない。

または
あなたが親として子供に
そのような生き方を強いて
いるかも知れない。

それこそ
「他人の価値観で生きている」
まさに悪い例だ。

すぐに自分の人生を
生きる事を考えていこう。

子供時代の夢を思い出す

「自分の生き方がわからない」

とここまで読んで
そう思っている人も
いるかもしれない。

そんな人は
「子供時代の夢を思い出す」
ことをオススメする。

子供の時に
「楽しかったこと」
「憧れていたこと」
「夢中になれたこと」
「将来なりたかったこと」

そんな事を思い出して
紙に書き出してみて欲しい。

その中に必ず
「あなたの価値観」
のヒントになるものがあるはずだ。

そうやって自分の人生を
生きる道を探していってほしい。

他人の価値観は参考程度にする

もちろん他人の価値観は
あなたに良い影響を与える事もある。

でもあくまで人生の
主役は「あなた自身」だ。

他人の価値観を生きるのではなく
あくまで参考にしながら
あなた自身の人生を楽しんでほしい。

②他人はあなたを見ていない

自意識に気づこう

「人に良く思われたい」

という人もいるだろう。

そんなあなたには
残念なお知らせがある。

それは
「他人はあなたを見ていない」
という事だ。

他人に良く思われたい…それはあなたの感情

「人に良く思われたい」

という感情の主語は
誰かわかるだろうか?

答えは「あなた」だ。

あなたが人によく思われたい」
と勝手に思っているのだ。

そこには他人の感情や
気持ちは一切含まれていない。

あなたが自意識で勝手に
他人を気にしすぎているだけなのだ。

そこにまずは気づこう。

そして今度はあなたが
他人の立場になって考えてみよう。

相手があなたに好かれようとして
色々とゴマをすったり
おべっかを使ってくるのをみて
あなたは相手を好きになるだろうか?

恐らくそんな感情は
殆どわかないだろう。

それはあなたが
「人に良く思われよう」
としてやっている事に
相手が抱く感情と一緒だ。

【例】飲み会の愚痴

私は以前は
「もし自分の愚痴を
言われたらどうしよう…」

と思って飲み会も無理に
参加していたこともあった。

でもある時に
「そこにいない人の事など
そもそも愚痴すら出てこない」

という事に気づいた。

むしろ飲み会に行ったほうが
色々と言われてストレスが
溜まるくらいだ。

その事に気づいてからは
気を使うような飲み会は
殆ど断っている。

これも
「他人はあなたを見ていない」
という一つの例になる。

あなたの時間を大切にしよう

「そんな事いわれても
人の目が気になってしようがない」


というあなたは
もう少し自分の時間に関して
考えてみてほしい。

今のあなたが一番若い。

あなたが過ごしている
今日は二度と戻ってこない。

そうやって大切な時間を
他人に好かれようと
気にしているのは勿体ないと
思わないだろうか?

私は
あなたの時間を1分でも
大切にして欲しいと思ってる。

そのためには
他人に「嫌われる勇気」
持つくらいに自分の事に
時間を割いてほしい。

他人という自意識に気づく

結局
「他人に良く思われたい」
という感情はあなたの
自意識でしかない。

その事に気づけたなら
少し気持ちが楽になるはずだ。

③自分を好きになる方法

自分を好きになろう

「自分が好きになれない」

そんなあなたに
「自分を好きになる方法」
を紹介したいと思う。

「嫌われる勇気」と「自分を好きになる勇気」

ここまでは
「他人の価値観で生きない」
「他人はそれほど見てない」

とあなたのに対しての事を書いてきた。

でもそれとあわせて
あなたのに対して目を向けることも
とても重要だ。

「嫌われる勇気」を持つだけではだめ。

「自分を好きになる勇気」もあわせて
手に入れる必要がある。

自己肯定感を高めていこう

私は
自分を好きになる方法
としてオススメしたい事がある。

それは
「自己肯定感を高める」
とことだ。

ここで詳しく説明すると
長くなってしまうので
自己肯定感の高め方は
以前の記事を参考にして欲しい。

※参考記事はこちら↓↓

あなたは必要な存在

「自分の存在価値などない」

そんな気持ちを抱える人も
多くいるかも知れない。

でもそれはまだ
あなたが必要な存在だと
思える場所に出会えてないだけ。

必ず人にはそれぞれ存在理由が
あると私は信じている。

それまではその事を信じて
行動し続けてほしい。

自分を好きになろう

「嫌われる勇気」
「自分を好きになる勇気」


これを2つ並行して
意識していけばきっと
今より楽に生きれるように
なるはずだ。

最後に

今回紹介した
①他人の価値観で生きない
②他人はあなたを見ていない
③自分を好きになる方法

という3つのポイントを
抑えればあなたの人生は楽になる。

今のあなたにはこの記事を読んで
「他人に嫌われるかも…」
と思ってしまうかもしれない。

でもそこは
「嫌われる勇気」
を持って今のあなたに
挑んでみて欲しいと願っている。