生活改善

【実証済み】「変えたい」と思っているアナタに伝えたい3つのこと

どうも、ぼんどです。

あなたはどんな時に
「変えたい」
と願った事があるだろうか?

「もっと痩せたい」
「もっと勉強出来るようになりたい」
「もっとコミュニケーションが
上手くなりたい」

色んな「変えたい」
と願いをもった事が
誰しもあるはずだ。

「自分を変えたい」
「変わるのが怖い」
「途中で挫折する」


こんな気持ち持っている
アナタの向けて今回は
「変えたいと思っている
アナタに伝えたい3つのこと」
を紹介していく。

ぼんど
ぼんど
ぼんどです。Twitterもやってますので是非フォローお願いします。

【実証済み】「変えたい」と思っているアナタに伝えたい3つのこと

「変えたい」と思っている
アナタに伝えたい3つのこと
は以下の通りだ。

①変えたいことを紙に書き出す
②とりあえず動き出してみる
変わった先にある姿を

 
最初に明確にする


では詳しく説明していく。

ぼんど
ぼんど
変わりたいと思ったら、すぐに紙に書き出す!描く!頭の中に留めておかないこと!

①変えたいことを紙に書き出す

変えたいことは紙に書き出そう

「自分を変えたい」

こんな人は
必ずやって欲しい事がある。

それは
「変えたいことを紙に書き出す」
ことだ。

頭の中から「変えたいこと」を吐き出す

なぜ
紙に書き出す必要があるか?

それは
頭の中の記憶は都合よく
書き換えられるからだ。

ただ
頭の中で考えただけで
終わったことは、
あとで忘れたり
記憶が曖昧になったりする。

それを防ぐためにも
「変えたい」
と思ったことは
必ず紙に書き出す事
重要だと私は考えている。

【例】私は紙に書いて5kg痩せた

私は過去に何度も
ダイエットに挑戦している。

その中で一番効果があったのは
「紙に目標を書くこと」
だった。

食生活や運動の見直しは
確かにダイエットでは
重要な項目だが、
目標を書いていないと
途中で甘えが出たり
目標を変えたりしてしまう。

そこで私は
「必ず5kg痩せる」
と紙に書いて
それを毎日見返した。

そうすると
途中で挫けそうになっても
その紙が目に入ることで
何度もモチベーションを
持ち直すことが出来た。

「変えたいこと」
を紙に書き出すことは
私も実証済みで効果は
本当に高いと感じている。

スマホのメモでもOK

「紙に書くのは面倒だ」

と、ここまで読んで
読んでいる人もいるのでは
ないだろうか?

結論は
紙が効果的であるが、
スマホなどのメモでもOKだ。

ただ
待ち受け画面を書き出した
目標にしておくなど
いつでも見れる状態に
しておいてほしい。


ふと目に入る状態にして
おくことでモチベーションの
キープに繋がり
「変えたいこと」
少しずつでも近づいていける。

書き出す効果を侮ってはいけない

以上
「紙に書き出すだけでいいの?」
と思う人もいるかも知れないが
本当に試してみてほしい。

紙に書き出すか否かで
現れる効果の違いは歴然と違う。

シンプルな方法で効果は絶大
…書き出さない理由はどこにも
ないと私は思う。

②とりあえず動き出してみる

考えながら動く

「変わるのが怖い」

そう躊躇って
結局なにも変わらなかった…

という経験は誰しもが
あるだろう。

ここの解決は
「考えならが動く」
これしかない。

動き出せばあとは進む

多少考える事も必要だが
特にリスクが無いので
あればとにかく
「動き出す」事を
常に意識してほしい。

最初の一歩が早いか遅いか?

それだけ差はおおきく開く。

もし一歩が踏み出せないなら
「半歩」で良いから
踏み出してみよう。

一度行動をすれば
後は進み出すようになる。

その先が成功・失敗
どちらであっても
「何もしなかった」
よりはマシだ。

行動できる人間になる方法は
以前に書いた記事もあわせて
参考にしてみてほしい。

変わりたいなら今日からやろう!

先ほどのダイエットの
話をまた出すが、
「明日からやろう」
では駄目だ。

思い立った今から
開始して欲しい。

ただ、
今から運動をしたり
食事を見直したり…
という訳ではない。

例えば
明日から始めるダイエットの
スケジュールを組む、
スケジュールを紙に書き出す、

そういう事は今から出来るだろう。

これだけでも
変われるか?変われないか?
その差は大きく開く。

失敗した時のリスクを考えよう

「失敗したらどうしよう」

と悩んでいる人は
失敗した時にどういう
リスクがあるかを
考えてみよう。

そのリスクが
自分にとって大きいリスクなのか?
それとも取るに足らないリスクなのか?

後者で動き出さない
理由がない。

前者は少し考えて良いと思うが
それでも自分が行動したいと
思ったら動き出してみよう。

考えている間にも
時間は待ってくれない。

たとえ失敗してもリスクではなく
それを「経験」と捉えるなら
ぜひすぐに動き出して欲しい。

考えながら動いてみよう

「変わるのが怖い」
という気持ちになるのは
考えながら動いた事が
ないからだと思っている。

一度でも
考えながら動いたことがある人は
怖さを知りながらも
それより大事なことを
知っている。

ぜひあなたも
そんな人の一人になれるよう
考えながら動くよう
意識していって欲しい。

③変わった先にある姿を最初に明確にする 

欲しいゴールを最初にしっかり作る

「途中で挫折する」

…というあなたには
一つ足りないものがある。

それは
「変わった事で得られる
ゴールを明確にしていない」

という事だ。

変わりたいと願うには
「変わった先にある姿を
最初に明確にする」

のが非常に大切だ。

変わっていく過程は「苦」もある

「変わった先にある姿を
最初に明確にする」


なぜ必要かは
変化するまでの過程にある。

変わろうとした場合、
変わった先のゴールまでの
道は決して楽なものではない。

むしろ今までは無いことを
取り入れていくので
「苦しい」ことが多い。

そんな苦しい過程は
目標が明確ではないと
挫折してしまう原因に
なってしまう。

だからこそ
「変わった先にある姿を
最初に明確にする」

ことで挫折しそうな時も
頑張れるようにしておくのが
とても大事になってくる。

【例】痩せた先にある姿

何度も例としてあげるが
もし5kg痩せるとしても、
最初にその先にある姿、
なりたい姿を明確しよう。

・スタイルの良い服をきたい
・恥ずかしがらずに
 海やプールに入りたい
・モテたい
・羨望の目で見られたい
・好きな人に告白したい

挙げたらキリがないが
より具体的に痩せた姿を
イメージしながら書いてく。

そして書き出したら
それを常に目に見える所に
置いておく。

そうすれば挫折することも
少なくなるだろう。

効果のほどは
ぜひあなた自身が
試して実感してみてほしい。

書いても挫折するなら更に具体的にする

「書いても挫折した事がある」

という人も中には
いるかもしれない。

そんな人は
変わった先の姿を
もっと具体的にする必要がある。

挫折するという事は
「描いた先の姿がどうしても欲しい」
と思えないからだ。


もっと自分が
どうしても欲しい、
どうしても手に入れたい、
と思えるくらいに
変わった先にある姿を
具体的に落とし込んでみてほしい。

明確なゴールがあれば人は頑張れる

人が挫折をしないのは
明確なゴールがあるときだ。

いつまで続くかわからない道を
歩み続けるのはどんな人でも辛い。

ぜひ今後は
変わりたいと思った時は
まずは変わった先の姿を
具体的にイメージすることから
始めてみてほしい。

最後に

世の中で成功した人たちは
みな才能があるように見えるし
簡単に成功したように見える。

でもそれは敢えて
苦労を人に見せていないだけだ。

人は変わろうとすれば
エネルギーをたくさん使って
苦労しながら変わっていくものだ。

本当に変わりたいのであれば
①変えたいことを紙に書き出す
②とりあえず動き出してみる

③変わった先にある姿を最初に明確にする
この3つを忘れないように
してほしい。

そうすればあなたも
きっと求めている姿に
なれるはずだ。